大阪商業大, 大西広樹

大商大はこの日、神戸学院大との1回戦が行われ、エースの148キロ右腕・大西広樹投手が先発し、3安打完封勝利を挙げた。

慶応大, 郡司裕也, 高橋佑樹, 津留崎大成

秋季リーグ初戦を迎えた慶応大はこの日、郡司裕也選手が3点タイムリー2ベースヒットを記録すると、高橋佑樹投手、津留崎大成投手などプロ志望届を提出した選手たちが出場した。

佐々木朗希

佐々木朗希投手にとっては厳しい運命となった。満を持して韓国戦に先発をしたが、再発した血マメの影響で1回19球で降板した。

奥川恭伸

U18ワールドカップ、スーパーラウンドのカナダ戦で、甲子園準優勝の154キロ右腕・奥川恭伸投手が世界に衝撃デビューを飾った。日本のスカウトも視察をしており、「プロでも打てない」と絶賛の声が挙がった。

佐々木朗希, 奥川恭伸

U18ワールドカップでは、佐々木朗希投手がブルペンで投球を開始し、いきなり85球を投げた。ブルペン周りでは福岡ソフトバンクなど日米のスカウトが集まり、その投球を見守った。

佐々木朗希, 宮城大弥, 飯塚脩人, 林優樹, 西純矢

壮行試合で登板したU18代表の投手を評価、福岡ソフトバンクの永井本部長は、宮城大弥投手を評価した。

森下暢仁

No Image
壮行試合で先発した大学代表の森下暢仁投手にも、11球団のスカウトの絶賛の声が集まっている。

佐々木朗希

No Image
U18代表vs大学代表の壮行試合、先発をした佐々木朗希投手は、最速156キロの速球とフォークボールを見せ、大学代表の1,2,3番を2奪三振ノーヒットに抑えた。スタンドには12球団70人以上のスカウトが訪れた。スカウトの評価をまとめます。

佐々木朗希

福岡ソフトバンクは、8月30日から韓国で開催されるU18W杯に、9人全員のスカウトを派遣することを決めた。佐々木朗希投手に密着マークを続ける他、その他の選手も全員でチェックをする。

佐々木朗希, 奥川恭伸, 東妻純平, 井上広大, 林優樹, 武岡龍世, 黒川史陽, 香川卓摩, 前佑囲斗, 進藤勇也

西日本スポーツでは、福岡ソフトバンクの永井スカウト部長による、甲子園でプレーした注目選手の評価を掲載している。

スポンサーリンク
PAGE TOP