阪神が大阪桐蔭・森友哉捕手をドラフト会議の外れ1位候補に

大阪桐蔭, 森友哉

 阪神が大阪桐蔭の森友哉捕手を外れ1位の候補としてリストアップしていると、サンケイスポーツが報じている。

関係者が明かす

 阪神の関係者が森友哉捕手について「他球団の動きにもよるが、外れ1位以上の候補として考えている」と話し、また別の関係者も「即戦力にこだわりすぎて、素材のいい選手を逃してもいけない」と話したとの事だ。

 阪神は昨年ドラフト1位指名で獲得した大阪桐蔭・藤浪晋太郎投手を担当した畑山スカウトは、昨年に引き続き大阪桐蔭の試合に徹底的に足を運び、森友哉捕手を視察してきた。球団内で「打撃力は魅力だが、捕手としては、からだが小さい」と評価が分かれるが、素質の高さを報告し、ドラフトの外れ1位候補としてリストアップさせたのだろう。

 打撃については甲子園でレフト方向にもホームランを放つなど天才的なセンスを見せる。捕手としては、スローイング、キャッチングなどに課題を残すが、藤浪晋太郎投手の球をリードし補強し続けて甲子園春夏連覇、18Uでも大谷翔平投手、松井裕樹投手、安楽智大投手の各世代を代表する投手の球を受けており、特に安楽投手には絶大の信頼を寄せられている。森友哉捕手の存在が来年の安楽投手の心を動かすかもしれない。

あくまで投手が優先

 しかしチームとしてはドラフト1位はあくまで即戦力投手を優先としている。サンケイスポーツではドラフト1位指名候補として、JR東日本・吉田一将投手と九州共立大・大瀬良大地投手を挙げ、和田監督が大瀬良大地投手を希望し指名されるとしている。また、外れ1位でも日本生命・柿田裕太投手など即戦力投手が優先されると書いている。

 大瀬良大地投手には東京ヤクルトが指名の可能せいが高く、福岡ソフトバンクも地元選手として1位候補に挙げており指名重複が確実といえる。柿田裕太投手も高校3年目で若く、高い評価をされている投手だ。ドラフト2位では阪神は指名順が10番目で、森友哉捕手が残っている可能性は低いと見られる。阪神と森友哉捕手の縁がつながる可能性は低いものの、ドラフトでは何が起こるかわからない。

 昨年の甲子園で春夏連覇した大阪桐蔭コンビがタテジマでもバッテリーを組む可能性が出てきた。ドラフトを前に、森友の評価が球団内で急上昇していることが判明した。

 「他球団の動きにもよるが、外れ1位以上の候補として考えている」

 球団首脳が明言した。1年間のスカウト活動の集大成といえる『10・24』。阪神は1位候補を九共大・大瀬良、JR東日本・吉田一将投手(24)の即戦力投手にしぼり、最終的には和田監督らの意向を最優先させる形で大瀬良の指名が濃厚だ。

 一方で、これまで複数回行われた会議で、他球団の動向をすり合わせた結果、1位指名が投手に偏っていることもわかった。仮に抽選で外した場合、日本生命・柿田裕太投手(21)ら即戦力投手の指名が最優先になるが、今ドラフトでは捕手の補強も大きなテーマのひとつ。ある球団幹部は「即戦力にこだわりすぎて、素材のいい選手を逃してもいけない」という。

  さらに、他球団で森友の1位指名を公言している球団は現時点ではない。さまざまなシミュレーションを重ねる中で、森友獲得のチャンスが残されていることも判明。当初、森友の評価は「打撃力は魅力だが、捕手としては、からだが小さい」を理由に、球団内でも真っ二つに分かれていたが、現場などと意見交換した結果、外れ1位候補の方針を固めた。

 森友といえば、藤浪の1年後輩。1メートル70、80キロと小柄ながらパンチ力のある打撃で高校通算41発。高校2年だった昨年は、藤浪とバッテリーを組み、春夏連覇を達成した。今夏の甲子園は3回戦敗退もその後の国体などでも活躍した。

 球団関係者は「森君が入団すれば」と前置きした上で「まずは捕手としてやらせる。どうしても捕手として厳しいのであれば野手に転向させればいい」と強調する。別の関係者も「地元の選手ですし、藤浪とバッテリーを組めば夢が広がる。プロ野球は人気商売という面もある。ファンは喜ぶ」と話した。


PAGE TOP