埼玉西武、外れ1位候補に花咲徳栄・若月健矢捕手をリストアップ、トラとライオンが狙う

大阪桐蔭, 森友哉, 若月健矢, 花咲徳栄

 埼玉西武のドラフト会議の情報が出てきた。外れ1位で花咲徳栄・若月健矢捕手をリストアップしているとスポーツ報知が報じた。

ドラフト1位は即戦力投手も

 スポーツ報知では埼玉西武がドラフト1位で、九州共立大・大瀬良大地投手、JR東日本・吉田一将投手など即戦力投手を軸に絞り込む方針としているようだとしている。しかしチームでは26歳の炭谷銀次朗捕手が正捕手としてマスクをかぶるが、トレードで武山捕手を獲得するなど捕手の層の薄さは課題の一つとされているようだ。

 さらに過去5年間で捕手の指名は3人だが、駒月仁人選手は外野手に転向しており、ドラフト会議での戦力補強は進んでおらず、FAで細川捕手が流出するなど、穴は益々大きくなっている。今年は大阪桐蔭・森友哉捕手を複数スカウトで視察に訪れるなど、春から積極的に追い続けている印象がある。

地元出身、スカウトが高評価

 若月健矢捕手は埼玉県加須市出身の地元選手で、高校1年生からマスクをかぶって注目されており、セカンドまでの送球は1.7秒台を記録する肩と、高校通算30本塁打を記録した長打力、また、春季関東大会で桐光学園・松井裕樹投手を攻略し、フェンス直撃の2ベースなど2安打を放つ打撃センスがある。18Uワールドカップでも代表入りし、森友哉捕手の控えではあるが数試合でマスクをかぶった。

 若月捕手には阪神もドラフト1位候補として評価しているほか、横浜DeNAなども昨年の秋季大会から注目しており、ドラフト上位指名は間違いないと見られる。埼玉西武はドラフト2位の指名順は9番目と、2位で指名できるかは微妙なところだ。

捕手の単独1位指名の可能性も

 そうなるとドラフト1位での指名の可能性も否定できなくなる。この記事でチームが捕手を必要としている事が分かったので、負い続けてきた森友哉捕手を単独1位指名、または即戦力投手を指名し抽選で外した場合の外れ1位で、森友哉捕手や若月健矢捕手を指名するかもしれないと予想できる。

 大瀬良大地投手、吉田一将投手、松井裕樹投手に指名が集まりそうな今年、しかし以外とこういう年は指名が分散して落ち着く事がある。ドラフト会議直前では同じホテルで12球団がスカウト会議を行う。スカウト同士のつながりはあるため、他球団の情報が入って気安くなるのだろうと推測する。

 今年はドラフト会議全体の候補者は少ないものの、捕手の候補は比較的多く良い捕手を獲得するチャンスだと思う。

 西武が24日のドラフト会議で、花咲徳栄(埼玉)の若月健矢捕手(18)を上位候補に挙げていることが20日、分かった。1位指名は九州共立大・大瀬良、JR東日本・吉田ら即戦力投手を軸に絞り込む方針で、若月は外れ1位か2位での獲得を狙う。

 現在、西武は26歳の炭谷が正捕手に君臨しているが、次世代のスタメンマスクを任せられる逸材が補強ポイントになってきた。そこでスカウト陣が将来性を高評価しているのが、地元・埼玉出身の強肩捕手・若月だった。

 若月は二塁への送球が、捕球してから1秒7と、鉄砲肩が魅力だ。中日・落合博満GMの現役時代の打撃フォームを動画サイトで研究。“神主打法”で逆方向にも強い打球を生みだし、高校通算30本塁打をマークした。

 8月下旬から台湾で行われた18Uワールドカップでも日本代表に選出され、7打数3安打(打率4割2分9厘)3打点を挙げるなど、大舞台での実績も申し分ない。チームは地域密着型の球団経営を進めており、埼玉が生んだ正捕手候補の獲得に向け、全力を注ぐ。


PAGE TOP