阪神タイガースのドラフト指名予想

 

 

スポンサーリンク

阪神タイガース/ドラフト最新記事

阪神、日体大の矢澤宏太投手をドラフト上位候補にリストアップ
阪神も佐々木麟太郎選手を2年間マーク、今年は日体大・矢澤宏太投手、早稲田大・蛭間拓哉選手、京都国際・森下瑠大投手など候補
阪神など8球団が注目、須磨翔風の143キロ右腕・槙野時斗投手が150キロ目指す
【2021新入団選手発表】阪神の新入団選手の推定年俸・背番号と活躍予想
阪神・森木大智投手が体力測定、立ち幅跳び・30m走で新人トップ
阪神ドラフト6位の豊田寛選手が、契約金3500万円、年俸800万円で仮契約
侍ジャパン大学代表合宿、日体大・矢澤宏太投手が147キロ三者連続三振に阪神・ヤクルト・巨人スカウトも来年ドラフト期待
阪神ドラフト6位の日立製作所・豊田寛選手が都市対抗野球でホームラン
阪神ドラフト1位、高知高校の森木大智投手が契約金1億円、年俸1200万円で仮契約
阪神がドラフト3位の新潟医療福祉大・桐敷拓馬投手と、契約金6000万円、年俸1000万円で仮契約

以前のニュースはこちら

補強ポイント分析

チーム構成(年齢・ポジション別):2021年

:ルーキー、:退団、:加入

投手 野手
捕手内野手外野手
右打左打右打左打
  19  高寺望夢  
西純矢及川雅貴20藤田健斗遠藤成 井上広大 
 川原陸21  小幡竜平  
湯浅京己,牧丈一郎 22     
才木浩人,浜地真澄
佐藤蓮,村上頌樹
岩田将貴23榮枝裕貴   佐藤輝明
望月惇志,小川一平
石井大智
 24   小野寺暖奥山皓太
 伊藤将司25 植田海中野拓夢藤谷洸介 
馬場皐輔,齋藤友貴哉
尾仲祐哉
鈴木翔太
高橋遥人
石井将希
26片山雄哉熊谷敬宥  島田海吏
小野泰己,守屋功輝
藤浪晋太郎
 27長坂拳弥大山悠輔,北條史也木浪聖也 近本光司
青柳晃洋 28坂本誠志郎  中谷将大高山俊,板山祐太郎
谷川昌希島本浩也29  糸原健斗江越大賀 
秋山拓巳岩貞祐太,岩崎優30梅野隆太郎
原口文仁
陽川尚将   
西勇輝飯田優也31     
伊藤和雄 32     
  33  荒木郁也  
  34   俊介 
桑原謙太郎 35     
  36     
 岩田稔37     
  38     
  39     
中田賢一 40~    糸井嘉男
  小計     
 合計 

2021年の戦力と将来のチーム予想

※成績は10月19日終了時

投手
 2021年5年後予想
先発西 勇輝(30)  6勝  9敗、防御率3.68
青柳晃洋(27)11勝  5敗、防御率2.69
伊藤将司(25)  8勝  7敗、防御率2.67
秋山拓巳(29)10勝  6敗、防御率2.68
高橋遥人(25)  3勝  1敗、防御率1.55
西 勇輝(35)
青柳晃洋(32)
秋山拓巳(34)
高橋遥人(30)
村上頌樹(28)
西純矢(24)
中継ぎ岩崎 優(29)54試合2勝4敗36H1S
藤浪晋太郎(26)21試合3勝3敗4H
馬場皐輔(25)37試合3勝0敗  8H
岩貞祐太(29)46試合4勝0敗12H
及川雅貴(19)34試合2勝3敗9H
齋藤友貴哉(25)19試合23.1回
岩崎 優(34)
岩貞祐太(34)
馬場皐輔(30)
齋藤友貴哉(30)
望月惇志(28)
島本浩也(33)
才木浩人(27)
抑えスアレス 
2軍
(25歳まで)
西 純矢(19)17試合85.1回
村上頌樹(23)17試合84.2回
牧丈一郎(21)17試合49.0回
佐藤 蓮(23)16試合34.2回
野手
守備2021年5年後予想
捕手梅野隆太郎(29)87試合、打率.266、6本梅野隆太郎(34)
一塁手マルテ、サンズ外国人
二塁手糸原健斗(28)111試合、打率.272、  2本糸原健斗(33)
三塁手大山悠輔(26)118試合、打率.257、20本大山悠輔(31)
遊撃手中野拓夢(25)121試合、打率.274、 1本
木浪聖也(26) 79試合、打率.193、  1本
中野拓夢(30)
外野手近本光司(26)129試合、打率.316、  9本
佐藤輝明(23)115試合、打率.226、23本
糸井嘉男(39)  69試合、打率212、  3本
ロハスジュニア
近本光司(31)
佐藤輝明(28)
井上広大(24)
2軍・捕手長坂拳弥(27)66試合、打率.212、   0本
榮枝裕貴(23)47試合、打率.257、   1本
【予想打順】
1近本
2糸原
3佐藤
4大山
5外国人
6井上
7梅野
8中野
2軍・内野手小幡竜平(21)65試合、打率.287、   0本
遠藤 成(20)86試合、打率.235、   0本
高寺望夢(19)58試合、打率.162、   1本
2軍・外野手高山 俊(28) 95試合、打率.202、  3本
小野寺暖(23) 75試合、打率.315、  6本
井上広大(19) 68試合、打率.267、  9本
板山祐太郎(28)64試合、打率.265、5本
島田海吏(25) 63試合、打率.344、  3本
中谷将大(28) 59試合、打率.266、  5本

補強ポイント

2021年戦力から

【先発○】西投手は昨年より調子を落としているものの、青柳投手が前半戦に好調で、ルーキーの伊藤投手もローテーションを支えた。年によって好不調のある秋山投手も今年は調子の良い年で、後半戦に高橋投手も快投を見せている。実力の伴った投手陣と言えるが、力で押さえつけるようなエースも欲しいと思ってしまう。

【リリーフ○】岩崎投手は五輪でも見せた力が素晴らしく、長い間活躍できる投手だろう。他には藤浪、馬場、岩貞投手とドラフト1位クラスが力のある球を投げている。及川投手もまだ勉強中だが経験をしている。抑えは外国人投手だが、藤川投手のようなストッパーに出てきほしい。

【捕手○】梅野選手が非常に素晴らしく、シーズンを任せられる。坂本選手もバックアップができる。

【内野手○】糸原、大山の内野手にショートに中野選手が加わり、ひとまず安定をした。これまでも選手が入れ代わり立ち代わりで安定しなかったポジション。まだ木浪選手、小幡選手などとの競争は続き、来年は誰がポジションを取っているかわからないが、打撃で勝負できる中野選手が加わった事は大きい。

【外野手▲】福留選手が抜け大きな課題だった外野手だが、佐藤輝選手が加わり、近本・佐藤は固まった。糸井選手もベテランとなる中でもう一枠を、外国人のために空けるのか、埋めに来るのか。

 

世代表・将来のチームから

【投手▲】西純矢投手にルーキーの村上選手も加わり、次世代の先発陣が育ちつつある。リリーフでもルーキーの佐藤選手などが期待される一方で、才木投手、望月投手、浜地投手といったプロスペクトが成績を残していないのが気になる。

【捕手▲】長坂選手に栄枝選手が加わり、競争状態に。若い藤田選手もおり期待される。もうひとり獲得すれば万全か。

【内野手○】小幡選手が打撃でも結果を出し、上を伺える。遠藤選手、高寺選手の若い選手もいる中で、北條選手、熊谷選手、植田選手の尻に火がついている。23歳の代に選手を獲得し、下からの突き上げとしたい。

【外野手▼】井上選手はもう少し磨きたい所、小野寺選手が上を伺う選手となった。一方で、高山選手、板山選手、中谷選手の出場が多いが、そろそろ判断のタイミングとなりそうで、これらの選手からファームのポジションを奪うような若い選手を獲得したい。

戦力外・引退

 チームの上の年齢の選手から引退や戦力外で離れていく感じで、30歳代の選手が少なくなった。また、右投手の鈴木投手、左投手の石井投手、左打ちの藤谷外野手が戦力外となったが、各ポジションで競争に勝てなかった選手が戦力外となっている。

フロント・監督のビジョン

〇監督:捕手出身
 矢野監督も2019年に1軍監督に就任し、3シーズンを戦った。いずれも結果を出している。就任時は将来性を見た補強を希望するも、2018年と2020年は大学、社会人の即戦力を指名し、近本、木浪、佐藤輝、伊藤将、中野と即戦力の選手が1軍をもり立てている。

 一方で2019年はドラフト1位から5位まで高校生を指名しており、1年おきに即戦力ドラフトと高校生ドラフトを繰り返すのであれば、今年は高校生中心ということになる。ただし、チームは優勝争いをしており、優勝へのピースを獲得するということになれば、高校生に偏るということはなさそう。高校生と大学・社会人をバランスよく指名するのではないかと思う。

補強ポイントまとめ

 投手捕手内野手外野手
2021年戦力から
将来のチームから
戦力外・引退から
チーム・監督の方針から
実際のドラフト指名231  11

スカウティング情報

視察選手

※数字は優先順予想

守備1位指名
太字は入札候補
上位指名視察・リストアップ
右投手森木大智・高知高
小園健太・市和歌山
廣畑敦也・三菱自倉敷
達孝太・天理高
畔柳亨丞・中京大中京
横山楓・セガサミー
北山亘基・京都産業大
吉村貢司郎・東芝
翁田大勢・関西国際大
飯田琉斗・横浜商大
山本大揮・九州国際大付
花田侑樹・広島新庄
黒田将矢・八戸工大一
黒木優・九州文化学園
齋藤央兆・ロキテクノ富山
飯塚亜希彦・ロキテクノ富山
左投手 佐藤隼輔・筑波大
黒原拓未・関学大
隅田知一郎・西日本工大
山田龍聖・JR東日本
松浦慶斗・大阪桐蔭
山下輝・法政大
鈴木勇斗・創価大
森翔平・三菱重工West
木村大成・北海高
桐敷拓馬・新潟医療福祉大
泰勝利・神村学園
羽田慎之介・八王子
捕手  古賀悠斗・中央大
松川虎生・市和歌山
安田悠馬・愛知大
高木翔斗・県岐阜商
内野手 田村俊介・愛工大名電池田来翔・国士舘大
粟飯原龍之介・東京学館
米山航平・市尼崎
外野手 阪口楽・岐阜第一池田陵真・大阪桐蔭
福元悠真・大商大
前川右京・智弁学園
丸山和郁・明治大

スカウトコメント

ランク選手名スカウト評価

阪神タイガーススカウト情報

役職名前経歴担当地区 
球団副社長兼本部長谷本修 
球団本部長(アマスカウト担当)嶌村聡統括 
球団本部アマスカウト顧問佐野仙好前橋工高-中央大全国 
球団本部プロスカウト兼アマスカウト編成ディレクター)永吉和也  
球団本部次長(統括スカウト)畑山俊二箕島高-近畿大-住友金属全国 
アマスカウト熊野輝光志度商-中央大-日本電気  
アマスカウト山本宣史PL学園高-近畿大関西 
アマスカウト平塚克洋春日部共栄-明治大-朝日生命関東 
アマスカウト葛西稔東北-法政大東北 
アマスカウト田中秀太熊本工九州 
アマスカウト吉野誠大宮東高-日本大関東 
アマスカウト筒井和也松山北-愛知学院大北信越 
アマスカウト渡辺亮鳴門工-同志社大-日本生命四国・関西 

阪神タイガースのドラフト指名予想

 1位2位3位
パターン1森木大智・高知高黒原拓未・関学大田村俊介・愛工大名電
吉野創士・昌平
パターン2佐藤隼輔・筑波大吉村貢司郎・東芝
三浦銀二・法政大
池田来翔・国士舘大
安田悠馬・愛知大
鵜飼航丞・駒澤大
パターン3達孝太・天理高阪口楽・岐阜第一松川虎生・市和歌山
有薗直輝・千葉学芸
粟飯原龍之介・東京学館

パターン1:理想パターン

狙い:ドラフト1位でマークを続けていた森木投手を獲得、将来のエース候補となる。2位でもマークをしていた即戦力左腕の黒原投手、3位では将来の主軸の外野手候補として、左なら田村選手、右なら吉野選手を指名する。

課題:内野手の獲得が無いため、来年、中野選手が今年くらいの成績を残せるか。

パターン2:即戦力パターン

狙い:高校時から注目していた左腕・佐藤投手を1位で指名する。2位では先発右腕の吉村投手、三浦投手を指名し、左右の即戦力で来年の投手陣を厚くする。3位では糸原選手の競争相手として強打の二塁手・池田選手、強打の捕手として外野もできる安田選手、または右の外野手でレフトを日本人で埋める覚悟で鵜飼選手を指名する。

課題:即戦力ドラフトを2年続けて行うことで,ファームで将来を見て育てる選手は、あまり増えない。

パターン3:高校生パターン

狙い:今年は高校生の年と位置づけ、1位で森木投手などを指名。抽選で外しても達投手を指名する。2位では左の外野手候補として体も大きく肩も長打力もある阪口選手を指名、3位では強打の捕手で松川選手、ポスト大山の有薗選手、遊撃手候補の粟飯原選手などを指名する。

課題:来年の戦力にはなりにくく、今年の戦力で来年を戦う事になる。

2021年阪神タイガースドラフト指名選手

順位名前・チームスカウトコメント
1×小園健太
森木大智
投 高知高
最速154kmのストレートを投げ込む右の豪腕。変化球の質・精度も高く、日本球界を背負って立つ投手になる可能性を持った、総合力の高い本格派右腕。
2鈴木勇斗
投 創価大
最速152kmのストレートを投げ込む力投型左腕。指にかかった真っ直ぐは威力十分で、打者を圧倒できる。スタミナも十分で先発ローテーションの一角を狙える好投手。
3桐敷拓馬
投 新潟医福大
最速150kmの直球を誇る本格派左腕。投球フォームが安定しており、コントロールも良く直球の球威も抜群。完成度が高く、自分の投球術を持っているので、ゲームメイク能力に長けており、1年目から一軍で勝負できる好左腕。
4前川右京
外 智弁学園
名門校で1年生から中軸を任された高校野球界トップクラスのパワーを誇る左の大砲。大きな体格から放たれる飛距離は魅力的で、どの方向にもホームランを打つことのできる将来の中軸候補。
5岡留英貴
投 亜細亜大
サイドスロー気味から繰り出す直球は威力十分のパワーピッチャー。ボールの強さが持ち味でMAXは150km。コントロールも良く、貴重な即戦力のリリーバーとしての活躍が期待できる。
6豊田寛 外
日立製作所
逆方向への長打が光る強肩強打の外野手。積極的な打撃が魅力だが、守備、走塁能力も高く、安定したスローイングに盗塁技術も高い。貴重な右の外野手として即戦力の働きが期待できる。
7中川勇斗
捕 京都国際
二塁送球1.9秒を切る強肩強打のバランス型捕手。春夏共に甲子園に出場し大舞台での経験を積み、チームを牽引する広い視野を持つ。打撃守備共に一級品の力を持つ正捕手候補であり、将来のチームリーダーとしての役割も期待できる。
育1伊藤稜
投 中京大
最速150kmを誇る左の速球派投手。テイクバックの小さいフォームが特徴的で、スピードガン以上に感じる直球とスライダーが最大の武器。プロの世界で制球力を磨けば更に大化けする可能性を持った好左腕。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント

  1. 和田とGMが来年勝負の年だから恐らく投手のナンバー1を指名するでしょうな。
    ただ先の事は考える余裕ないから森は恐らく指名しない。メッセが大リーグに復帰しても、代わりは一杯いるよ。ただこのアホの首脳陣は使わないだけ。だから若手が育たない。巨人を見習いなさい。最近は5年先までの事を見越して選手とってる。そして若手も育ってます。多分今年は不発でしょうね。

  2. 投手に関して、メッセンジャーがメジャーの可能性があるものの頭数はいてる
    リリーフも含めベテランが多いのも目につくが徐々に解消していくのがいいのではないでしょうか
    それ以上に、問題だと思わされるのが打撃陣である
    今季前半、西岡とマートンに加え、新井兄と藤井が「打線を引っ張った
    だが、後半戦前に西岡が、後半から後半半ばまでマートンが調子を崩し代わりの選手が出てこなかったのが、後半戦の結果に大きく響いたのは言うまでもない
    それに比べて、巨人は長野と坂本が悪い中、前半戦は阿部・後半戦は村田とチームを引っ張る選手が出てきたのが優勝に導いた要因と言える
    層の薄い阪神だからこそ、打てる捕手ではなく、強打者の森を獲得するべきではないでしょうか

  3. 阪神は、2013年は必ず松井か大瀬良にいってほしい!!!
    編成を客観的に見れる人なら投手が必要とわかるはず
    ただ地元だっていうだけで森なんかにいったらあかん
    阪神ファンまじキレるで。

  4. 阪神は、2013年は必ず大阪桐蔭の森友哉をドラフト1位指名してほしい!!!
    松井なんかにいったらあかん
    阪神ファンまじ怒るで。

  5. スケールの大きさ、感じさせてくれる可能性、大舞台で残した実績…それに地元出身で何よりも本人が阪神を好きと言ってくれているようなので、個人的にはハズレ1位ででも光星の田村クンを指名してもらいたいです。

  6. 田村を取るべき

  7. 阪神のドラフト1位は北條や。

  8. 伊藤(慶大)が最適

  9. 1位 伊藤隼太(慶応大)
    2位 安達了一(東芝)
    3位 大城基志(JX-ENEOS)
    4位 比屋根歩(日本製紙石巻)
    5位 森和樹(市立柏)

    こんなもんでどうでしょ。

  10. 今の野球、特に甲子園のような大きな球場をホームとする阪神の4番は勝負強い中距離ヒッターが適任かと。

  11. 野手なら高橋周平、投手なら菅野に行くべきです。

  12. 今シーズンで、メジャー復帰が考えられる、マートンやじじいの金本などが情けないので、やはり
    慶大伊藤が順当だと思います。
    はずれは高橋などが、考えられます、個人的には金沢の釜田がいいと思います!

  13. 僕は 慶応の伊藤よりも 東海大甲府の 高橋周平に魅力を
    感じます 四番不在の阪神に必要な選手やと思います