北海道日本ハムファイターズのドラフト指名予想

 

北海道日本ハムファイターズ/ドラフト最新記事

以前のニュースはこちら

補強ポイント分析

チーム構成(年齢・ポジション別):2020年

:ルーキー、:退団、:加入

投手   野手
捕手 内野手 外野手
右打 左打 右打 左打
    19   上野響平      
吉田輝星,柿木蓮   20 田宮裕涼 野村佑希   万波中正  
田中瑛斗 北浦竜次 21   難波侑平 清宮幸太郎    
立野和明 堀瑞輝,高山優希
河野竜生
22 郡拓也   今井順之助    
望月大希 鈴木健矢 23 梅林優貴   平沼翔太 姫野優也 片岡奨人,宮田輝星
石川直也,立田将太 福田俊 24 清水優心 高濱祐仁     浅間大基
生田目翼
鈴木遼太郎
長谷川凌汰
宮台康平 25 石川亮 渡邉諒     海老原一佳,岸里亮佑
    26   森本龍弥,樋口龍之介 石井一成   森山恵佑
上沢直之
井口和朋
吉田侑樹,西村天裕
上原健太 27 宇佐見真吾 横尾俊建,松本剛     近藤健介
有原航平,玉井大翔
杉浦稔大
加藤貴之,公文克彦 28         西川遥輝,谷口雄也
中村勝   29   谷内亮太 杉谷拳士,中島卓也   白村明弘
    30       太田泰示  
浦野博司,秋吉亮   31   中田翔      
斎藤佑樹 吉川光夫 32          
    33 黒羽根利規        
    34          
村田透 宮西尚生 35          
    36          
金子弌大   37          
    38 実松一成   田中賢介    
    39 鶴岡慎也        
    40~          
    小計          
  合計  

2019年の戦力と将来のチーム予想

投手
  2019年 5年後予想
先発 有原航平(27)15勝8敗
金子弌大(36) 8勝7敗
加藤貴之(27) 5勝7敗
上沢直之(26) 5勝3敗
杉浦稔大(27) 4勝4敗
上原健太(22) 1勝3敗
有原航平(32)
加藤貴之(32)
上沢直之(31)
北浦竜次(25)
田中瑛斗(25)
吉田輝星(24)
中継ぎ 玉井大翔(27)65試合13HP
宮西尚生(34)55試合44HP
石川直也(23)60試合24HP
公文克彦(27)61試合19HP
堀 瑞輝(21)53試合 9HP
玉井大翔(32)
公文克彦(32)
堀 瑞輝(26)
杉浦稔大(32)
抑え 秋吉 亮(30)53試合25S 石川直也(28)
2軍
(3年目まで)
北浦竜次(20)88.0回
田中瑛斗(20)84.2回
吉田侑樹(27)80.0回
福田 俊(23)68.0回
生田目翼(24)65.0回
吉田輝星(19)62.0回
柿木 蓮(19)43.2回
野手
守備 2019年 5年後予想
捕手 清水優心(23) 98試合、打率.259 清水優心(23)
一塁手 中田 翔(30)124試合、打率.242、24本 清宮幸太郎(25)
二塁手 渡邉 諒(24)132試合、打率.262、11本 渡邉 諒(29)
三塁手 横尾俊建(26) 78試合、打率.188 野村佑希(24)
遊撃手 中島卓也(28)120試合、打率.220 難波侑平(25)
外野手 西川遥輝(27)142試合、打率.288
近藤健介(26)138試合、打率.302
大田泰示(29)132試合、打率.289、20本
大田泰示(34)
万波中正(24)
2軍・捕手 郡 拓也(21) 73試合、打率.252 【予想打順】
1西川
2難波
3近藤
4清宮
5太田
6野村
7万波
8清水
9渡邉
2軍・内野手 難波侑平(20)105試合、打率.158
今井順之助(21)89試合、打率.256、10本
野村佑希(19) 75試合、打率.245、5本
高濱祐仁(23) 59試合、打率.220、4本
2軍・外野手 姫野優也(22) 98試合、打率.222
万波中正(19) 90試合、打率.238、14本

補強ポイント

2019年戦力から

【先発▲】有原がリーグを代表する投手に成長したが、上沢のケガ、他の投手の伸び悩みという形になった。もう一人、10勝を期待できる投手を育てたい所
【リリーフ●】玉井、石川、堀といった若い世代も伸びており、石川は抑えになる可能性も持つ力のある投手。
【捕手●】若い清水が打撃も含めて申し分なく、今後7年くらいは大丈夫そうな所もある。ただし、バックアップに他球団から宇佐見、黒羽根などを持ってきているが、石川、郡、田宮にもう1枚即戦力を加えて競争を厳しくしたい。
【内野手▲】セカンドを渡邉が取り、ファースト・清宮と2つは若い選手で固まりそう。ただしショートの中島選手は流動的でサードはレギュラー不在、清宮選手も故障が多くやや苦しい布陣となった。
【外野手●】西川、今度、大田は安定した成績を残し、リーグでも屈指の外野陣と言える。

世代表・将来のチームから

【投手●】左右に高校卒の優れた投手がおり、1軍の先発を狙える所まで来ている。半面、リリーフでも期待したいような大学、社会人出身の投手に伸び悩みも見られて、原因を探りたい所。
【捕手●】清水選手が1軍レギュラー捕手で若い捕手にチャンスは少ないかもしれないが、郡選手、田宮選手などを一本立ちできるように育てたい。清水選手を競争をさせるため23歳の捕手を加えても良い。
【内野手▲】強打のサード、ショートの候補をそろえている状況だが、1軍に飛び跳ねていくような所がまだ見られないので、さらに補強をしてゆきたい。
【外野手▲】若い世代の数が少ない中で万波選手が上にはねて行きそうで、さらに数を加えて行きたい。

戦力外・引退

 中堅の右投手3人、左投手1人、捕手と内野手のベテラン2人、中堅外野手2人が戦力外・引退となった。外野手は左打ちの2人でそれぞれ俊足タイプの岸里選手とスラッガータイプの森山選手

フロント・監督のビジョン

〇監督:外野手出身
 栗山監督は9年目となる。若い選手をうまく起用しながら、成績のも残してきたが、今年は主力の故障などもあり苦しいシーズンとなった。投手も野手もバリエーション豊かに起用をするが、軸はしっかりと固める。今年は先発とリードオフマンの軸は固く、セカンド・捕手も実績を積んでいく中で、先発の2枚目、主軸のところで中田、清宮選手がフル活躍といかなかった。ただし、選手個々の成績を見るとそれほど悪くない状況で、ファミリーのような雰囲気が持ち味の中で、選手の出入りが激しい流動的な状況に、チームのまとまりがやや欠けたかもしれない。

 球団は育成中心のチームを目指し、1軍の選手が他球団やメジャーに出ていくことで、若手がその穴を埋めていくことで活性化をしていくチーム作りを心掛けている。しかし、西川、近藤といったリーグを代表する野手が育ってきていたが、若い世代でやや伸びを欠いており、またドラフト1位選手は確実に活躍をしなければチーム力は弱くなるが、上原投手が伸び悩み、堀、清宮選手には少し時間が必要という所で穴が開いた。選手を保有を65人に抑えて、緻密に行ってきた所がややバランスが悪くなった。

 フロントもそれに気づき、育成枠や69人保有まで増やすなど変えてきているが、その影響が今年に出た。清宮選手と堀投手の成長でこの穴は塞がっていくと思うが、選手の人数が少ないのはやはり他球団より不利になるし、高校生に偏った指名というのは、1軍世代が安心感を感じる所もあるので、毎年のドラフトでも高校生と即戦力のバランスはとった方が良いと思う。

 また、西川、近藤、有原といった所がFA権を取得する事も考え、外野手の補強を強くすることも考えられる。

補強ポイントまとめ

  投手 捕手 内野手 外野手
2019年戦力から
将来のチームから
戦力外・引退から      
チーム・監督の方針から
実際のドラフト指名 3 2 1 2     2

スカウティング情報

視察選手

※数字は優先順予想

守備 1位指名
太字は入札候補
上位指名 視察・リストアップ
右投手 佐々木朗希 大船渡
奥川恭伸 星稜
森下暢仁 明治大
立野和明 東海理化
西純矢 創志学園
浅田将汰 有明
鈴木寛人 霞ヶ浦
太田龍 JR東日本
大西広樹 大商大
杉山晃基 創価大
前佑囲斗 津田学園
伊勢大夢 明治大
村西良太 近畿大
落合秀市 和歌山東
小林珠維 東海大北海道
國吉吹 沖縄水産
岡林勇希 菰野
左投手 河野竜生 JFE西日本
及川雅貴 横浜高
宮城大弥 興南 橋本侑樹 大商大
松田亘哲 名古屋大
米山魁乙 昌平
井上温大 前橋商
佐藤一磨 横浜隼人
山口裕次郎 JR東日本
捕手 海野隆司 東海大 佐藤都志也 東洋大  
内野手   小深田大翔 大阪ガス
石川昂弥 東邦高
森敬斗 桐蔭学園
武岡龍世 八戸学院光星
韮澤雄也 花咲徳栄
外野手     宇草孔基 法政大
宮田輝星 福岡大
高部瑛斗 国士舘大

スカウトコメント

佐々木朗希 栗山監督:◎「誰も迷いなく、うちの人間は佐々木君で行くと思っている。僕は絶対にファイターズに来ると信じている。素材感は別として全然上。今の能力、形とか発揮できるものでいったら上でしょう。それくらいのスケールがある」
◎「大谷を高校2年の時に見て衝撃を受けたけど、それ以上なんだよね」
吉村GM:◎「絶対に変わらない。どういうふうに表明されても変わらない。出していただければ1位指名します」
◎「間違いなく1位で指名します。プロ志望届を出すのが前提ですが。他の選手へリスペクトもありますが、能力が違いすぎる。圧倒的です」
大渕スカウト部長:○「評価は変わらない。残念だったと思うけど、国際舞台で投げたことは彼の将来にとっては大きいこと」
○「大舞台で放れた点については、確認できてよかったなと思います。」
○「暖かいから球速は上がると思ったが規格外。普通の高校生はエンジンの大きさとセンスの一方しか持っていないが、彼には両方ある」
◎「高校生としては、規格を超えてしまっていると思う。とにかくエンジンが大きい。誰かと比較しようにも、規格を超えてしまっているので、イメージが難しい」
山田スカウト顧問:○「体が大きい割にはバランスがいい。ボールの1つ1つ全部がいい。いろんなボールを投げられて器用ですね。評価は変わりません。」
○「見たのは寒かった3月末以来。実戦を離れていてもこのクラスになると影響はないのかな。今回はフォークボールを見ることができた。軸がしっかりしているので、制球がいい。スライダーも良くなっていた。」
今成スカウト:◎「本人は60点と言ったみたいだけれど、いやいや、すごい。ダルビッシュの高校時代よりいいかも」
奥川恭伸 大渕スカウト部長:◎「完成度が高い。いつでも放れるスライダーが素晴らしい。もうこれでスターですね。本当にいい投手はコメントも少ないんです。」
山田スカウト顧問:○「省エネで投げている印象。センバツは1球1球全力だったのが、力を抜く投球を覚えた。走者を出してから力を入れて投げても、制球が崩れない」
森下暢仁 大渕スカウト部長:○「チームを背負っている。余裕ができた」
山田スカウト顧問:○「実戦的で安定していますよね。走者を出しても余裕を持って投げている。勝てる投手と言えますね。」
河野竜生 JFE西日本 山田スカウト顧問:△「投げ方がよくて軸がしっかりしている。今日はちょっと球が高めに浮いていたが、低めにいけばもっと良い」
  立野和明 東海理化 大渕スカウト部長:◎「多彩な球種と安定した制球力。1位の12人に入ってくる可能性はある」
  海野隆司 東海大 大渕スカウト部長:○「送球の安定感は抜群。度胸も良さそうだし、勝負強い。野手は需要次第にもなるけれど、捕手が欲しいと判断した球団は高く評価するのでは」
  小深田大翔 大阪ガス 山田スカウト顧問:◎「2位までには消える」
  小林珠維 東海大北海道 関係者:○「投げる方も打つ方もいい」
  松田亘哲 名古屋大 熊崎スカウト:○「高校野球の経験がない中、これほど注目されるまで、よく頑張った」
  伊藤健太 中部学院大 大渕スカウト部長:○「落ち着いて投げていた。ボールも強いなと思います」
  杉山晃基 創価大 大渕スカウト部長:○「伸びのある直球と落ちる球もいい」
  前佑囲斗 津田学園 大渕スカウト部長:○「スピード以上にベースの上で球の勢いがある」
  武岡龍世 八戸学院光星 白井スカウト:○「よく打つよね。希望進路によるけど、甲子園でも打てれば注目もされて、彼の野球人生が変わるかもしれない」
  鈴木寛人 霞ヶ浦 大渕スカウト部長:「ストレートも変化球もいい。恵まれた体を持っているので、十分見込みがある」
  落合秀市 和歌山東 林スカウト:◎「指先の感覚がいい。いいものを持っているので、上位で消える選手だと思う」
  米山魁乙 昌平 大渕スカウト部長:○「投げっぷりがいい」
  國吉吹 沖縄水産 林スカウト:○「体に力があり、腕の振りがいい。将来性を感じさせる」
  宇草孔基 法政大 大渕スカウト部長:○「打つ方と足は間違いない。あの身長でスピードもあって魅力的」
  高部瑛斗 国士舘大 大渕スカウト部長:○「ずっと3割を打っている。ほんとうの力がないとできないこと」
  韮澤雄也 花咲徳栄 今成スカウト:◎「遊撃守備は全国トップ級。打撃も間を作れるし、玄人好みの職人肌」
  村西良太 近畿大 大渕スカウト部長:○「右打者の内角に強い球を投げられる。キレがあって球が強い。変化球が決まれば、打者はもっとイヤに感じる」
  森敬斗 桐蔭学園 山田スカウト顧問:○「小園タイプ。今大会の遊撃で1番かな」
  及川雅貴 横浜 大渕スカウト部長:○「評価は変わらない。投げたいところに放れていなかったが、直球に力強さはあった」
  柳町達 慶応大 大渕スカウト部長:○「力はある。1年しっかり発揮してくれれば」

北海道日本ハムスカウト情報

役職 名前 経歴 担当地区  
GM 吉村浩    
GM補佐 木田優夫 日大明誠    
GM補佐 遠藤良平 筑波大附-東京大    
顧問 山田正雄 明大明治 関東  
スカウト部長 大渕隆 十日町-早稲田大-日本IBM 全国  
アマスカウト 白井康勝 豊川高 北海道・北東北  
アマスカウト 今成泰章 堀越-駒沢大 関東  
アマスカウト 西俊児 大成高-専修大-本田技研 南東北・北関東  
アマスカウト 加藤竜人 徳島商-流通経済大-NKK 中国・四国・近畿  
アマスカウト 熊崎誠也 県岐阜商‐名城大‐岐阜県教育委員会 東海・北信越・近畿  
アマスカウト 坂本晃一 桐蔭学園-専修大 関東  
アマスカウト 林孝哉 箕島高 大阪・九州  

日本ハムファイターズのドラフト指名予想

  1位 2位 3位
パターン1 佐々木朗希 小深田大翔 宇草孔基
パターン2 及川雅貴 小深田大翔 伊勢大夢
村西良太
橋本侑樹
パターン3 森敬斗 杉山晃基
太田龍
浅田将汰
落合秀市
前佑囲斗
宇草孔基
パターン4 立野和明 宇草孔基 韮澤雄也

パターン1:佐々木抽選獲得型

流れ:1位で佐々木投手の抽選を獲得。2位では即戦力内野手の小深田選手を指名、3位でも投手の補強よりも野手の指名を優先し、打撃と足は間違いないと評価する宇草選手が奇跡的に残っていたら指名する。

狙い:佐々木投手は公言をしている。右の投手なら有原・上沢もいるものの、佐々木投手が入ることでチーム全体の注目度が増し、全体の活性化へつながることが本当の狙いだろう。昨年は高校生の指名にこだわり過ぎた点もあり、今年は即戦力の内野手、外野手を指名。内野手は中島選手は流動的でもあり、左の内野手が薄いことで、小深田選手は補強ポイントにはまる。外野手は西川、近藤がいる中で左の宇草選手という所もあるが、基本的にFAでの移籍を想定しており、来年に権利を取得する西川選手を見据えての指名。センターに限定すれば柳町選手の方が適しているが宇草選手のスピードを買っている感じ。

課題:2020年の投手については下位指名、または若手の成長に頼る事になる。

パターン2:左腕カバー型

流れ:1位で佐々木投手の抽選を外したとき、指名されていない選手の中で左腕の及川投手を指名する。2位では即戦力の左の小深田選手を指名、3位では即戦力の投手を指名していく。

狙い:佐々木投手を獲得できなかった事で全体的な活性化は望めないため、実戦的な指名になってくる。左腕投手は課題であり、及川投手は上原・宮台・高山・堀・北浦をしたから刺激するのに十分な投手で、フォームが固まれば1年目の後半からでも投げられる可能性がある。2位では課題の左の内野手・小深田選手を指名、3位では外野手より2020年の投手陣を優先し、特徴のあるサイドハンドの右腕や左の即戦力をもう1枚加えて厚みを出す。

課題:佐々木投手を獲得できない事で、世間の注目は得られないかもしれない。来年の西川選手のFAの動向が非常に気になる事になる。

パターン3:将来性重視型

流れ:1位で佐々木投手の抽選を外し、指名されていない選手の中から森選手を指名する。2位では佐々木投手に変わる将来性のある右腕を指名、3位は即戦力外野手の指名をする。

狙い:内野手を即戦力ではなく将来性で見た指名、森選手はショートの穴を埋め、また西川選手に変わるトップバッターの力を持つ。勢いのあるプレーで石井、渡邉などの先輩などもぐいぐい引っ張る力がある。2位では将来的に1位指名された投手と肩を並べるような選手を指名、馬力のある杉山・太田投手、また高く評価している浅田・落合・前投手などを指名する。3位はパターン1と同じ理由で宇草選手を指名。

課題:佐々木投手を獲得できない事で、世間の注目は得られないかもしれない。2020年の投手については下位指名、または若手の成長に頼る事になる。

パターン4:即戦力型

流れ:1位で佐々木投手の抽選を外し、指名されていない選手の中から立野投手を指名する。外野手の指名を優先し、宇草選手が3位に残っていないと判断した場合は2位で指名、その分、3位では高校生内野手を指名する。

狙い:来年の先発右腕の枚数を重視、立野投手は右の先発で5勝以上は期待でき、先発投手の層が厚くなる。2位ではパターン1の理由と同じく、また韮澤選手を高く評価した場合に外野手を確実に指名する。韮澤選手は左の内野手で柔軟性を持つ。先輩の野村選手と三遊間で刺激をしあえる選手となる。

課題:佐々木投手を獲得できない事で、世間の注目は得られないかもしれない。韮澤選手はややおとなしいそうな面があり、清宮選手、渡邉選手、野村選手がリーダーシップを取っていく必要があるかもしれない。

2019年北海道日本ハムファイターズ ドラフト会議指名選手

順位 名前・チーム スカウトコメント
1位 河野竜生・投手・JFE西日本 担当スカウト:加藤竜人
社会人No.1左腕で、即戦力として1年目から期待が大きい。140キロ台後半の速球を軸に、変化球も精度が高く、緩急を生かした投球スタイルで完成度の高さはトップクラス。高校1年生時から名門のマウンドを任されるなど第一線を走り続けており、経験値を生かして1軍で通用する逸材だ。21歳という若さも魅力で、さらなる進化も見込める。
2位 立野和明・投手・東海理化 担当スカウト:熊崎誠也
手足が長くダイナミックなフォームの本格派で、スピンの効いた速球で抑え込む。昨年の日本選手権で150キロをマークし、延長12回を投げきって注目を集めた。低めの制球力にも秀で、落差のあるスプリットも武器。変化球の種類も豊富で、打者に的を絞らせない投球が光る。期待十分の即戦力右腕。
3位 上野響平・内野手・京都国際 担当スカウト:熊崎誠也
小柄ではあるが、将来性あふれる遊撃手として高く評価。守備力は高校生ではトップクラスで、洗練されたグラブさばき、フットワークなど一連の動作は、見るものを魅了する。リードオフマンを務めるなど打者としても成長途上にある。主将を託されたリーダーシップ、意識も高く、次代を引っ張る内野手の主力候補として期待している。
4位 鈴木健矢・投手・JX-ENEOS 担当スカウト:坂本晃一
変則的な右サイドスローからキレのある球を投げ込む。木更津総合高に入学後、上手投げからサイドハンドに転向すると素質が開花。3年春の甲子園にも出場した。2017年には10代で侍ジャパン社会人代表に選出されるなど成長著しい。スライダーを内外角に投げ分ける制球力に加え、空振りを奪えるチェンジアップも武器。
5位 望月大希・投手・創価大 担当スカウト:西俊児
187センチの長身から繰り出す速球が魅力の本格派右腕。最速は146キロながら、真上から投げ下ろすフォームで球筋に角度があり、打者にとって打ちづらさを感じるピッチャーだ。スライダー、チェンジアップなど変化球にもキレがある。高いポテンシャルを持ち、プロでさらに化ける可能性を秘める。
6位 梅林優貴・捕手・広島国際大 担当スカウト:加藤竜人
秋季リーグ戦でサイクルヒットを放つなどキャプテンとしてチームをけん引する強肩捕手。2年時に正捕手の座を射止めると、春のリーグ戦でMVPに輝いた。その後もベストナインを受賞するなど2部リーグながら着実に実績を積み上げてきた。これまで注目度は高くなかったが、プロで力を発揮する資質にあふれる。
7位 片岡奨人・外野手・東日本国際大 担当スカウト:白井康勝
今春まで主将を務め、南東北大学リーグ4季連続優勝を達成。打率4割超えの活躍で初のMVPにも輝いた。巧みなバットコントロールで広角に打ち分ける左打者。強い肩と脚力も兼ね備え、安定した守備も光る。札幌日大高時代は全道大会4強が最高成績だったが、着実に力をつけた。アグレッシブで強気な性格もプロ向きだ。
育1位 宮田輝星・外野手・福岡大 担当スカウト:林孝哉
50メートル5秒台の俊足が売りの両打ちの外野手。右打席ではコンパクトなスイングを見せ、左打席では内野安打も狙えるなど、脚力を生かしたスイッチヒッターとして存在感を発揮。強肩が武器の守備も安定感がある。自らの存在価値を高めた「足」を生かした活躍に期待がかかる。
育2位 樋口龍之介・内野手・BC新潟 担当スカウト:多田野数人
横浜高では柳裕也投手(中日)と同世代の内野手。1つ上の世代となる近藤健介選手を目標にバッティングに磨きをかけてきた。今季のリーグ戦では打率、打点、本塁打いずれもトップクラスの好成績を残した。力強いスイングとガッツあふれるプレーが魅力のスラッガー。
育3位 長谷川凌汰・投手・BC新潟 担当スカウト:多田野数人
最速153キロを誇るBCリーグNo.1右腕。大型の本格派でスライダー、フォーク、カーブでのコンビネーションを生かしたスタイルで、先発と中継ぎの両面での適性を併せ持つ。昨年指名漏れした悔しさをバネに、今年さらに総合力を上積み。同リーグで11勝を挙げ、北海道日本ハムファイターズOBの清水章夫監督とのプロ入りの約束を果たした。

 

Posted by yuki


PAGE TOP