横浜DeNAベイスターズのドラフト指名予想

スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズ/ドラフト最新記事

横浜DeNAがドラフト5位指名の専大松戸・深沢鳳介投手に指名あいさつ
DeNAがドラフト1位指名の市和歌山・小園健太投手に指名あいさつ、三浦監督はリモートで
DeNAのドラフト2位・徳山壮磨投手と4位・三浦銀二投手が無失点投げ合い
【文句なし抽選勝利の1位指名】DeNAは三浦監督の色をみせたドラフトで新時代へ
DeNA、法政大・山下輝投手の指名も
DeNAがドラフト前日のスカウト会議、ドラフト1位候補は5,6人
関西学院大・黒原拓未投手が連投、阪神、中日、DeNA、オリックスが2日連続の視察
京都大3年の194cm右腕・水口創太投手が152キロ、スカウト陣驚愕しDeNAスカウト評価
早稲田大・岩本久重選手が本塁打、DeNAスカウト「対応できるようになった」
法政大の紅白戦に8球団が視察、山下輝投手が150キロ記録しDeNA「1位候補です」

以前のニュースはこちら

補強ポイント分析

チーム構成(年齢・ポジション別):2021年

:ルーキー、:退団、:加入

投手 野手
捕手内野手外野手
右打左打右打左打
加藤大松本隆之介
高田琢登
19  小深田大地  
浅田将汰 20東妻純平田部隼人森敬斗  
勝又温史,宮城滝太 21益子京右    
阪口皓亮,中川虎大櫻井周斗
池谷蒼大
22 知野直人   
京山将弥
入江大生
石川達也23山本祐大牧秀悟 細川成也 
伊勢大夢坂本裕哉 24   蝦名達夫 
上茶谷大河,飯塚悟史 25 伊藤裕季也  宮本秀明,楠本泰史
平良拳太郎東克樹,砂田毅樹26    関根大気
笠井崇正濱口遥大27    佐野恵太
大貫晋一,齋藤俊介今永昇太28高城俊人 柴田竜拓
田中俊太
桑原将志神里和毅,乙坂智
山崎康晃
風張蓮
進藤拓也
石田健大29  山下幸輝  
宮國椋丞
国吉佑樹
 30     
  31戸柱恭孝,嶺井博希 倉本寿彦  
平田真吾,三上朋也
三嶋一輝,武藤祐太
田中健二朗32伊藤光    
  33 宮崎敏郎,中井大介   
  34 大和   
  35     
  36     
  37     
  38     
  39     
  40~     
  小計     
 合計 

 

2021年の戦力と将来のチーム予想

※成績は10月7日終了時

投手
 2021年5年後予想
先発大貫晋一(27) 6勝6敗、防御率4.33
今永昇太(27) 5勝4敗、防御率2.86
濱口遥大(26) 5勝7敗、防御率3.94
坂本裕哉(24) 4勝6敗、防御率5.25
京山将弥(22) 2勝5敗、防御率4.97
平良拳太郎(25)
東克樹(25)
上茶谷大河(24)
阪口皓亮(21)
上茶谷大河(29)
濱口遥大(31)
大貫晋一(32)
阪口皓亮(26)
平良拳太郎(30)
東 克樹(30)
坂本裕哉(28)
入江大生(27)
中継ぎ山崎康晃(28) 57試合3勝2敗27H1S
砂田毅樹(25) 55試合2勝2敗17H
石田健大(28) 33試合1勝2敗  2H
平田真吾(31) 36試合2勝0敗  3H
伊勢大夢(23) 32試合0勝0敗  5H
三上朋也(33) 38試合2勝1敗  3H
国吉佑樹(29) 18試合1勝1敗
三嶋一輝(36)
砂田毅樹(30)
石田健大(33)
伊勢大夢(28)
抑え三嶋一輝(31) 54試合2勝5敗1H22S山崎康晃(33)
2軍宮城滝太(20) 11試合48.0回
中川虎大(21) 20試合35.0回
勝又温史(20) 31試合34.1回
池谷蒼大(22) 36試合33.2回
石川達也(23) 13試合30.2回
櫻井周斗(21) 15試合25.2回
野手
守備2021年5年後予想
捕手伊藤 光(33) 53試合、打率.213、  2本
戸柱恭孝(30) 46試合、打率.240、  3本
山本祐大(22) 44試合、打率.129、  1本
嶺井博希(30) 36試合、打率.189、  0本
不明
一塁手ソ  ト  112試合、打率.234、20本宮崎敏郎(37)
二塁手牧 秀悟(23)123試合、打率289、21本
柴田竜拓(27) 72試合、打率.239、  2本
牧 秀悟(28)
三塁手宮崎敏郎(32)129試合、打率.298、16本小深田大地(23)
遊撃手大  和(32) 99試合、打率.253、  2本
森 敬斗(19) 32試合、打率.184、  0本
倉本寿彦(29) 46試合、打率.208、  0本
森 敬斗(24)
外野手佐野恵太(25)129試合、打率.302、14本
桑原将志(28)121試合、打率.315、12本
オースティン107試合、打率.303、28本
関根大気(25) 95試合、打率.214、 1本
神里和毅(27) 75試合、打率.190、 4本
楠本泰史(24) 63試合、打率.282、2本
佐野恵太(30)
桑原将志(33)
細川成也(27)
楠本泰史(29)
蝦名達夫(28)
2軍・捕手益子京右(20) 72試合、打率.235、6本
東妻純平(19) 64試合、打率.153、1本
【予想打順】
1森
2牧
3佐野
4宮崎
5楠本
6小深田
7桑原
8捕手
2軍・内野手小深田大地(18)100試合、打率.215、4本
伊藤裕季也(24) 80試合、打率.229、10本
田部隼人(19) 96試合、打率.185、2本
知野直人(21) 36試合、打率.279、2本
2軍・外野手蝦名達夫(23) 69試合、打率.307、9本
細川成也(22) 56試合、打率.280、16本
宮本秀明(24) 55試合、打率.247、2本

 

補強ポイント

2021年戦力から

【先発×】今永投手が復帰も5勝どまり、濱口、坂本投手も状態の差が大きく、勝ち切ることができない。若手の京山投手、阪口投手も今ひとつの内容で上茶谷投手も開幕から不調、平良投手、東投手の故障も響いた。非常に手薄な先発陣となっている。大貫投手、ロメロ投手の後半の安定感が唯一の救い。

【リリーフ▼】山崎投手がある程度の力を見せるものの、リリーフ1,2年目ほどの力が見られない。ただし観客が入ればまた違ってくると思う。エスコバー投手、砂田投手が奮闘し、伊勢投手も力を見せたが、国吉投手も抜けて層が薄くなった。
 リリーフの三嶋投手はある程度の成績を残したが、中継ぎ時から好不調に波があり、悪い時に抑えきれなくなる所がある。

【捕手▼】伊藤、戸柱、嶺井に若手の山本選手が加わるも、どれも決め手が見られない。複数捕手態勢は悪くないが、軸となる捕手は必要

【内野手▲】宮崎選手は毎年、安定感を見せ、牧選手が加わったのは非常に大きい。ショート森選手も1軍をしっかり経験し、成長が期待される。しかし控えの柴田選手、倉本選手、大和選手などがやや薄くなってきており、新たな選手を加える活性化は必要。

【外野手▼】筒香選手の穴を必死に佐野選手が埋めているが、筒香選手ほどの凄みは見られない。両外国人が調子を落とすと一気に打線が弱く感じられる。
 桑原選手が復活し、攻守に良いプレーを見せたが、神里選手、関根選手がやや薄い。楠本選手は出場すればある程度の結果を残せる。

 

世代表・将来のチームから

【投手×】将来を見ても現状のローテーションと代わり映えしないような感じで、若手のプロスペクト層が薄い。若手投手が下から突き上げてくる球団が強い。そういう選手が必要。
【捕手▲】益子、東妻の競争態勢で、益子選手が成長をしている。山本選手が2軍戦力となり、若い投手が必要。
【内野手▼】小深田選手をかなり使って期待をかける。伊藤選手、知野選手もそろそろ1軍で結果を出さないと、判断されるタイミングになって来ている。森選手が1軍戦力となりそうで、若いショートも必要となる。
【外野手▼】細川選手が期待の時期を抜け、そろそろ結果を出さないと厳しくなる。蛯名選手が結果を出しているが、左右ともに若い選手の層が薄い。

戦力外・引退

あまり戦力になっていない右投手の中堅どころ7人に戦力外。右投手の指名が予想される。

また外野と内野の控えに位置していた乙坂選手と中井選手を戦力外とした。

フロント・監督のビジョン

〇監督:投手出身
 三浦監督は高校卒の生え抜きからチームの右のローテーション格となり、引退をした。その後、ファームで監督を経験し、1軍監督に就任している。

 1年目は結果が出せず、チームの明確なビジョンというものもはっきり見えて来なかった。複数の選手を入れ替えて起用し、ファーム監督時に見ていた関根選手などを起用した。一方で宮崎選手、佐野選手は使い続け、チームの柱として見ていることがわかる。

 フロントはラミレス監督と吉田スカウト部長時代に、ドラフト1位で即戦力投手を指名する形となり、その後も継続している。今永投手、濱口投手、東投手など新人王を争う投手が出て即戦力となり、チームに貢献したものの、昨年の入江投手は故障もあり、1軍の戦力として活躍できなかった。また、そうやって入団した選手が故障で離脱するケースも多く、安定した先発陣ができていない。

 近年は野手の層に不安があり、2019年に森選手、2020年には牧選手を上位指名し、期待のもてる選手となっている。一方で、外野手は佐野選手の成功例もあってかドラフト下位で指名するケースが多い。成績を残しているものの、筒香選手のような日本人の4番という軸が無い。村上選手、岡本選手、大山選手など、ドラフト1位の主軸が活躍する他球団に比べ、外国人頼りとなってりる理由だ。

補強ポイントまとめ

 投手捕手内野手外野手
2021年戦力から
将来のチームから
戦力外・引退から
チーム・監督の方針から
実際の指名予想4010103

スカウティング情報

視察選手

※数字は優先順予想

守備1位指名
太字は入札候補
上位指名視察・リストアップ
右投手小園健太・市和歌山
廣畑敦也・三菱自倉敷
三浦銀二・法政大
達孝太・天理高
畔柳亨丞・中京大中京
竹山日向・享栄
柴田大地・日本通運
岡留英貴・亜細亜大
赤星優志・日本大
横山楓・セガサミー
田中楓基・旭川実
原田泰成・日立製作所
徳山壮磨・早稲田大
米倉貫太・Honda
左投手佐藤隼輔・筑波大
隅田知一郎・西日本工大
森翔平・三菱重工West
山下輝・法政大
黒原拓未・関学大
桐敷拓馬・新潟医療福祉大
鈴木勇斗・創価大
秋山正雲・二松学舎大付
石田隼都・東海大相模
捕手 松川虎生・市和歌山
古賀悠斗・中央大
 
内野手 有薗直輝・千葉学芸北川智也・セガサミー
中山誠吾・白鴎大
星野真生・豊橋中央
川口翔大・聖カタリナ
外野手 ブライト健太・上武大
正木智也・慶応大
前田銀治・三島南

スカウトコメント

ランク選手名スカウト評価
   

横浜DeNAベイスターズスカウト情報

役職名前経歴担当地区 
球団代表三原一晃 
顧問吉田孝司市立神港高 
編成部長進藤達哉高岡商 
スカウティングディレクター河原隆一横浜商高-関東学院大  
スカウト欠端光則岩手福岡高  
スカウト武居邦夫元国士舘大監督  
スカウト八馬幹典奈良・正強高-青森大-三菱自動車京都  
スカウト稲嶺茂夫東海大相模-東海大  
スカウト篠原貴行沖学園-三菱重工長崎  
スカウト安部建輝近大付-近畿大-NTT西日本  
スカウト吉見祐治星林-東北福祉大  
スカウト中川大志桜丘  

DeNAベイスターズのドラフト指名予想

 1位2位3位
パターン1小園健太・市和歌山古賀悠斗・中央大
松川虎生・市和歌山
桐敷拓馬・新潟医療福祉大
秋山正雲・二松学舎大付
パターン2黒原拓未・関学大達孝太・天理高北川智也・セガサミー
パターン3佐藤隼輔・筑波大阪口楽・岐阜第一赤星優志・日本大
横山楓・セガサミー
岡留英貴・亜細亜大

パターン1:右のエース獲得

狙い:チームの立て直しの意味で、エースとなる高校生右腕を指名する。2位では多くの選手が残っていると思うが、捕手の課題もあり、牧選手の後輩の古賀選手を指名する。3位は左腕投手で高く評価をしている桐敷投手などを指名したいが、残っていない可能性が高く、高校生左腕の秋山選手を指名する。

課題:来年の投手陣の再建には繋がりにくいため、東投手、入江投手、上茶谷投手の復活が鍵となる。

パターン2:これまでの路線継承

狙い:東投手、野口投手の形を踏襲し、関西学位リーグの左のエース・黒原投手を単独1位指名。2位では捕手、リリーフ投手の課題もあるが、将来のエース候補として達投手が残っていれば、一番目の指名の利を活かす。3位は内野手の控えの層を厚くするため、即戦力内野手を指名する。

課題:内外野で若い選手の層が厚くならず、将来の野手に課題が残る。

パターン3:将来性重視

狙い:1位では将来の左のエースとなりそうな佐藤投手を指名、2位では外野手の高校生として阪口選手を指名し、将来の4番候補として育てる。3位では来年の投手陣を考慮し、先発なら赤星投手、リリーフなら横山投手や岡留投手を獲得する。

課題:来年の投手陣の再建には繋がりにくいため、東投手、入江投手、上茶谷投手の復活が鍵となる。

2021年横浜DeNAベイスターズ ドラフト会議指名選手

順位名前・チームスカウトコメント
1小園健太
投 市和歌山
高校生離れした投球術、コントロールが魅力な投手。変化球の質も一級品。完成度も高く、将来性十分な世代NO.1の投手の1人。
2徳山壮磨
投 早稲田大
東京六大学を代表する即戦力右腕。MAX152km/hのストレートを軸にキレの良い変化球を交え、三振も取れるコントロール抜群の投手。高校、大学と実績も十分。人間的な信頼も大きい。1年目からローテーションを任せられる投手。
3粟飯原龍之介
内 東京学館
柔らかい打撃でコンタクト能力、対応力が高い遊撃手。脚力を生かした守備範囲と打撃でレギュラーを期待できる選手。
4三浦銀二
投 法政大
MAX150km/hの質の良いストレートに多彩な変化球をコントロール良く投球できる実戦派の投手。完成度も高く奪三振能力も高い。即戦力の活躍を期待。
5深沢鳳介
投 専大松戸
スリークォーターから両サイドにキレの良いボールを投げ分ける。夏の甲子園でも完封するなど大舞台にも強い。しなやかなフォームで伸びしろがあり先発として期待。
6梶原昂希
外 神奈川大
走攻守三拍子揃った好選手。脚力が有り盗塁の成功率も高い。打撃は長打が魅力で勝負強い。守備は強肩で守備範囲の広さは投手を助ける。
育1村川凪 外
四国IL徳島
足のスペシャリスト。四国アイランドリーグplusの2021年盗塁王(40盗塁)。足を使った外野の守備範囲は広く、チームのピンチを救っている。課題の打撃も後期リーグ戦では思い切りが良くなり、ミート力が向上した。
育2東出直也
捕 小松大谷
身体能力の高い強肩強打の捕手。打撃ではシャープなスイングで鋭い打球を飛ばす。守備面では1.8秒台のセカンド送球とインサイドワークに定評がある。経験を積んでいけば将来有望な選手。
育3大橋武尊
外 BC茨城
足のスペシャリストで、守備範囲が広く、守りに不安のない外野手。打撃が課題の打者ですが、長打を狙わずミート力を上げる取り組みができれば、出塁率もついてくる。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント

  1. 神奈川出身の法政の高田投手を是非指名してください。

  2. 個人的には左の長距離砲がほしいと思ってます。
    野手強化のパターンだと2位は即戦力投手で3位は野手だと思いました。

  3. 日通の相馬投手もよろしくお願いします

  4. 茅ヶ崎西浜の古村、川崎工科の青柳も忘れずに