横浜DeNAベイスターズのドラフト指名予想

横浜DeNAベイスターズ/ドラフト最新記事

以前のニュースはこちら

補強ポイント分析

チーム構成(年齢・ポジション別):2020年

:ルーキー、:退団、:加入

投手 野手
捕手内野手外野手
右打左打右打左打
浅田将汰 19東妻純平田部隼人森敬斗  
勝又温史,宮城滝太 20益子京右    
阪口皓亮,中川虎大櫻井周斗21 知野直人   
京山将弥 22山本祐大松尾大河 細川成也 
綾部翔,伊勢大夢坂本裕哉 23   青柳昴樹,蝦名達夫 
上茶谷大河,飯塚悟史 24 伊藤裕季也百瀬大騎 宮本秀明,楠本泰史
平良拳太郎東克樹,砂田毅樹25    関根大気
水野滉也,笠井崇正濱口遥大26 狩野行寿  佐野恵太
大貫晋一,齋藤俊介,田村丈今永昇太,古村徹
濱矢廣大
27  柴田竜拓桑原将志神里和毅,乙坂智
山崎康晃,寺田光輝
進藤拓也
石田健大28  山下幸輝  
国吉佑樹 29    筒香嘉智
赤間謙 30戸柱恭孝,嶺井博希飛雄馬倉本寿彦  
平田真吾,三上朋也
三嶋一輝,武藤祐太
田中健二朗
中後悠平
31伊藤光中川大志   
  32 宮崎敏郎,中井大介  梶谷隆幸
  33西森将司
靏岡賢二郎
大和   
井納翔一 34  石川雄洋  
藤岡好明 35     
  36     
  37     
  38     
  39     
  40~     
  小計     
 合計 

2019年の戦力と将来のチーム予想

投手
 2019年5年後予想
先発今永昇太 (26)13勝6敗
上茶谷大河(23) 7勝6敗
濱口遥大 (25) 6勝5敗
大貫晋一 (26) 6勝5敗
平良拳太郎(24) 5勝6敗
井納翔一 (33) 4勝5敗
今永昇太 (31)
石田健大 (32)
上茶谷大河(28)
濱口遥大 (30)
大貫晋一 (31)
阪口皓亮 (25)
平良拳太郎(29)
東 克樹 (29)
勝又温史 (24)
中継ぎ三嶋一輝(30)71試合28HP
国吉佑樹(28)53試合14HP
石田健大(27)40試合11HP
三嶋一輝(35)
国吉佑樹(33)
砂田毅樹(30)
抑え山崎康晃(27)61試合30S山崎康晃(32)
2軍
(3年目まで)
中川虎大(20) 104.0回
阪口皓亮(20)  94.1回
京山将弥(21)  90.0回
勝又温史(19)  48.0回
飯塚悟史(23)  46.2回
櫻井周斗(20)  32.0回
野手
守備2019年5年後予想
捕手伊藤光(30)  77試合、打率.260益子京右 (24)
一塁手ロペス     131試合、打率.240、28本佐野恵太 (30)
二塁手柴田竜拓(26)100試合、打率.234伊藤裕季也(28)
三塁手宮崎敏郎(31)103試合、打率.279、13本宮崎敏郎 (36)
遊撃手大和  (32)127試合、打率.232柴田竜拓 (31)
外野手ソト      130試合、打率.266、39本
筒香嘉智(28)128試合、打率.272、28本
神里和毅(26)121試合、打率.279
神里和毅 (31)
細川成也 (26)
楠本泰史 (28)
2軍・捕手山本祐大(21) 51試合、打率.255
益子京右(19) 31試合、打率.247
【予想打順】
1神里
2楠本
3佐野
4細川
5宮崎
6伊藤
7柴田
8益子
2軍・内野手伊藤裕季也(23)91試合、打率.241、14本
知野直人 (20)85試合、打率.203、 7本
2軍・外野手関根大気(24) 83試合、打率.329、12本
細川成也(21) 73試合、打率.293、15本
宮本秀明(23) 86試合、打率.232
楠本泰史(23) 70試合、打率.315、 7本

補強ポイント

2019年戦力から

【先発●】先発投手は故障者が多かったものの、エース・今永投手とルーキーの上茶谷・大貫投手がローテーション入りした。濱口、東の両左腕は2ケタを勝てる力があり、平良・井納も右の先発として力を見せる。また、若い京山も登板をしている。故障者が出なければリーグ随一の先発陣であっただろう。
【リリーフ▲】山崎は30セーブを挙げており、終盤・大事な場面での痛打もあったが十分頼れる内容である。リリーフは先発同様に三上、砂田、田中など故障者が出て、三嶋、国吉とエスコバーに頼る形になり、石田などもリリーフに回った。これだけ投げると翌年の影響は出そうで枚数は足りないと感じられる。
【捕手●】捕手は伊藤選手の加入が大きく、実績のある戸柱、嶺井の3人で回った。打撃面でも捕手であれば十分だとは思われる。ただし、さらに上を目指すならば打てる捕手は獲得したい。
【内野手▲】ロペス、宮崎、大和はバランスよく固定メンバーだが、ロペスにやや年齢を感じさせる部分が出てきている。柴田、大和などは守備・打撃はある程度あるものの、ソトを二塁で守らせるなどやや物足りなさも感じさせられる。チーム全体では左の内野手の数は多いが、1軍では右の選手が活躍しており、左の内野手は補強ポイントとなる。
【外野手●】神里、筒香とソトは十分強力な布陣、ソトがセカンドに入り、佐野、楠本、乙坂、細川などが入り、次も見据えての起用も行われている。梶谷がシーズン通して活躍できない状況が続いているが、故障なく万全にできたとしてもやはり筒香の穴は大きい。

世代表・将来のチームから

【投手◎】実績がある先発左腕陣と、上茶谷と高校卒右腕の質も高く、投手王国はまだ続いて行けそうだ。ただし、リリーフの枚数は足りない事から、先発をさらに獲得し、適性を見てリリーフを託す投手、またはリリーフとして実績のある投手は獲得したい。
【捕手▲】若い選手が全くいない所から山本、益子が加わっているが、1軍でプレーする選手が30代となっており、22歳前後の捕手の補強は必要。
【内野手×】若いショートの候補がほとんどいない危機的な状況、左右関係なく2人は補強をしたい状況
【外野手▲】筒香選手が抜ける事から大きなポジション争いとなる。左は楠本、佐野、乙坂、関根など期待される選手が多い。右も細川がいるが数は少ない。主砲候補として対抗できる選手が欲しい。また、細川より下の若い選手もいなくなっており、若い右の大砲が必要か。

戦力外・引退

 1次発表では右投手が4人、左が1人、捕手が1人、右の内野手3人、右の外野手が1人戦力外となった。また、筒香選手のメジャー移籍も確実視される。右投手は数は少ないものの若手投手を積極的に指名している。右の内野手も絶対的な数は多く、年齢がやや高くなっていたが3人の戦力外で最低でも2人は補強が必要とみられる。

フロント・監督のビジョン

〇監督:外野手出身
 ラミレス監督が5年目となる指揮を執る。チームの運用を重視し、固定メンバーというよりいろいろなメンバーをデータや調子を見て起用する。そのため、ファンも落ち着いてみていられない所があり、批判も多い。ただし、故障者が多い中で2位を確保したのは十分評価できる。様々なオプションを考え、特徴のある選手をバランスよく保持しておくことが理想と考えているとみられ、捕手、ショート、1番などもバリエーションを求める。

 ただし、若手は失敗しても固定して起用されることで成長していくようなところもあり、試合に出たり出なかったりによって思うように伸びない所もある。そのためには即戦力のある程度力のある選手が評価されがちになる可能性がある。

 チームはエース・4番・ショートなどトップランクの選手を獲得したいと考えているが、その年のNO.1だけを指名するわけではなく、単独1位指名なども柔軟に行う。左腕投手のドラフト1位が続いていてもそれを気にすることはない。

 狭い横浜スタジアムでプレーし、ホームランで試合が決まる印象は強い中で、ホームランを打てる選手を集める。ただ、その中でも投手力の充実を最も重視している。

補強ポイントまとめ

 投手捕手内野手外野手
2019年戦力から
将来のチームから
戦力外・引退から 
チーム・監督の方針から
実際の指名予想211111 

スカウティング情報

視察選手

※数字は優先順予想

スカウトコメント

佐々木朗希 大船渡三原球団代表:○「リリースがしっかりしていてボールの角度がある。リミットを外した時にどんなボールを投げるのか期待感がある。」
吉田スカウト部長:○「心配していたことが起きた。アクシデントだから仕方がない。いい時を知っている。評価は変わらない。体質だから投げて強くしていけばいい」
◎「文句のつけようがない。投球センス、フォームも良く、あの大きな体でもクイックも上手だし、軸もぶれない。指先から足の先まで神経が通っている。」
◎「4月の候補合宿以来にみましたけど、球のキレが良くなっているし、コントロールもいいし素晴らしい。ブランクも全く感じなかった。高校屈指の投手。フォークもあるし、あらゆる打者を抑えられる。抑えのような形で出るのか、先発なのか楽しみ。いいのは分かっているし、見るたびにしっかり成長している。まだこれから伸びると思います。」
◎「足の上げ方が素晴らしい。フォームにもアクセントがあり威圧感がある。プロでも十分通用する」
進藤編成部長:○「リリースも安定していてスケールが大きい。本気で投げた球が何球あったか分からないけど、リミットが外れたときにどれくらい投げるか、ワクワクする」
欠端スカウト:△「夏を考えて、真っすぐを生かすための変化球を試しているのだろう」
森下暢仁 明治大吉田スカウト部長:○「球には力がある。もうちょっと制球は良いはずだけれど、今日は佐々木くんの投球も見て力んじゃったのかな。でも今はそれくらいのほうが良いんですよ。」
◎「即戦力投手の中ではNo.1」
◎「高校時代から期待しているけれど、球速も出てきたし、投球に厚みが増してきた。去年までよりも、自信を持って投げている感じがする。大学生投手では一番いいよ。Aクラスの評価です。」
進藤編成部長:○「評価は変わらない」
篠原スカウト:○「中4日で疲労もある中、押したり引いたり投球がうまい。ゲームを作る能力が高い」
八馬スカウト:○「チームがどう判断するか僕らの手から離れている」
◎「大学ではNO.1、1位候補です」
◎「森下は1位候補になってくる。伊勢も馬力がある」
奥川恭伸 星稜三原球団代表:◎「いい投手。もちろん1位候補であることは間違いない」
吉田スカウト部長:◎「甲子園の疲れも取れただろうし、同じような投球が見られた。本塁打を打たれて配球を変え、相手を見ながら投げられていた。今日みたいな投球ならプロでもなかなか打てない」
◎「マウンド度胸もあって、伸びしろも感じる。打者との駆け引きができる。要所要所を計算して投げられている。まっすぐが速いのは一番いいし、球の押し込みもできている。強いて課題を挙げるなら変化球の精度。1位候補に入ってくる」
◎「マエケンみたい。高校時代を比べれば奥川の方が上。上体が柔らかく、内角ストレート、外のスライダーの組み立てが上手。カウントが取れ、勝負球にもなるスライダーは、プロでも打てない。ステップが小さいから球に角度もつく。スピードガン以上に早く見える。フォームに癖がないし、鍛えていけばスピードもまだまだ出る。1位12人に入る可能性はある」
大久保スカウト:○「ボールも速いし、プラスブレーキのあるスライダーがある。これからもっと良くなると思う。期待できます。」
西純矢 創志学園吉田スカウト部長:○「フォームがいい。落ち着いて投げている。自らの力を思い切り使って、腕を振って投げることができる。いいピッチャーだね、楽しみ。」
安部スカウト:◎「1位候補。馬力が高校生としてはすごい。こちらが思ている以上に伸びるんじゃないか」
 井上温大 前橋商吉田孝司スカウト部長:○「いいフォームをしている。可能性を感じる。高橋尚成タイプかな」
 横山楓 国学院大吉田スカウト部長:△「この秋の内容をチェックしていきたい」
河原SD:△「真っすぐは力がある」
 福田光輝 法政大八馬スカウト:○「走攻守とも高いレベルで安定している」
 船曳海 法政大吉田スカウト部長:△「チェックを続けている」
 蝦名達夫 青森大欠端スカウト:○「センターから右に本塁打を打てる長打力が魅力。肩も強く脚力もある」
 柳町達 慶応大河原SD:◎「この調子で打っていけば上位の可能性もある」
八馬スカウト:○「ミートできる力があり、スイングも強い巧打者」
 宇草孔基 法政大八馬スカウト:○「スケールが大きい外野手で、能力が高い」
 浜屋将太 三菱日立PS吉田スカウト部長:○「今日は長いイニングをうまく投げていた」
 海野隆司 東海大稲嶺スカウト:○「守備力はトップレベル。ミート力もあり、大きいのが打てるのも大事」
 本前郁也 北翔大吉田スカウト部長:「万全ではないようだったが、直球のキレは、いいものがあった」
 武岡龍世 八戸学院光星吉田スカウト部長:○「いいところを見せてくれたね。守備の動きも良かった」
 韮澤雄也 花咲徳栄武居スカウト:○「逆方向を意識してシャープに振れている。走塁の意識も高まっている」
 及川雅貴 横浜吉田スカウト部長:○「腕の振りも甲子園の時より良くなっている。これから上がってくるでしょう」
河原SD:△「相手も強いし、甘いところにいくと本塁打になる。もう少し球がクロスに入るといい。状態はしっかり戻ってきているし、あとはこうやって自信をつけていけば」
稲嶺スカウト:○「今年、一番いいんじゃない。成長が見られますね」
○「スピードは魅力だし球の質もいい。投げながら修正していたし、成長している。フィールディングなど、投げるところ以外も能力が高い」
篠原スカウト:△「最速は144キロと、初戦でまずまず」
 谷岡楓太 武田安部スカウト:○「腕を振って投げらるし、ここまで馬力で投げている子はなかなかいないかな。」
 米山魁乙 昌平武居スカウト:○「1回は力の入ったいいボールを投げていました。スピンがかかったストレートの軌道がいい」
 横山陸人 専大松戸進藤編成部長:○「プロでも数少ないサイドで、夏の本番の投球が楽しみ」
 太田龍 JR東日本吉田スカウト部長:○「素材が素晴らしい。きょうは特に躍動感があった」
進藤編成部長:◎「ちゃんと下半身を粘って投げられている。これだけ投げたら十分。調子をキープできれば1位もあるかもしれない」
 石塚綜一郎 黒沢尻工欠端スカウト:○「捕手としては肩の強さはあるし、股関節も柔らかい。打撃は粗削りだけれど将来性は北海道・東北の高校生ではトップクラスかもしれない」
 伊勢大夢 明治大吉田スカウト部長:○「余裕を持って投げている。球の力はある」
 重吉翼 日本航空石川進藤編成部長:○「腕の振りがシャープ。球に力がある」
 高部瑛斗 国士舘大吉田スカウト部長:◎「2部でも100安打は大したもの。野球センス、スイング力を感じるし、足も肩もある」
 井上広輝 日大三進藤編成部長:○「完成度が高い」

横浜DeNAベイスターズスカウト情報

役職名前経歴担当地区 
球団代表三原一晃 
顧問吉田孝司市立神港高 
編成部長進藤達哉高岡商 
スカウティングディレクター河原隆一横浜商高-関東学院大  
スカウト欠端光則岩手福岡高  
スカウト武居邦夫元国士舘大監督  
スカウト八馬幹典奈良・正強高-青森大-三菱自動車京都  
スカウト稲嶺茂夫東海大相模-東海大  
スカウト篠原貴行沖学園-三菱重工長崎  
スカウト安部建輝近大付-近畿大-NTT西日本  
スカウト吉見祐治星林-東北福祉大  
スカウト中川大志桜丘  

DeNAベイスターズのドラフト指名予想

パターン1:理想パターンも育成型

流れ:1位で佐々木投手を指名し見事抽選して獲得、2位でまさかの森選手が残っているという奇跡的なパターン。3位では獲得を目指す外野手を指名する。

狙い:将来のエースとなる佐々木投手の獲得で、右の投手陣の軸ができる。また課題の内野手としてこれ以上の無くスピードと思い切りのあるバッターが加わる。外野手は競う選手は多いものの、筒香が抜ける事でさらに激化する中でさらに競争を煽る。

課題:2020年の優勝に向けて即戦力投手の補強は薄く、4位以下で狙う事になる。

パターン2:2020年型

流れ:1位で森下投手を指名し単独、または抽選で獲得する。2位でも主にリリーフとして起用できそうな投手の獲得をするが、及川投手が残っていたら指名をする。3位では課題の内野手、または筒香選手が抜けて穴の開く外野手の補強を目指す。

狙い:上茶谷投手や2年目のジンクスがあるかもしれず、大貫投手も2年連続で活躍できるかは不明のため、今年も投手を獲得する。森下投手は右のエース格として上茶谷投手クラスの成績を残せそうだ。2位では補強が必要なリリーフタイプとして、真っすぐの威力がある吉田投手、太田投手、または故障の多い三上投手や砂田投手と似たタイプの左右の特徴のある津森・浜屋投手なども候補。または、将来の左のエース候補として及川投手が残っていれば指名する。3位では穴の開く外野手に即戦力として期待される柳町選手などを指名する。

課題:大きな課題となっている若い内野手の獲得は4位以降でできるか。

パターン3:現実パターン

流れ:1位で佐々木投手、森下投手などの指名を外し、即戦力捕手の海野選手を選択する。2位では補強が必要なリリーフタイプとして、真っすぐの威力がある吉田投手、太田投手、または左右の特徴のある津森・浜屋投手なども候補。または、将来の左のエース候補として及川投手が残っていれば指名する。3位では穴の開く外野手に即戦力として期待される柳町選手などを指名する。

狙い:伊藤選手の動向がやや不明、また捕手陣が30代に入るため、22歳前後の捕手を最優先して獲得。海野選手は肩とリードはもちろん、打撃でも横浜スタジアムならホームランを打てる。2位3位はパターン2と同じ。リリーフタイプの獲得で、特に故障の多い三上投手や砂田投手に似たタイプの津森・浜屋投手を狙う。及川投手が残っていれば、将来の左のエースとして指名する。穴の開く外野手をすぐに埋めそうな柳町、高部、佐藤などを3位で指名する。

課題:2020年の優勝を目指すための先発は獲得できない。また、佐々木・奥川・森下の他球団の活躍をうらやむことになる。

パターン4:課題重視型

流れ:1位で佐々木投手、森下投手などの指名を外し、課題となっている内野手の獲得として森選手を指名する。2位はパターン3と同じ。補強が必要なリリーフタイプとして、真っすぐの威力がある吉田投手、太田投手、または左右の特徴のある津森・浜屋投手なども候補。または、将来の左のエース候補として及川投手が残っていれば指名する。3位では穴の開く外野手に即戦力として期待される柳町選手などを指名する。

狙い:森選手はショートとして育てていく。打撃が木製バットに対応できており、守備で時間がかからなければ1年目から出てくる可能性がある。2位、3位は同じだが、リリーフ投手、野手優先の補強となる。

課題:2020年の優勝を目指すための先発は獲得できない。また、佐々木・奥川・森下の他球団の活躍をうらやむことになる。

2019年横浜DeNAベイスターズ ドラフト会議指名選手

順位名前・チームスカウトコメント
1位森敬斗・内野手・桐蔭学園担当スカウト:稲嶺茂夫
走・攻・守、三拍子揃ったNO.1遊撃手。強力な足、肩をいかした躍動感のある守備力と、思い切りの良い打撃はレベルが高い。スピードのあるプレースタイルは魅力があり、将来のレギュラーとして期待。
2位坂本裕哉・投手・立命館大担当スカウト:安部建輝
MAX148km/hのストレートが魅力の投手。制球力と安定感がともにある。140km/h台の直球はキレがあり、変化球を交えたクレバーな投球術が魅力。
3位伊勢大夢・投手・明治大担当スカウト:八馬幹典
スリークォーターから最速150km/hを超える馬力のあるストレートは迫力十分。課題の変化球も成長し、2019年度東京六大学野球秋季リーグ戦では先発で活躍。先発、中継ぎどちらでも1年目から活躍が楽しみなパワーピッチャー。
4位東妻純平・捕手・智弁和歌山担当スカウト:安部建輝
選抜高等学校野球大会と全国高等学校野球選手権大会に5季連続出場。強肩で二塁送球も1秒8台を記録。小柄ながら、打撃でもホームランを兼ね備えた、長打も魅力な強肩・強打の捕手。
5位田部隼人・内野手・開星担当スカウト:安部建輝
長身の大型遊撃手。長打も兼ね備えた、柔らかい打撃が魅力。荒削りな所はあるが、将来の遊撃手レギュラーとして期待できる素材。
6位蝦名達夫・外野手・青森大担当スカウト:欠端光則
走・攻・守でそつがない。バットコントロールに定評があり、勝負強さを兼ね備えており、長打力もある。選球眼も良く、投手が嫌がる打者。守備力も高く、ランナーを先の塁に進ませない。走塁も積極性があり、少しの隙も見逃さない。
7位浅田将汰・投手・有明高担当スカウト:篠原貴行
長身のスタイルから強い腕の振りで繰り出されるストレートは140km/h後半を計測する。ボールの角度もあり、変化球の精度が上がれば楽しみな素材。また、打撃センスもあり長打が打てる魅力もある。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント

  1. 日通の相馬投手もよろしくお願いします

  2. 茅ヶ崎西浜の古村、川崎工科の青柳も忘れずに