埼玉西武ライオンズのドラフト指名予想

 

スポンサーリンク

埼玉 西武ライオンズ/ドラフト最新記事

青学大・西川史礁選手が3安打2打点、西武4人・巨人3人スカウトが視察
西武、今秋は野手ドラフト有力で外野手指名か
西武はポスティングラッシュに向けてドラフト会議で投手を強化、強さを維持するために投手中心のチームづくりを進める
大商大が始動、渡部聖弥選手に阪神・ヤクルト・ロッテ・西武の4球団が視察、ロッテ「上位に食い込んでくる」
明治大・宗山塁選手が始動、パ・リーグ6球団と巨人のスカウト10人が視察、日本ハムスカウト部長「1位じゃないと」
西武がスカウト増員、中国地区担当に上本達之氏が就任
【2023新入団選手発表】埼玉西武の新入団選手の推定年俸・背番号と活躍予想
西武がドラフト2位の上田大河投手と仮契約、背番号11
西武ドラフト5位・宮澤太成投手が契約金3000万円、年俸900万円で仮契約
ENEOS・度会隆輝選手がマルチ安打にDeNAスカウト「能力が高い」、西武7位・糸川投手も好投

以前のニュースはこちら

補強ポイント分析

チーム構成(年齢・ポジション別):2024年

:ルーキー、:退団、:加入
太字:1軍クラス(投手50イニングまたは40試合以上、野手50試合以上)

 

世代表・将来のチームから

【投手●】右投手の各世代にエース級がおり、若い世代にも力があり実績も残し始めている投手がそろう。左も隅田投手、佐藤投手が力を見せている。ただし左は頭数が少ない。

【捕手▲】森選手が抜け、一気に24歳の古賀選手まで若返った。古賀選手をサポートする同じ世代の捕手、そしてファームの育成捕手の層が少なくなったため指名がありそう。

【内野手▲】二遊間は外崎選手・源田選手がベテランになりつつあるが、児玉選手、滝澤選手などがそのポジションをうかがいそう。逆に山川選手が謹慎となりチームから離れる可能性もあるため、一塁三塁の強打タイプが足りなくなった。

【外野手▲】補強ポイントだった外野手にドラフト1位で蛭間選手が入ったが、足の速い選手が揃うものの、外野手が全体的に他球団よりも打撃成績が良くない。打撃を期待できる選手が欲しい。

2023年の戦力と5年後のチーム予想

※成績は9月23日時点

投手
 2023年5年後予想
先発高橋光成(27) 10勝8敗、防御率2.21
平良海馬(23) 10勝7敗、防御率2.30
今井達也(24) 10勝4敗、防御率2.36
隅田知一郎(24)9勝8敗、防御率3.31
松本 航(26)   5勝8敗、防御率3.77
與座海人(26)   2勝6敗、防御率3.69
高橋光成(32)
松本 航(31)
今井達也(29)
平良海馬(28)
與座海人(31)
隅田知一郎(29)
渡邉勇太朗(28)
佐藤隼輔 (29)
青山美夏人(28)
中継ぎ平井克典(31) 50試合3勝3敗26H
青山美夏人(23)37試合0勝1敗1H
佐藤隼輔 (24) 43試合1勝2敗16H
本田圭佑(29) 24試合0勝1敗2H
森脇亮介(30) 31試合2勝1敗12H3S
佐々木健(25) 21試合0勝1敗4H
豆田泰志(21) 13試合0勝0敗4H
水上由伸(30)
本田圭佑(34)
森脇亮介(35)
佐々木健(30)
増田達至(39)
平井克典(36)
豆田泰志(26)
抑え増田達至(34) 40試合4勝4敗6H19S 
2軍宮川 哲(29) 20試合103.0回
浜屋将太(25) 16試合  92.0回
渡邉勇太朗(23)14試合76.0回
菅井信也(20) 14試合  62.1回
黒田将矢(20) 12試合50.2回
粟津凱士(26) 28試合49.1回
田村伊知郎(29)33試合35.2回
野手
守備2023年5年後予想
捕手古賀悠斗(24) 93試合、打率.214、  2本
柘植世那(25) 42試合、打率.173、  1本
古賀悠斗(29)
一塁手渡部健人(25) 50試合、打率.228、  6本
D中村剛也(40)   82試合、打率.268、17本
渡部健人(30)
二塁手外崎修汰(31)128試合、打率.257、12本外崎修汰(36) 
三塁手佐藤龍世(26)  81試合、打率.281、  2本山村崇嘉(26) 
遊撃手源田壮亮(30)   90試合、打率.253、  0本源田壮亮(35)
外野手大瀧愛斗(24)   70試合、打率.220、 4本
鈴木将平(25)   66試合、打率.244、 4本
蛭間拓哉(23)   54試合、打率.242、 2本
長谷川信哉(21)56試合、打率.222、4本
栗山 巧(40)   71試合、打率.215、7本
蛭間拓哉(28)
鈴木将平(30)
若林楽人(30) 
2軍・捕手古市 尊(21) 40試合、打率.319、0本【予想打順】
1蛭間
2外崎
3源田
4渡部
5山村
6若林
7外国人
8古賀
9鈴木
2軍・内野手山村崇嘉(21)  78試合、打率.266、7本
滝澤夏央(20)  75試合、打率.230、1本
呉 念庭(31)  50試合、打率.341、2本
児玉亮涼(23)  43試合、打率.276、1本
山野辺翔(25)  47試合、打率.282、7本
2軍・外野手高木 渉(26)  81試合、打率.252、6本
西川愛也(23)  61試合、打率.232、0本
岸潤一郎(26)  39試合、打率.241、6本
若林楽人(25)  36試合、打率.206、3本

今年の戦力の分析と補強ポイントまとめ

2023年戦力から

【先発◎】20代でリーグを代表するような投手が並び、10勝投手が3人もいる。また、リリーフの青山投手や佐藤投手も先発で投げられるタイプで、かなり充実している。

【リリーフ▲】平良投手が先発に回ったことで、平井投手、増田投手のベテランを軸に青山投手、佐藤投手が役割を担ったが、青山投手、佐藤投手は先発転向も考えたい所で、1,2枚は補強が必要。

【捕手▲】森選手が移籍したが、古賀選手が正捕手として力を見せた。ただし、古賀選手が抜けると苦しい教場となるため、古賀選手と同じ世代で争える選手が欲しい。

【内野手▲】外崎選手、源田選手がベテランとなるが、滝澤選手や山村選手、児玉選手と後継者がいる。一方で一塁、三塁はもう少し成績も欲しい所で、打撃成績が全体的に良くない。攻撃型の内野手を獲得してゆきたい。

【外野手▲】愛斗選手、鈴木選手、蛭間選手、長谷川選手などを起用するも、レギュラーで固定できるような決め手がまだない。若林選手などもいるが、特にホームランを打てる外野手を獲得してゆきたい。

 

戦力外・引退

 

チームビジョン

フロント・監督のビジョン

松井監督の1年目は投手陣は素晴らしい成績を残しており、なぜ5位なんだと突っ込みたくなる成績となっている。投手陣を中心とした守りのチームにも見えるが、山川選手の離脱など攻撃の起点がいなかったとも言え、攻撃が中心の野球となっている現在において、山賊打線復活のための取り組みが必要となる。

チームはフロントの渡辺GMや潮崎氏が進めており、監督が交代しても方針は変わらない。投手の強化を進めており、GMも投手王国になると予言していた通り、先発を中心に素晴らしい投手陣となっている。逆に野手はいろんなこともあり、攻撃が手薄となって怖くないチームになってしまった。

投手出身の二人がどのような編成をしていくのか、注目される。

格補強ポイントからのまとめ

◎補強が必須、◯補強ポイント、△優先度低い、×補強に必要無し

 投手捕手内野手外野手
2023年戦力から
将来のチームから
戦力外・引退から
チーム・監督の方針から
実際の指名結果       

スカウティング情報

西武ライオンズスカウト情報

役職名前経歴担当地区 
GM渡辺久信前橋工統括 
編成Gディレクター潮崎哲也鳴門高-松下電器統括 
編成グループ
育成アマチュア担当チーフ
前田俊郎所沢商-新日鐵君津統括 
編成G育成アマチュア担当チーフ補佐渡辺智男伊野商-NTT四国四国 
編成G育成アマチュア担当後藤光貴鯖江-新日鉄堺-大和銀行関西・中国 
編成G育成アマチュア担当竹下潤静岡市立商-駒沢大関東 
編成G育成アマチュア担当水沢英樹秋田経法大付北海道、東北 
編成G育成アマチュア担当鈴木敬洋九産大附九州-日本ウェルネス
-TDK千曲川-BC・石川
独立リーグ・信越 
編成G育成アマチュア担当十亀剣愛工大名電‐日本大‐JR東日本関東 
編成G育成アマチュア担当安達俊也愛工大名電東海・北陸 
編成G育成アマチュア担当岳野竜也九産大九産‐福岡大九州 

スカウト会議情報

回数日付スカウト会議内容
   
   
   

スカウティング情報

視察選手

※数字は優先順予想

守備1位指名
太字は入札候補
上位指名視察・リストアップ
右投手常広羽也斗・青学大西舘勇陽・中央大
西舘昂汰・専修大
冨士隼斗・平成国際大
今野一成・古川学園
木村優人・霞ケ浦
早坂響・幕張総合
平野大地・専大松戸
埋橋周平・伊那北
大内誠弥・日本ウェルネス宮城
日當直喜・東海大菅生
村田賢一・明治大
草加勝・亜細亜大
真野凜風・同志社大
谷脇弘起・立命館大
左投手武内夏暉・国学院大細野晴希・東洋大
古謝樹・桐蔭横浜大
前田悠伍・大阪桐蔭
捕手 進藤勇也・上武大堀柊那・報徳学園
内野手佐々木麟太郎・花巻東横山聖哉・上田西
真鍋慧・広陵
百崎蒼生・東海大熊本星翔
村田怜音・皇学館大
外野手  桃谷惟吹・立命館大

スカウトコメント

注目度選手スカウトコメント
S常広羽也斗・青学大潮崎編成グループディレクター:「真っすぐとフォークで危なくなったら三振が取れる。見た目も良いし、結果も良い。1位じゃないと取れないピッチャー」9/27
渡辺GM:「将来性もあるし球も強い。上の方で指名される選手なんじゃないかな。これから夏、秋にかけてどう成長していくかを見たい。追いかけて見ていきたい投手」6/8
S佐々木麟太郎・花巻東渡辺GM:「遠くに飛ばす力、スケールの大きさは人にないものを持っている。追いかける選手であることは確か。」8/8
渡辺GM:「魅力的な選手であることは確か。あそこまで飛ばす選手はなかなかいない。打球が上がるスイングをしているし、あれだけバットを振っていけるのは魅力」7/13
渡辺GM:「球が上がれば入っちゃう」2022夏
A細野晴希・東洋大潮崎編成グループディレクター:「あのくらいのピッチャーだったら評価が上がったり下がったりすることはない」9/18
潮崎編成ディレクター:「能力的には上位クラス。スライダーも切れ味が鋭い」5/9
渡辺GM:「去年は見ていなくて今年初めて見ます。左投手は貴重な存在。スライダーが凄くいいですね」4/29
A進藤勇也・上武大潮崎編成ディレクター:「守れて打てて悪い所がない。きょうも打撃でうまさを見せた」9/15
A西舘昂汰・専修大潮崎編成グループディレクター:「エンジンが大きいから伸びしろも感じる。魅力的なピッチャーです」9/5
A横山聖哉・上田西渡辺GMは「走攻守で、内野手何人かいる中でもポテンシャルは1番くらいの感じに見える」8/12
A古謝樹・桐蔭横浜大渡辺GM;「いろんなスキルを持っていて、総合力が高い投手。ピッチングができるのがいいね。当然、上位に入ってくる」10/7
渡辺GM:「総合力が高い。強い球を投げるし、コントロールもまとまっている。いろんな球種を使って勝負ができている。安定感のあるいい投手」6/6
A武内夏暉・国学院大潮崎編成グループディレクター:「コントロールが良く、バランスも良く投げている。変化球もストライクがとれるし、押したり引いたりできる。真っすぐもスピードガン以上に速く見える。最近、なかなかこういうタイプがいない」5/2
A冨士隼斗・平成国際大潮崎編成グループディレクター:「開幕戦ということで気負いすぎ。四球が増えたりフォークを拾われたりした。真っすぐも150キロ出ていたし、フォークも力強さがある。メカニックがしっかりしている投手として魅力がある。もっと伸びる素材でイメージ的に千賀のようになるかも」5/7
A真鍋慧・広陵渡辺GM:「スケールが大きい。あれだけの体で遠くに飛ばせる力がある。うまく拾ったヒットもあった」3/20
B百崎蒼生・東海大熊本星翔渡辺GM:「パワーがあり、広角に打てる選手。走攻守がそろっていてバランスがよく、穴がない。」8/10
B村田賢一・明治大潮崎編成グループディレクター:「コントロールのよさが光っていた。自分で考えて投げられている」9/25
B今野一成・古川学園渡辺GM:「馬力もあり投げっぷりもいい」8/7
B木村優人・霞ケ浦渡辺GM:「疲れとかがあったのかも。でも全体的に投手としてのスキルは高い」4人態勢7/26
渡辺GM:「完璧にチームの中心選手」7/20
B堀柊那・報徳学園渡辺GM:「走攻守、バランスがよく肩も強い」7/19
B早坂響・幕張総合前田チーフスカウト:「早坂君はボールが強いのが魅力。」7/19
B平野大地・専大松戸前田チーフスカウト:「平野君はバランス良くピッチングもうまく投げられるタイプ」7/19
潮崎編成グループディレクター:「総合力の高いピッチャー。これからも追いかけていく選手。」3/22
B草加勝・亜細亜大潮崎編成グループディレクター:「上半身のブレが少なく、コントロールがいい。変化球の使い方がうまい。試合を作れる投手」5/11
B前田悠伍・大阪桐蔭・渡辺GM:「ボールのキレで勝負するタイプ。追いかけていくことになる」3/20
C大内誠弥・日本ウェルネス宮城渡辺GM:「体はまだ細くこれからが楽しみ。変化球もいい」7/14

埼玉西武ライオンズのドラフト指名予想

 1位2位3位
パターン1武内夏暉・国学院大
常広羽也斗・青学大
西舘勇陽・中央大
西舘昂汰・専修大
真鍋慧・広陵
進藤勇也・上武大
広瀬隆太・慶応大
上田希由翔・明治大
草加勝・亜細亜大
野村工・鷺宮製作所
井上絢登・四国IL徳島
百崎蒼生・東海大熊本星翔
山田脩也・仙台育英
パターン2度会隆輝・ENEOS
真鍋慧・広陵
西舘昂汰・専修大
草加勝・亜細亜大
百崎蒼生・東海大熊本星翔
山田脩也・仙台育英
村田怜音・皇学館大
明瀬諒介・鹿児島城西
佐倉侠史朗・九州国際大付
仲田侑仁・沖縄尚学

パターン1:投手優先型

10勝投手が3人いてどうして5位なのかわからないが、とにかく今年は攻撃陣が良くなかった。それでも昨年は1位から3位まで野手を指名したこともあり、また候補の状況からも1位は投手とした場合のパターン。左の隅田投手が伸びたことや、高橋投手がメジャー移籍の想いがあることなどからも、左右どっちということはない。

左ならば武内投手、右ならば常広投手が評価的に有力と思うが、実力に差がないと判断すれば、古賀選手繋がりで西舘勇選手の単独1位指名を狙うことも考えられる。抽選になって外した場合は、西武より先に指名する3球団の状況を見て、大学生投手が2位で取れそうならば広陵の真鍋選手を1位指名に持ってくるかもしれない。

1位が大学生投手の場合は2位で進藤捕手を指名する。古賀選手が安定してきたものの、捕手の層を厚くして固めたい。または、外崎選手にチャレンジできる上田選手、またはパ・リーグ向きのスラッガー・広選手などで打線にテコ入れもありそうだ。

3位では補強ポイントの外野手の候補で、野村選手や井上選手を指名。または将来のショートの候補として百崎選手、山田選手を指名する。

パターン2:野手優先継続型

昨年に上位3人を野手の指名をしているが、今年もそれを継続するパターン。

1位では補強ポイントの外野手に度会選手を指名するか、将来のスラッガー候補として真鍋選手の指名をする。

2位は大学生投手を指名、西舘昂投手、草加投手が残っていれば指名する。

3位は将来の遊撃手候補の百崎選手、山田選手、または強打の内野手として村田選手、明瀬選手、佐倉選手、仲田選手などを指名する。

2023年、埼玉西武ライオンズドラフト会議指名選手

順位名前・チームスカウトコメント
1武内夏暉
 国学院大
コントロールが良く、完成度の高い、器用でクレバーな投手です。
2上田大河
大阪商業大
体の強さを感じる、能力の高いタフな即戦力投手です。
3杉山遙希
横浜高
ストレートのキレがあり、変化球の精度も高い本格派左腕です。
4成田晴風
弘前工
力で押して馬力のある変化球も多彩に投げられる投手です。
5宮澤太成
四国IL徳島
特徴のある2種類のフォークと力強いストレートが魅力の投手です。
6村田怜音
皇学館大
荒削りですが、パワーのある打撃が魅力の選手です。将来の4番打者として期待できます。
7糸川亮太
ENEOS
シンカーが魅力の投手です。中継ぎの即戦力として期待しています。
育1シンクレアジョセフ 孝ノ助
投 四国IL徳島
埼玉県吉川市出身のカナダと日本のハーフです。身長を生かした角度のあるストレートとスライダーが特徴の投手です。
育2谷口朝陽 内
四国IL徳島
身体能力が高く、伸びしろが満載です。野手として期待しています。
育3川下将勲
函館大有斗
バランスの良いフォームで、長身から角度のあるストレートを投げる投手です。
育4金子功児
BC埼玉
走攻守のバランスが良く、全てにおいてセンスのある選手です。
育5木瀬翔太
北嵯峨高
バランスの良い体格で、腕の振りが良く、投手としての潜在能力を秘めた、将来性が豊かな投手です。
育6奥村光一
BC群馬
全体的に身体能力が高く、スピードとパワーを兼ね備えた選手です。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント

  1. 埼玉西武ライオンズの日本ーになって下さいドラフト2022
    新しくなって下さいお願いします新型コロナなってから宜しくお願いしますリーグしてあります頑張ってください

  2. 西武が昨年、今年とパリーグ連覇できたのは、強力打線の強力援護のおかげだ、不安のあるリリーフ陣を自慢の強力打線がカバーしたと言っても過言ではない!それが無かったと思うと、リーグ連覇どころか、Bクラスに沈んでいると思うよ! 投手の層を厚くするために、事のドラフト、高校生から社会人までの投手を大量指名して、競争を高めるべきだ、もちろん、野手も2~3名くらい指名しておきたいよ!

  3. 1.ピッチャーのナンバーワイからナンバー3までの確立のやり直し。
    2.ショートの予備。
    3.実力者で気分盛り上げ役の育成。
    4.メヒアの時代は終わり、そのお金を他に活用した方がよい。
    他は言うことなし!。打力は抜群。

  4. 明日のドラフト期待!単独で良い選手が取れたらいい!

  5. 西武ライオンズ世代表:2012年の表で
    <退団>
    中継ぎ:岡本、正津、土肥
    先発:帆足
    抑え:小野寺
    内野手:黒瀬
    外野手:後藤
    <復帰?!>
    内野手:中島
    です。

    右の野手が少ないですね・・・。