北海道日本ハムファイターズのドラフト指名予想

 

北海道日本ハムファイターズ/ドラフト最新記事

日本ハムが1位指名の達孝太投手に指名あいさつ、栗山監督「超のつく一流投手が必要」
【独自の評価で単独1位指名】日本ハムはBIG3よりもメジャー夢見る達投手を評価、有薗・阪口・畔柳・松浦で栗山監督らしさも
日本ハム、高校生投手が有力で北海・木村大成投手を上位候補
筑波大・佐藤隼輔投手が今日登板の可能性も
日本ハムがスカウト会議、1位指名は投手有力も公表しない可能性
日本ハムがスカウト会議で指名候補を約80人に絞り込み、北海・木村大成投手など北海道関係は5人
新潟医療福祉大の桐敷拓馬投手が2安打10K完封、ソフトバンク除く11球団視察しヤクルトはGMなど3人態勢
大商大・福元悠真選手に北海道日本ハムGM、中日スカウトが視察
JR東日本・山田龍聖投手に10球団視察、西武GM・巨人・ロッテ・楽天・中日・日本ハムなど高評価
北海道日本ハムが智弁学園・前川右京選手の上位指名も検討

以前のニュースはこちら

スポンサーリンク

補強ポイント分析

チーム構成(年齢・ポジション別):2021年

:ルーキー、:退団、:加入

投手 野手
捕手内野手外野手
右打左打右打左打
松本遼大根本悠楓19  細川凌平  
  20 上野響平   
吉田輝星,柿木蓮 21田宮裕涼野村佑希 万波中正 
田中瑛斗北浦竜次22  清宮幸太郎
難波侑平
  
立野和明堀瑞輝,高山優希
河野竜生
23郡拓也
古川裕大
 今井順之助 五十幡亮汰
望月大希
伊藤大海
齊藤伸治
鈴木健矢
姫野優也
 24梅林優貴佐藤龍世  片岡奨人,宮田輝星
石川直也福田俊25清水優心高濱祐仁 今川優馬浅間大基
生田目翼
鈴木遼太郎
長谷川凌汰
 26石川亮渡邉諒  海老原一佳
  27 樋口龍之介石井一成  
上沢直之
井口和朋
西村天裕
池田隆英
上原健太28宇佐見真吾  松本剛近藤健介
玉井大翔
杉浦稔大
谷川昌希
加藤貴之29    西川遥輝,谷口雄也
  30 谷内亮太杉谷拳士,中島卓也  
  31   太田泰示 
秋吉亮 32 中田翔   
斎藤佑樹 33   木村文紀 
  34     
  35     
村田透宮西尚生36     
  37     
金子弌大 38     
  39     
  40
鶴岡慎也    
  小計     
 合計 

 

2021年の戦力と将来のチーム予想

※成績は10月8日終了時

投手
 2020年5年後予想
先発上沢直之(27) 11勝6敗、防御率2.88
加藤貴之(28) 4勝7敗、防御率3.88
伊藤大海(24) 9勝8敗、防御率3.02
池田隆英(28) 3勝10敗、防御率3.98
立野和明(22) 3勝1敗、防御率2.68
金子弌大(37) 0勝4敗、防御率6.12
上沢直之(32)
伊藤大海(29)
立野和明(27)
加藤貴之(33)
吉田輝星(25)
生田目翼(30)
中継ぎ河野竜生(22) 37試合3勝5敗  8H
堀 瑞輝(22) 54試合3勝2敗25H  1S
玉井大翔(28) 40試合0勝0敗  7H  1S
宮西尚生(35) 45試合1勝2敗12H
井口和朋(23) 36試合1勝2敗11H
西村天裕(28)26試合0勝0敗1H
河野竜生(27)
堀 瑞輝(27)
玉井大翔(33)
井口和朋(28)
抑え杉浦稔大(28) 48試合2勝2敗25S杉浦稔大(33)
2軍
(25歳まで)
生田目翼(25) 19試合90.0回
吉田輝星(20) 19試合85.0回
望月大希(22) 22試合66.2回
柿木 蓮(21)30試合55.1回
高山優希(23)35試合47.0回
田中瑛斗(22)20試合37.1回
野手
守備2020年5年後予想
捕手清水優心(24) 84試合、打率.212、  3本
石川 亮(24) 53試合、打率.186、  0本
田宮裕涼(25)
一塁手高濱祐仁(24) 89試合、打率.247、  8本清宮幸太郎(27)
二塁手渡邉 諒(25) 79試合、打率.242、  2本
佐藤龍世(24) 33試合、打率.240、  0本
渡邉 諒(30)
三塁手野村佑希(20) 82試合、打率.261、  5本野村佑希(25)
遊撃手石井一成(26) 111試合、打率.225、4本上野響平(24)
外野手西川遥輝(28) 113試合、打率.236、3本
近藤健介(27) 116試合、打率.296、9本
浅間大基(24) 110試合、打率.256、4本
大田泰示(30)   71試合、打率.199、3本
万波中正(20)   38試合、打率.196、3本
近藤健介(32)
大田泰示(35)
万波中正(25)
浅間大基(29)
2軍・捕手田宮裕涼(20) 61試合、打率.253、  0本
古川裕大(23) 58試合、打率.232、  2本
【予想打順】
1浅間
2近藤
3清宮
4野村
5太田
6万波
7渡邉
8上野
9田宮
2軍・内野手清宮幸太郎(22)106試合、打率.199、19本
難波侑平(21) 85試合、打率.247、  0本
上野響平(19) 68試合、打率.209、  0本
樋口龍之介(26) 47試合、打率.231、4本
2軍・外野手今川優馬(25)61試合、打率.310、14本
片岡奨人(22)62試合、打率.239、  3本
宮田輝星(24)58試合、打率.277、  2本

補強ポイント

2021年戦力から

【先発▲】上沢投手はリーグを代表するエース。有原投手のメジャー移籍があったが、ドラフト1位の伊藤投手が穴を埋める投球をした。4番手、5番手が活躍ができず、先発投手の層を増やしたい。
【リリーフ●】ドラフト上位の左腕、河野投手、堀投手、西村投手などが投げ、リリーフは杉浦投手が務めた。宮西投手も良い働きをする。投手の層はある。

【捕手▼】昨年は清水選手が定着するかに見えたが、2年連続での活躍とは行かず、まだ本物ではない。石川選手がバックアップをしたが、まだ共に物足りない印象。

【内野手▲】野村選手、高浜選手、石井選手などを使い続けたシーズンで、あるいみ結果よりも将来を見た起用に見られた。またセカンドに佐藤選手が加わり、渡辺選手も安泰ではない。まだ課題は残る。

【外野手▲】西川選手が成績を落としたが、近藤選手は素晴らしい。浅間選手も使い続け、万波選手も起用した。こちらも将来を見た起用に見えたが、結果がでるか。全体的に長打力が乏しいが、広い札幌ドームということもあり、新球場を見据えて長打力を強化してゆきたい。

 

世代表・将来のチームから

【投手▲】生田目投手、吉田投手を多く起用し右の先発として期待する。左の投手陣は1軍でリリーフとして起用される事になり、左の先発として根本投手を育てたい。中堅どころの石川投手、望月投手などがまだ力を見せていないので、その世代に社会人や大学生の力のある投手を加えたい。

【捕手●】古川選手が加わり、田宮選手、郡選手、梅林選手などの競争状態となる。

【内野手▲】野村選手が上でプレーするようになった。細川選手、上野選手と二遊間の選手はいるが、サードの強打者はほしい所。

【外野手▲】五十幡選手が加わり、俊足系の外野手は活性化している。左の強打者タイプの選手を獲得したい。

戦力外・引退

 斎藤佑樹投手、海老原選手が引退を表明している。

フロント・監督のビジョン

〇監督:外野手出身
 栗山監督は長期政権となったが、今年も成績が出せずに交代となりそうだ。後任は稲葉監督が有力視される。

 吉村GMとのタッグで、補強ポイントだったり、他球団の動きに関係なく、その年の最も良い選手を指名する戦略で、球界を代表するトップの選手を中心としたチーム作りをしていた。くじ運も影響し、大谷選手、有原投手などトップの選手を補強できてきたが、ここ最近のくじ運の悪さもあり、その戦略に少し影が見え始めた。

 保有選手を少なくし、2軍での選手の出場機会を重視していたが、1軍の選手の故障などにより、2軍の試合の運用に苦労するようになり、育成枠を獲得し始めるなど変遷してきた。

 育成で大量に選手を獲得する福岡ソフトバンクやオリックスと対極の構図だったが、やはり、育成出身の選手が1軍で活躍する事で選手の層も厚いほうが、やや有利となった。

 栗山監督とともに、吉村GMの去就が注目されるが、新球場も見据えてどのようなチーム作りに変わっていく事だろう。

補強ポイントまとめ

 投手捕手内野手外野手
2021年戦力から
将来のチームから
戦力外・引退から
チーム・監督の方針から
実際のドラフト指名       

スカウティング情報

視察選手

※数字は優先順予想

守備1位指名
太字は入札候補
上位指名視察・リストアップ
右投手森木大智・高知高
小園健太・市和歌山
風間球打・明桜
廣畑敦也・三菱自倉敷
三浦銀二・法政大
達孝太・天理高
畔柳亨丞・中京大中京
田中楓基・旭川実
赤星優志・日本大
徳山壮磨・早稲田大
飯田琉斗・横浜商大
古屋敷匠真・法政大
永島田輝斗・立花学園
山岸翠・横浜創学館
沢鳳介・専大松戸
松井友飛・金沢学院大
左投手佐藤隼輔・筑波大
隅田知一郎・西日本工大
山下輝・法政大
森翔平・三菱重工West
山田龍聖・JR東日本
木村大成・北海高
桐敷拓馬・新潟医療福祉大
鈴木勇斗・創価大
松浦慶斗・大阪桐蔭
羽田慎之介・八王子
泰勝利・神村学園
渡辺一生・BBCスカイ
捕手 古賀悠斗・中央大福永奨・国学院大
内野手  清水武蔵・国士舘
大内信之介・JPアセット証券
星野真生・豊橋中央
外野手 前川右京・智弁学園
阪口楽・岐阜第一
福元悠真・大商大
丸山和郁・明治大
梶原昂希・神奈川大
ブライト健太・上武大
吉野創士・昌平

スカウトコメント

ランク選手名スカウト評価

北海道日本ハムスカウト情報

役職名前経歴担当地区 
GM吉村浩  
スカウト部長大渕隆十日町-早稲田大-日本IBM全国 
顧問山田正雄明大明治関東 
アマスカウト白井康勝豊川高北海道・北東北 
アマスカウト今成泰章堀越-駒沢大関東 
アマスカウト加藤竜人徳島商-流通経済大-NKK中国・四国・近畿 
アマスカウト熊崎誠也県岐阜商‐名城大‐岐阜県教育委員会東海・北信越・近畿 
アマスカウト坂本晃一桐蔭学園-専修大関東 
アマスカウト林孝哉箕島高大阪・九州 
アマスカウト高橋憲幸拓大紅陵-日本石油南東北・北関東 

日本ハムファイターズのドラフト指名予想

 1位2位3位
パターン1小園健太・市和歌山
風間球打・明桜
前川右京・智弁学園松浦慶斗・大阪桐蔭
木村大成・北海高
パターン2隅田知一郎・西日本工大前川右京・智弁学園
阪口楽・岐阜第一
赤星優志・日本大
柴田大地・日本通運
パターン3山下輝・法政大達孝太・天理高水野達稀・JR四国
池田来翔・国士舘大
梶原昂希・神奈川大

パターン1:その年のNO.1パターン

狙い:今年NO.1と評価し、小園投手か風間投手を1位で指名する。2位は強打者タイプの外野手として前川選手を指名、3位では地元北海道出身の大型左腕・松浦投手や、北海の150キロ左腕・木村投手を指名する。

課題:これまでの日本ハムの指名らしい指名。来年の戦力とはなりにくいが、監督交代のタイミングでもあり、成績は求められないかもしれない。

パターン2:補強ポイント優先パターン

狙い:左の先発投手の獲得を目指す、隅田投手を1位指名する。2位では前川選手を指名し、3位では先発即戦力候補の赤星投手か、少し時間がかかるも156キロ右腕の柴田投手を指名する。

課題:これまでの日本ハムのパターンではない。内野手の補強ができておらず、即戦力という事でもない。

パターン3:補強ポイント2

狙い:1位で抽選に外した場合などに、法政大の山下投手を指名。稲葉監督や上原投手の繋がりがある。2位では長身右腕の達投手が残っている可能性もあり指名する。3位では強打の内野手として水野選手や池田選手を、または足と長打力のある外野手として梶原選手を指名する。

課題:山下投手、達投手共に少し時間がかかるかもしれない。

2021年北海道日本ハムファイターズ ドラフト会議指名選手

順位名前・チームスカウトコメント
   
   
   
   
   
   
   
   

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント

  1. 今回のドラフトは・・・・捕手を取るべきでは、鶴岡のリードでは|パターンが読まれてる場面が沢山観れた。。。投手泣かせの捕手ではなかったのでは?大野と近藤に期待します。

  2. 巨人時代の二岡に惚れて、応援し、訳が有って日本ハムでプレーを期待してました
    代打の神様そのままに活躍してくれて。。ハムのフアンに成った矢先に(-.-)二岡の出番無し・・・何故・・?栗山監督?如何なる時でもボックスに立てないと~代打の役目は、出来ないのでは|二岡の使い方が失敗したのが、、優勝を逃がしたと、思ってます。二岡のプライドを考えると残念…悔しい~です

  3. 野球を愛する人とか言っているけど本当に野球を愛してんのか

  4. うるさい不正などしていない日ハムはただ今年一番の選手を指名しただけで結局大谷は日ハムは入団したそこのどこが不正なんだよ

  5. これ以上ドラフトで不正を繰り返すならニッポンハムはプロ野球界を去ってほしい

  6. でも大谷は日ハムに入団した

  7. 大谷頑張って

  8. 日ハムの連日の健闘に喝采を送っております。
    日本シリーズの翌日、栗山監督がドラ1大谷投手の基に訪問すれば
    大谷投手は、日ハムに入団します。
    それ以外に、大谷投手が日ハムに入団するストーリーはありません。