関西大3年・鷲尾昂哉投手が147キロ2安打完封勝利

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

関西大の3年生・鷲尾昂哉投手が、同志社大をわずか2安打に抑えて完封した。

スポンサーリンク

92球

鷲尾昂哉投手は登美ヶ丘高出身の右腕投手で、長くてしなやかな腕の振りの良い投手として注目されていた。

関西大に進み3年生となったが、リーグ開幕2戦目の先発に起用されると、最速147キロの速球と変化球を織り交ぜ、9回を2安打1死球、わずか92球で完封した。

早瀬監督は「オープン戦から状態が良かった。期待以上にやってくれた。直球の質、球筋の角度がいい。十分、先発で期待できる1人になってくれる手応えを感じる」と絶賛した。

オープン戦でも6回以上は投げていなかったというが、素晴らしい完封勝利に鷲尾投手は、「球数も少なく、ゾーンで打ち取ることができたので結構良かった。チームが勝てたことが一番うれしい」と話した。

来年のエースとして楽しみな投手が出てきた。

2022年度-大学生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【大学野球】リーグ戦初先発の関大・鷲尾昂哉が初勝利を完封で飾る
 関大が同大を破り、1勝1敗とした。リーグ戦初先発の鷲尾昂哉(3年)が、リーグ戦初勝利を2安打1死球の完封で飾った。
関大・鷲尾が2安打完封 1勝1敗/関西学生
 関西学生野球春季リーグ第1節第2日は4日、京都市のわかさスタジアム京都で2回戦1試合が行われ、関大が同大に5-0で快勝し、1勝1敗とした。関学大-立命大は雨で…
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント