明治大, 森下暢仁

大学野球選手権は、明治大が優勝した。2試合に登板し1完封1完投、18回を1失点に抑え、主将としてもチームを引っ張った森下暢仁選手がMVPに輝いた。

東海大, 海野隆司

東海大の海野隆司捕手がその力を十分に発揮し、2度の盗塁阻止と逆転打を見せ、視察している12球団のスカウトにアピールした。

創価大, 杉山晃基

創価大の杉山晃基投手が、大学野球選手権初戦の大阪工業大戦に先発し、7回を投げて5安打6奪三振1失点で勝利した。

佐々木朗希, 大船渡高

北海道日本ハムが大船渡高・佐々木朗希投手の1位指名を公表したことに、東北楽天の石井GMが反応した。この日は10球団18人のスカウトが視察をしたがMLBは1球団のみだった。

丹生高, 玉村昇悟

丹生高の147キロ左腕・玉村昇悟投手が星稜高校との練習試合で登板し、巨人・中日・東京ヤクルト・福岡ソフトバンク、埼玉西武など9球団20人のスカウトが集結した。

創志学園, 西純矢

創志学園の西純矢投手がこの日、福岡県で行われた招待試合の真颯館戦、九州国際大付戦の2試合両方に先発で登板した。

新潟アルビレックス, 長谷川凌汰

BCリーグの新潟アルビレックスで153キロの速球を投げて注目される長谷川凌汰投手に、この日は横浜DeNA、オリックス、福岡ソフトバンクの3球団のスカウトが視察のため姿を見せた。

佐々木朗希, 大船渡高

大船渡の佐々木朗希投手が、今年初の公式戦のマウンドに立った。「4,5割の力に抑えた」という投球でも140キロを記録し3回1安打4奪三振で無失点の投球だった。

星槎道都大, 渕上佳輝

No Image
札幌六大学リーグが開幕し、王者・星槎道都大の150キロ右腕・渕上佳輝投手が7回を2安打無失点に抑えて勝利、この試合には9球団のスカウトが視察に訪れた。

米山魁乙, 昌平高

昌平のプロ注目左腕・米山魁乙投手が、自己最速を2キロ更新する143キロを記録し、上尾に雪辱を果たした。

スポンサーリンク
PAGE TOP