埼玉西武ライオンズのドラフト会議ページ

 

スポンサーリンク

埼玉 西武ライオンズ/ドラフト最新記事

西武ドラフト4位・八王子の羽田慎之介投手に指名あいさつ、ライオンズジュニア初のプロ野球選手に
花巻東・佐々木麟太郎選手が1年で47本塁打、逆方向に一発
西武がドラフト2位の筑波大・佐藤隼輔投手に指名あいさつ、「1位で佐藤くんにいこうか最後まで迷った」
西武がドラフト3位の中大・古賀悠斗捕手に指名あいさつ、「西武一筋で頑張りたい」
西武ドラフト6位、白鴎大の中山誠吾選手に指名あいさつ、190cm大型遊撃手に夢膨らむ
西武ドラフト5位指名の188cm149キロ右腕・黒田将矢投手に「トップクラスの評価」
西武の渡辺GMがドラフト1位指名・隅田知一郎投手に指名あいさつ、「今年はこの子という感じだった」
【文句なし抽選勝利の1位指名】左腕投手不足を一気に解消、ポスト森にも備える
157キロ右腕・関西国際大の翁田大勢投手、西武・渡辺GMは「球団によって評価が分かれる」
西武が隅田知一郎投手の1位指名を公表、編成会議でスカウト満場一致

以前のニュースはこちら

補強ポイント分析

チーム構成(年齢・ポジション別):2021年

:ルーキー、:退団、:加入

2021年の戦力と5年後のチーム予想

※成績は10月8日終了時

投手
 2020年5年後予想
先発高橋光成(24) 11勝7敗、防御率3.42
松本 航(24) 8勝8敗、防御率3.79
今井達也(22) 7勝7敗、防御率3.69
平井克典(29) 4勝4敗、防御率4.22
渡邉勇太朗(21)3勝4敗、防御率3.86
浜屋将太(21) 1勝5敗、防御率7.57
本田圭佑(27) 0勝3敗、防御率4.21
高橋光成(29)
松本 航(29)
今井達也(27)
渡邉勇太朗(26)
中継ぎ十亀 剣(34) 38試合1勝1敗7H
森脇亮介(28) 40試合3勝0敗11H
武隈祥太(32) 40試合0勝1敗7H
與座海人(25) 13試合1勝1敗1H
宮川 哲(24) 29試合1勝2敗6H
宮川 哲(29)
與座海人(29)
森脇亮介(33)
松岡洸希(25)
抑え平良海馬(21) 58試合2勝3敗21H19S
増田達至(32) 31試合0勝3敗9H8S
平良海馬(26)
2軍
(3年目まで)
上間永遠(21)  14試合74.0回
井上広輝(20)  30試合47.2回
大曲 錬(23)  36試合44.2回
佐々木健(25)   9試合31.0回
野手
守備2020年5年後予想
捕手森 友哉(25)116試合、打率.309、11本
柘植世那(23) 28試合、打率.229、  1本
柘植世那(28)
一塁手山川穂高(29) 97試合、打率.216、20本ブランドン(28)
二塁手呉 念庭(28)119試合、打率.252、10本
外崎修汰(28) 60試合、打率.237、  5本
呉 念庭(33)
外崎修汰(33) 
三塁手中村剛也(37) 115試合、打率.282、15本
山田遥楓(24)   87試合、打率.201、  0本
渡部健人(28) 
遊撃手源田壮亮(28)110試合、打率.266、  2本源田壮亮(33)
外野手栗山 巧(37) 107試合、打率.252、 4本
大瀧愛斗(23)   97試合、打率.219、 8本
岸潤一郎(23)   89試合、打率.221、 9本
金子侑司(30)   90試合、打率.199、 0本
若林楽人(23)   44試合、打率.278、 2本
川越誠司(27)   50試合、打率252、  5本
若林楽人(23) 
金子侑司(35)
高木 渉(29)
2軍・捕手齊藤誠人(25) 42試合、打率.160、  1本【予想打順】
1若林
2源田
3外崎
4渡部
5ブランドン
6呉
7高木
8柘植
9金子
2軍・内野手渡部健人(23)  90試合、打率.228、19本
山村崇嘉(19)  85試合、打率.217、  6本
ブランドン(23)66試合、打率.273、10本
川野涼多(20) 72試合、打率.216、  3本
中熊大智(24) 83試合、打率.265、  0本
綱島龍生(20) 62試合、打率.256、  3本
2軍・外野手高木 渉(24) 70試合、打率.252、12本
仲三河優太(19)77試合、打率.210、1本
鈴木将平(23) 54試合、打率.333、  1本
長谷川信哉(19)72試合、打率.229、1本
西川愛也(21) 32試合、打率.277、  1本

今年の戦力の分析と補強ポイントまとめ

2021年戦力から

【先発▲】高橋、松本、今井の右3枚は実績もついてきた。渡邉投手が成長したのが多いが、左で勝てる投手がいない。

【リリーフ▲】平良投手がリリーフで安定、中継ぎはベテラン投手が担ったものの、宮川投手など力のある投手がいる。ただし、まだ層が薄い。

【捕手○】森選手がリーグトップクラスの打撃を誇る。バックアップも柘植選手は打撃に課題がある。

【内野手▼】山川、外崎、中村、源田の内野手も少し爆発力がなくなってきた印象がある。ブランドン選手、渡部選手などが出てきており、二遊間で競争できる選手を置きたい

【外野手▼】若林選手が序盤に期待できる活躍見せた。反面、金子選手の成績が沈み、愛斗選手、岸選手、川越選手などは物足りない。


将来の戦力の分析からの補強ポイントまとめ

 

世代表・将来のチームから

【投手×】若くて期待できる投手の数が少ない。

【捕手×】若くて期待できる選手の数が少ない。

【内野手○】渡部選手、ブランドン選手で右の強打者タイプはOK。山村選手、綱島選手などがいるが、左の内野手は欲しい所。

【外野手○】西川、高木、鈴木選手などに、長谷川選手、仲三河選手など下が入り、突き上げとなる。23歳の世代に大学卒の選手をぶつけたい。

戦力外・引退

 松坂投手が引退を表明。多和田投手、大窪投手に戦力外が通告された。

チームビジョン

フロント・監督のビジョン

〇監督:内野手出身
 辻監督はレギュラーの固定メンバー化を図り、強力内野陣を作り上げてきたが、各選手が少しずつ成績を落とし、山賊打線もやや寂しくなった。戦略的には悪くなかったが、控えの層がやや薄くなっていた。

 投手力不足の声が聞かれるが、渡辺GMは数年後に投手王国になるとこれまでの補強に自信を持っているようで、昨年は渡部選手を思い切って1位指名し、次の内野、外野の選手を獲得し始めた。

 チームは今後、森選手、山川選手、源田選手、外崎選手などがFA権を取得するが、西武は選手が出ていくケースが多いため、これらに代わる選手の獲得が急務となる。今後は森選手の後継者、源田選手の後継者の獲得をしていかなければならない。

 投手も右のローテーションとリリーフの平良投手は力があるが、先発左腕とリリーフ陣に課題がある。両方を並行して進めていく必要がある。

 監督交代の可能性があり、次の監督がどのような方針を示すのかが注目されるが、就任1年目はチーム作りの年と考えると、即戦力よりも次の世代のチーム作りを進めるかもしれない。

格補強ポイントからのまとめ

 投手捕手内野手外野手
2021年戦力から
将来のチームから
戦力外・引退から
チーム・監督の方針から
実際の指名結果142 2 1

スカウティング情報

視察選手

※数字は優先順予想

守備1位指名
太字は入札候補
上位指名視察・リストアップ
右投手風間球打・明桜高
小園健太・市和歌山
廣畑敦也・三菱自倉敷
達孝太・天理高
畔柳亨丞・中京大中京
黒田将矢・八戸工大一
竹山日向・享栄
赤星優志・日本大
松井友飛・金沢学院大
翁田大勢・関西国際大
飯田琉斗・横浜商大
左投手佐藤隼輔・筑波大
隅田知一郎・西日本工大
山田龍聖・JR東日本
黒原拓未・関西学院大
鈴木勇斗・創価大
木村大成・北海高
 
捕手 松川虎生・市和歌山高木翔斗・県岐阜商
安田悠馬・愛知大
内野手   
外野手 阪口楽・岐阜第一
鵜飼航丞・駒澤大
ブライト健太・上武大
吉野創士・昌平

スカウトコメント

 選手名評価

西武ライオンズスカウト情報

役職名前経歴担当地区 
GM渡辺久信前橋工統括 
編成Gディレクター潮崎哲也鳴門高-松下電器統括 
編成G
育成アマチュア担当チーフ
前田俊郎所沢商-新日鐵君津統括 
編成G育成アマチュア担当チーフ補佐渡辺智男伊野商-NTT四国四国 
編成G育成アマチュア担当後藤光貴鯖江-新日鉄堺-大和銀行関西・中国 
編成G育成アマチュア担当竹下潤静岡市立商-駒沢大関東 
編成G育成アマチュア担当水沢英樹秋田経法大付北海道、東北 
編成G育成アマチュア担当鈴木敬洋九産大附九州-日本ウェルネス
-TDK千曲川-BC・石川
独立リーグ・信越 
編成G育成アマチュア担当大島裕行埼玉栄高関東 
編成G育成アマチュア担当安達俊也愛工大名電東海・北陸 
編成G育成アマチュア担当高山久九州学院九州 

ドラフト指名予想

 1位2位3位
パターン1隅田知一郎・西日本工大古賀悠斗・中央大阪口楽・岐阜第一
田村俊介・愛工大名電
パターン2風間球打・明桜高鈴木勇斗・創価大
山田龍聖・JR東日本
木村大成・北海高
松川虎生・市和歌山
パターン3安田悠馬・愛知大田村俊介・愛工大名電山田龍聖・JR東日本
黒田将矢・八戸工大一

パターン1:補強ポイント優先型

狙い:1位で左腕投手を指名、隅田投手を筆頭に佐藤投手、黒原投手など1位でとにかく左腕投手を獲得する。2位では捕手の指名、送球に安定している古賀選手を指名する。3位では左打ちの外野手として、阪口選手、田村選手を指名する。

課題:特になし。

パターン2:高校生優先型

狙い:右投手はいるものの、2位までに左腕投手が残ると予測し、1位では次世代のエースの獲得を狙って風間投手などを指名する。2位では残っている中から左腕投手を指名、3位では次世代の捕手として打撃のある松川選手を指名する。

課題:来年の戦力にはややなりにくい。

パターン3:昨年型

狙い:昨年は渡部選手を1位指名したが、今年も強打の捕手・安田選手を高く評価し1位指名する。2位ではパターン2の左腕投手の指名となるのが現実的だが、ここでも野手の強化として左の外野手・田村選手を指名。左投手としての可能性も探る。3位では左腕投手が残っていれば指名もあるが、なければ高く評価している黒田投手を指名する。

課題:投手の補強はあまり行えず、現有戦力での底上げが来年の成績となる。ただし、監督交代の可能性があり、将来を見据えたチーム作りをする監督であれば、可能性はある。

2021年、埼玉西武ライオンズドラフト会議指名選手

順位名前・チームスカウトコメント
1隅田知一郎
投 西日本工大
真っすぐはもちろん様々な球種があることがセールスポイント。先発のローテーションを担えるピッチャー。
2佐藤隼輔
投 筑波大
本格左腕。将来、先発ローテーションを担う選手になってもらいたい。
3古賀悠斗
捕 中央大
打撃もパンチ力のある強肩捕手。将来レギュラー捕手になってほしい。
4羽田慎之介
投 八王子
ライオンズジュニア出身の素材感あふれる大型左腕。可能性を秘めた、伸びしろのある選手。
5黒田将矢
投 八戸工大一
長身から投げ下ろす、角度のあるストレートとフォークが武器。ここぞという時にしっかり三振の取れる投手になって欲しい。
6中山誠吾
内 白鴎大
スケールの大きい大型内野手。アグレッシブなプレーが魅力。
育1古市尊
捕 四国IL徳島
抜群の肩と若さ溢れるプレーが魅力。努力して、まずは捕手としてレベルアップして欲しい。
育2滝澤夏央
内 関根学園
センス抜群で、全てにおいてスピード感があり、野生感あふれるプレーが魅力。守備のスペシャリストになってほしい。令和の牛若丸。
育3菅井信也
投 山本学園
左の本格派。スライダーで三振が取れるところが魅力。まずはしっかり体作りをして、将来は先発を目指して頑張ってほしい。
育4川村啓真
外 国学院大
三拍子バランスのとれたパワーヒッター。打撃をアピールして支配下登録を目指して這い上がってほしい。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント

  1. 西武が昨年、今年とパリーグ連覇できたのは、強力打線の強力援護のおかげだ、不安のあるリリーフ陣を自慢の強力打線がカバーしたと言っても過言ではない!それが無かったと思うと、リーグ連覇どころか、Bクラスに沈んでいると思うよ! 投手の層を厚くするために、事のドラフト、高校生から社会人までの投手を大量指名して、競争を高めるべきだ、もちろん、野手も2~3名くらい指名しておきたいよ!

  2. 1.ピッチャーのナンバーワイからナンバー3までの確立のやり直し。
    2.ショートの予備。
    3.実力者で気分盛り上げ役の育成。
    4.メヒアの時代は終わり、そのお金を他に活用した方がよい。
    他は言うことなし!。打力は抜群。

  3. 明日のドラフト期待!単独で良い選手が取れたらいい!

  4. 西武ライオンズ世代表:2012年の表で
    <退団>
    中継ぎ:岡本、正津、土肥
    先発:帆足
    抑え:小野寺
    内野手:黒瀬
    外野手:後藤
    <復帰?!>
    内野手:中島
    です。

    右の野手が少ないですね・・・。