2011年ドラフトを振り返る(1位指名編)

菅野智之, 野村祐輔, 藤岡貴裕, 高橋周平, 武藤好貴, 伊藤隼太, 北方悠誠, 武田翔太, 安達了一, 松本竜也, 川上竜平, 十亀剣

 まだ北海道日本ハムが1位指名した東海大・菅野智之投手の動向がわからないため、今年のドラフトの総括をする気になりませんが、ドラフトの指名を振り返ってみたいと思います。まずは1位指名から。

 千葉ロッテ、横浜、東北楽天と東洋大・藤岡貴裕投手の名前が3つ続いた。千葉ロッテは早くから指名を公表し、横浜も1位指名を明言していたので驚きはない。東北楽天は明大の野村祐輔投手の他、直前のスカウト会議で宮崎日大・武田翔太投手など高校生の名前も挙がるなどし、ドラフト当日のスポーツ紙でも予想が分かれていたが、藤岡貴裕投手の指名となった。

4球団目の広島東洋は事前に公表していた通り、野村祐輔投手を指名、東北楽天が野村投手を指名しなかったことで、単独指名を確信した。

5球団目のオリックス、単独指名を狙ってくる傾向のある球団であり、昨年は大石達也投手を指名したものの抽選に外れその後2度の抽選を外した印象が強い。左腕投手の獲得を狙っており、藤岡貴裕投手や今村信貴投手の名前が挙がっていたが、ドラフト直前に岡田監督が内野手の補強を明言、東海大甲府の高橋周平選手を指名した。このホームページでは頑固に藤岡貴裕投手を予想したが、スポーツ紙各紙は高橋周平選手を予想していた。まあ、驚きはそれほどなかっただろう。

6球団目の阪神は早くより伊藤隼太選手を予想しており、直前にいろいろな選手の名前が挙がりはしたが、予想通り。

7球団目は埼玉西武、高校生投手にも注目し宮崎日大・武田翔太投手かと予想し、スポーツ紙では藤岡投手の予想があったが、日刊スポーツがJR東日本・十亀剣投手を予想、見事的中させた。

8球団目は巨人、菅野智之投手の名前が当然として呼ばれる。昨年12月に指名を公表し、原監督の甥でもあり、また単独指名かと思われた瞬間、9球団目の北海道日本ハムの指名で、そのムードは一変した。ドラフト会場の1000人のファンもそうだし、テレビを見ていた人にも衝撃を与えた。当ホームページでもこれによりアクセスがパンクしてしまった・・・。前日に藤岡、野村の二人に絞ったというコメントが流れ、スポーツ紙も藤岡投手を予想していた。

10球団目の東京ヤクルトは公表していた通り、高橋周平選手を、続く福岡ソフトバンクは武田翔太投手を指名、そして最後の中日はこれも予想通りで高橋周平選手を指名した。

 抽選の結果、藤岡貴裕投手は早くから指名を公表していた千葉ロッテが交渉権獲得、昨年は斎藤佑樹投手を獲得できなかったが今年は大成功!高橋周平選手は岡田監督が今年も外し・・・、くじをなかなか明けなかった中日の高木次期監督が交渉権獲得、藤岡貴裕投手とは反対に残りくじとなった。

そして注目の菅野智之投手の抽選、巨人・清武代表にくじを選ぶ権利があったが獲得する事はできず、会場は大歓声となった。北海道日本ハムは昨年の斎藤佑樹投手に続き抽選を的中させた。

そして注目の外れ1位指名、横浜は大型左腕・英明の松本竜也投手を指名、東北楽天は高校生投手でくると思いきやJR北海道・武藤好貴投手を、オリックスは内野手補強の公言どおり東芝・安達了一選手を指名した。ちなみにこの3選手の指名は当ホームページでももちろん、スポーツ紙各紙も外してましたね。

菅野投手を獲得できなかった巨人のショックは大きかったものの、巨人はNO1を狙う、というとおり、高校生NO1左腕の松本竜也投手を指名した。抽選では身売り問題で揺れる横浜と、菅野ショックの巨人の指名となったが、巨人が踏ん張り、横浜が外した。

東京ヤクルトは高校生外野手の光星学院・川上竜平選手を指名、これも驚かされた。

最後に抽選を2度外した横浜が方針を大転換、身売り後の球団に将来を託し、153km右腕・北方悠誠投手を指名した。

 

 菅野投手に注目が行きがちですが、東北楽天の武藤投手、オリックスの安達選手、東京ヤクルトの川上選手の予想はかなり難しかった。この3選手のプロでの活躍には注目したいです。また、1位入札では下位3球団が即戦力指名に対し、上位3球団は高校生を指名と、チーム状況と余裕の有り無しが出ているかなという感じがしました(特にソフトバンク)。

 藤岡投手、野村投手、伊藤選手など大学生の他、十亀投手、武藤投手、安達選手の社会人選手たちの来年の活躍に注目したいし、また高橋周平、川上竜平、武田翔太、松本竜也、北方悠誠がどのように成長するのか楽しみです。

 そして菅野智之投手がどのような判断をするのかにももちろん注目ですね。


PAGE TOP