西日本短大付, 近藤大樹, 北九州高, 木村仁

福岡県では、146キロの速球を投げる北九州高の木村仁投手、50m5.9秒の抜群の俊足が光る、西日本短大付の近藤大樹内野手の指名が注目されるが、地元福岡ソフトバンクの選手をそれぞれ憧れに挙げた。

佐々木朗希, 大船渡高

No Image
福岡ソフトバンクと埼玉西武の関係者が、10月10日に大船渡高を訪問し、佐々木朗希投手と面談を行った。

福岡ソフトバンクは10月5日、前日に引き続きスカウト会議を行った。

福岡ソフトバンクは10月4日、ヤフオクドーム内の球団事務所でスカウト会議を開いた。全体の指名リストを50人前後とした。

森下暢仁, 佐々木朗希, 奥川恭伸

福岡ソフトバンクは、今日4日にスカウト会議を開き、ドラフト会議の1位指名選手を決定する予定であることが分かった。

佐々木朗希, 大船渡高

福岡ソフトバンクは、大船渡の佐々木朗希投手をドラフト1位指名の最有力としている。

明治大, 森下暢仁

明治大の森下暢仁投手が、126球を投げて完封勝利を挙げた1回戦から中1日でこの日の早稲田大3回戦に先発し、9回まで133球を投げ150キロ台を投げ続けた。

大阪商業大, 大西広樹

大商大はこの日、神戸学院大との1回戦が行われ、エースの148キロ右腕・大西広樹投手が先発し、3安打完封勝利を挙げた。

慶応大, 郡司裕也, 高橋佑樹, 津留崎大成

秋季リーグ初戦を迎えた慶応大はこの日、郡司裕也選手が3点タイムリー2ベースヒットを記録すると、高橋佑樹投手、津留崎大成投手などプロ志望届を提出した選手たちが出場した。

佐々木朗希

佐々木朗希投手にとっては厳しい運命となった。満を持して韓国戦に先発をしたが、再発した血マメの影響で1回19球で降板した。

スポンサーリンク
PAGE TOP