早稲田実・清宮福太郎選手が2安打1打点も敗戦、「一番ショック」

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

春季高校野球東京大会の1回戦で、早稲田実は国学院久我山に敗れた。清宮福太郎選手は2安打1打点を記録した。

スポンサーリンク

リベンジならず

早稲田実は2019年夏の西東京大会準々決勝で、国学院久我山にサヨナラ満塁ホームランを浴びて甲子園出場を絶たれていた。

この日はその日以来となる再戦だったが、1-4で再び敗れた。手法の清宮福太郎選手が4番レフトで出場し、8回にノーアウト1塁から、右中間にタイムリー2ベースヒットを打つなど、2安打1打点を記録したが、国学院久我山の右腕・高橋風太投手の130キロ後半の高めの球を見極めできず、9つの三振を喫し8回1失点に抑えられた。

清宮選手は「自分たちが、ここまで弱いとは思っていませんでした。負けるとは思っていなかった。一番ショックを受けているのは自分たちです。自分たちが東京で、どのぐらいの位置にいるのか、練習試合では分かっていなかったことが分かりました。ちょっと、おごっていました。これが夏でなかったのが一番の救いです」と、長い反省のコメントをしている。

夏までにチームの立て直しができるか、そして清宮選手のさらなる活躍を期待したい。

2021年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-高校生-東京都のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

「4番左翼」の清宮福太郎主将(3年)は2安打1打点。4点を追う8回には、無死一塁から右中間へ適時二塁打を放ち、チーム唯一の得点を挙げた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント