中日ドラゴンズのドラフト指名予想

中日ドラフト

 

中日ドラゴンズ/ドラフト最新記事

以前のニュースはこちら

補強ポイント分析

チーム構成(年齢・ポジション別):2020年

:ルーキー、:退団、:加入

投手   野手
捕手 内野手 外野手
右打 左打 右打 左打
    19          
  垣越建伸 20 石橋康太   根尾昂    
石川翔清水達也
山本拓実
  21     高松渡 伊藤康祐  
藤嶋健人   22   石垣雅海      
勝野昌慶 小笠原慎之介 23          
梅津晃大鈴木博志   24         滝野要
鈴木翔太丸山泰資
石田健人マルク
  25          
柳裕也大蔵彰人 笠原祥太郎 26     高橋周平京田陽太
溝脇隼人
武田健吾 渡邊勝
佐藤優木下雄介 濱田達郎 27       近藤弘基  
三ツ間卓也
阿知羅拓馬
福敬登浜田智博 28 加藤匠馬 三ツ俣大樹 石岡諒太    
伊藤準規、福谷浩司 岡田俊哉 29 桂依央利木下拓哉
杉山翔大
      友永翔太
小熊凌祐、又吉克樹 松葉貴大 30   石川駿      
田島慎二   31   阿部寿樹     井領雅貴遠藤一星
  大野雄大 32   堂上直倫、福田永将 亀澤恭平 平田良介  
祖父江大輔   33          
    34 大野奨大        
谷元圭介   35         大島洋平
吉見一起   36 武山真吾        
    37          
    38          
    39         藤井淳志
山井大介、松坂大輔   40~          
    小計          
  合計  

2019年の戦力と将来のチーム予想

投手
  2019年 5年後予想
先発 柳裕也 (25)10勝5敗
大野雄大(31) 8勝8敗
梅津晃大(23) 4勝1敗
山井大介(41) 3勝5敗
山本拓実(20) 3勝3敗
小笠原慎之介(22)3勝1敗
柳裕也 (30)
梅津晃大(28)
山本拓実(25)
小笠原慎之介(27)
笠原祥太郎(30)
勝野昌慶(27)
中継ぎ 福敬登(27) 52試合20HP
藤嶋健人(21)32試合14HP
谷元圭介(34)38試合13HP
藤嶋健人(26)
清水達也(25)
抑え 鈴木博志(23) 25試合14S
岡田俊哉(28) 53試合13S
鈴木博志(28)
2軍
(3年目まで)
清水達也(20) 60.2回
勝野昌慶(22) 53.1回
垣越建伸(19) 32.2回
野手
守備 2019年 5年後予想
捕手 加藤匠馬(27) 81試合、打率.229 石橋康太(24)
一塁手 ビシエド    129試合、打率.319  
二塁手 阿部寿樹(30)115試合、打率.298 京田陽太(29)
三塁手 高橋周平(25)103試合、打率.303 高橋周平(30)
遊撃手 京田陽太(25)126試合、打率.259 根尾昂(24)
外野手 大島洋平(34)129試合、打率.316
平田良介(31) 82試合、打率.287
アルモンテ    49試合、打率.329
石垣雅海(26)
伊藤康祐(25)
滝野要 (28)
2軍・捕手 石橋康太(19) 46試合、打率.186 【予想打順】
1京田

3根尾

5高橋周
6伊藤康
7石垣
8石橋
2軍・内野手 根尾昂(19) 108試合、打率.210
高松渡(20)  82試合、打率.278
2軍・外野手 石垣雅海(21) 81試合、打率.243
伊藤康祐(20) 67試合、打率.233
滝野要 (23) 69試合、打率.250

補強ポイント

2019年戦力から

【先発●】先発投手は20歳から25歳の若い右腕投手の成長が目立ち、シーズン終盤に結果を残した。左腕は若い小笠原投手、笠原投手がいるが、もう1枚必要。
【リリーフ▲】リリーフは外国人頼りとなった。浅尾、岩瀬、又吉、田島、福谷といったリリーフが活躍して強かった時代から大きく変わり、現在は構築期となっている。藤嶋、鈴木博の若い2枚は今後も期待したいが、右、左ともにまだ枚数が足りない。先発が豊富になった場合にリリーフに転向させる事も考えられる。
【捕手▲】捕手は加藤選手の強肩に託して起用をしたが、打撃の課題が残った。木下拓哉選手が2番手となったが、これから期待して使いたいという所まで行かなかった。
【内野手●】内野の4人は結果を残したと言ってよい。ただし、かつての森野選手のようなチームの核となるような選手になり切れていない。
【外野手▲】大島選手は試合数も多く役割を果たした。平田選手が82試合止まりで外野のもう1枚は不在だった。福田選手がユーティリティーである程度の結果を見せるが、1,2枚はまだ足りない印象。

世代表・将来のチームから

【投手◎】先発投手は若い世代が台頭しており、エースとして投げられそうな投手もいる。右腕を中心に投手王国になる可能性が非常に高い。左は若い世代、大学卒世代の層が薄く、小笠原投手などを脅かす力のある左腕を獲得したい。
 ただし、リリーフの枚数は足りない事から、先発をさらに獲得し、その中からリリーフを託せる投手を作りたい。
【捕手▲】将来を見ると石橋選手一人という寂しい状況。高校世代、大学世代で1人、2人は必要だろう。
【内野手●】ショートの候補がいるのは強みで、若くて守れる内野陣を形成できそうだ。ただし、右打ちの内野手、また一塁でもホームランを狙える選手は外野手も含めて考慮したい。
【外野手▲】将来を期待できる選手も2人しかおらず、枚数がまだ圧倒的に足りない。左右共に足りず、1番を任せられる足のある外野手もいない。

戦力外・引退

 戦力外の1次発表では中堅の捕手2名、外野手2名、内野手1名が戦力外となった。またユーティリティの藤井選手が引退し、ベテランでは松坂大輔投手がチームを離れる。
 ドラフトでは、内野、捕手、外野でそれぞれ1名の指名が予想される。

フロント・監督のビジョン

〇監督:投手出身
 与田監督はこの1年間で若手をかなり起用した。また高橋、加藤といった選手を固定して使い、成長を促した。シーズン終盤にはAクラスに手が届きそうになった事もあり、育てながらAクラス入りを狙う所まで持ってきた。今年活躍した選手が来年定着するかという段階で、来年もまだ若い選手を使いながら、CSを経験させ、2021,22年くらいに固定メンバーで優勝できるチーム作りを目指している。

 ナゴヤドームの戦い方から、投手中心、守備中心にせざるを得ず、ホームランでの得点はなかなか期待できない事から、少ない失点と着実に1点を奪う戦い方となる。ただし、残り半分のアウエーでの戦いは狭い球場で戦う事もあり、ホームランで試合を決められる選手も欲しい所だ。

補強ポイントまとめ

  投手 捕手 内野手 外野手
2019年戦力から
将来のチームから
戦力外・引退から      
チーム・監督の方針から  

スカウティング情報

視察選手

※数字は優先順予想

守備 1位指名
太字は入札候補
上位指名 視察・リストアップ
右投手 奥川恭伸 星稜
佐々木朗希 大船渡
森下暢仁 明治大
西純矢 創志学園
立野和明 東海理化
宮川哲 東芝
鈴木寛人 霞ヶ浦
前佑囲斗 津田学園
太田龍 JR東日本
浅田将汰 有明
落合秀市 和歌山東
吉田力聖 光泉
大西広樹 大商大
小孫竜二 創価大
村西良太 近畿大
北山比呂 日体大
横山楓 国学院大
杉尾剛史 宮崎産経大
稲毛田渉 仙台大
米田知弘 大阪大谷大
藤田凌 岐阜各務野
左投手 河野竜生 JFE西日本
宮城大弥 興南
及川雅貴 横浜高
浜屋将太 三菱日立PS 米山魁乙 昌平
井上温大 前橋商
玉村昇悟 丹生
菅田大介 奈良学園大
大関友久 仙台大
小林快 仙台大
松田亘哲 名古屋大
捕手 海野隆司 東海大
佐藤都志也 東洋大
山瀬慎之助 星稜 橋本大樹 山村学園
内野手 石川昂弥 東邦高   武岡龍世 八戸学院光星
韮澤雄也 花咲徳栄
紅林弘太郎 駿河総合
外野手   佐藤直樹 JR西日本
谷川刀麻 近畿大
 

スカウトコメント

奥川恭伸 松永編成部長:○「ここまで全国区の人気はそうない。甲子園で勝ち、人気が出た。それも魅力」
「気持ちが入っている中でも制球ミスがない。文句のつけようがない」
○「全国の好投手たちが地方大会で負けた中で、甲子園に出てきてしっかり投げられるのはすばらしい」
米村チーフ:○「試合の間隔が空いていて、ちょっとコントロールが甘かった。人気は上がっている」
「県大会では仕上がってないという印象を受けたけど、甲子園の大舞台に合わせてギアを上げてきた。総合力、勝ち抜くセンスはBIG4の中でも抜けている。佐々木に近づいてきている。勝つ事がすべてのプロでやっていけるだけの素質がある」
○「評価はこの大会でワンランク挙がったでしょう。」
「素材は佐々木が断トツ。でも総合力の高さは奥川がBIG4の中で断トツでNO.1。素材型の佐々木、総合力の奥川、馬力の西、左腕の及川。1―0で勝つのがエース。今日も1-0の9回を3人であっさり抑えた。1軍ですぐに投げられると予測はつく。制球力や投げっぷりが川上憲伸に近い。ほぼ完成されていて心配はない」
○「勝つためには何をすべきかという投手センスに長けている」
中田SA:○「スライダーは天下一品。実績、経験から安定感は一番。万全じゃないかもしれないが、それで抑えるのはさすが。」
○「エースの自覚も感じられる。プロは勝たないといけない世界。そういう面も大事」
佐々木朗希 松永編成部長:「言うことなし。分かりきっていること。目いっぱい投げていない中で、あれくらいの球を投げられる。投球のバランスもいい。」
米村チーフ:○「セーブして投げていた。あの真っすぐにフォークがあって、全力で投げたらもっとすごいだろう。170キロ出る」
中田SA:「すべてを出し切っていないのだろう。それでこれだけのボールを投げられるのは驚異的。藤波、伊良部に似たタイプと思うが、それ以上のポテンシャルがあるかもしれない。本当の実力はプロに入ってからわかる」
山本チーフ補佐:「ずっと見ていて高く評価している。4日のスカウト会議でも1位候補として高く評価されたが、当日までは決まらない」
「打たれていたのはカウントを取りに行った球だけ。140キロでも良いボールが来ている。ちょっと力を入れると150キロ。長い回を投げることを自分で調整して投げられている。去年なかったフォークボールが大きいね。チェンジアップとフォークで投球の幅が広がった。将来的に見ても別格だ」
○「とりに行くか行かないかだけ」
近藤スカウト:○「球の回転、質はよかった。体が大きい割にしっかり体重移動ができて、投げ切れているところが一番いい。さすがだなという球が拝見できてよかった」
八木スカウト:○「序盤は筋疲労が抜けるのに時間がかかったが、3回以降はなじんできた。力が抜けていても良い球が来ていた。疲れがある中でこれだけ投げられるのは天性。すごいですね」
○「バランスとタイミングで投げているので、そんなに体は張らないと思う。今日投げていない球種を使えば、さらに打ちにくくなる。上にくると、カーブを使ったり奥行きを使ったまた1つレベルが上がった投球ができると思う」
○「直球と同じ軌道で来て曲がる変化球も一級品。」
森下暢仁 松永編成部長:「ストレートとカーブのコンビネーションができている。完璧です」
「大学生の中では一番できている投手。ローテーションに入る素材だと思う。」
「いろんな球種でストライクを取れるところが良い。完成されている投手。今でもポンとローテーションに入れる力を持っている。」
米村チーフ:「即戦力右腕としてはNO.1。決め球となる一流のボールを持っている。タイプ的には細身の体形や球威、球種を見ても岸。1位で競合する選手になった」
「強弱をつけられるので、より勝てる投手になってきた。スタミナも問題ないし条件がそろっている。完成度なら高校生で恐らく一番。いや社会人、大学を合わせても、そうかも知れない」
近藤スカウト:「単独では取れないでしょう」
河野竜生 米村チーフ:「今年の左腕ではNO1,左でコントロールがいいから勝ちを計算できる十分な1位候補。」
○「四球で崩れることが絶対にない投手」
○「緩急が使えて四球を出さない。いい投手の条件」
中田SA:○「力感なく145、146キロが出る。安定感、球威、変化球、制球力があり完成度が高い」
石川昂弥 東邦 米村チーフ:「いろいろなスラッガーを見てきたけど、夏の1打席目で本塁打を打てるのはなかなかない。並大抵の技量、パワー、運じゃない。力と技術でボールを押し込んで逆方向にも打てる、天性の長打力がある勝負を避けられたような四球でスター性も感じる。投手の高校BIG4と甲乙つけがたい。打者ではトップクラス」
○「右打ちで長打力があり打率もいい。結果で高い評価を勝ち取ったと思う。上位候補の頭数に入ってくる。」
近藤スカウト:○「木製で打ってる方がスイングがいい。きれいにスイングできているので十分対応できる」
音スカウト:○「初戦にしてはまあまあ。四球を出さないのは評価できる。いろいろな球を試していたね。まだセンバツ。まだまだ上がってくると思うよ」
海野隆司 東海大 小山スカウト:○「ここぞの場面で打つ勝負強さがあり、捕手として総合的に能力が高い」
西純矢 創志学園 米村チーフ:○「切り替えができるようになった。勝つことを優先して精神的に成長した。10点取られたとしても、評価は変わらない。秋の時点で少し評価は低かったかもしれないけど、一番成長したと思う。」
佐藤都志也 東洋大 正津スカウト:○「バッティングは元々良く、力もあり、勝負強さも兼ね備えている。リードにしても年々良くなっている」
  及川雅貴 横浜 松永編成部長:○「球に力があるし、体も大きくなった。素材としては間違いない。急に球が抜けるのは技術なのか、メンタルなのかはわからないが、それは克服していける」
小山スカウト:○「試合前のランニングから投げたい気持ちが伝わってきた。問題なく投げられただけで十分」
「左右のぶれがなく、バランス良いフォームに戻った」
  立野和明 東海理化 米村チーフ:「フォークがあるので三振がとれる。もちろん上位」
中田SA:
「悪いといっても146キロくらい出ている。これだけの球も投げられるし。上位候補になるでしょうね。」
「社会人で注目度はトップクラス。力を出し切れば、1位候補に挙がってくる」
「今日は変化球の制球がよく、試合をつくれた。上位候補なのは間違いない。本来の調子で球威が出てくれば、1位候補の可能性もある。期待値は高い」
  宮川哲 東芝 小山スカウト:○「球の力がありますね。五十嵐さんのようなタイプ」
  浜屋将太 三菱日立PS 米村チーフ:「順位は別として、左投手で4番目に名前が挙がる可能性がある」
  大西広樹 大商大 米村チーフ:○「エースとしての気迫が伝わってくる良い投手」
「何が何でも抑えるという一番持っていないといけないものをしっかりと持っている。エースとしてのスピリットがある。12人の中に入ってくる」
  村西良太 近畿大 中田SA:○「とにかく球威がある。最低でも6割を思うところに制球できるようになれば打てない。」
  横山楓 国学院大 正津スカウト:○「真っすぐの球質がいい」
  谷川刀麻 近畿大 中田SA:○「体は大きくないが振る力がある。肩も悪くない」
  佐藤直樹 JR西日本 野本スカウト:○「打撃の波はあるもの、それよりも肩と足を評価している。肩は抜群にいい」
  鈴木寛人 霞ヶ浦 小山スカウト:△「今日は真っすぐがカット気味になっていて、本来のものではなかった」
  浅田将汰 有明 三瀬スカウト:○「持ち味の直球を前面に、出し惜しみせず投げていた。いいものがある。まだ荒削りですが体の強さがあるので楽しみです。」
  吉田力聖 光泉 中田SA:○「投球練習不足によるもの。次のイニングには伸びており、将来性を感じさせる」
  落合秀市 和歌山東 中田SA:○「ポテンシャルの高さは遜色ない」
  小孫竜二 創価大 八木スカウト:○「マウンドさばきがいい。球に力はあるので、もっと制球できれば、見栄えが変わって楽しみ」
  杉尾剛史 宮崎産経大 三瀬スカウト:○「沈む球を有効に使いながら落ち着いた投球ができる。ゲームメイクに長けた投手。今年の大学生の中でも楽しみ。昨年と同様に評価は変わっていない」
  太田龍 JR東日本 米村チーフ:○「無四球で投手としての味が出てきた」
  前佑囲斗 津田学園 米村チーフ:○「スピードもあったし、制球も良かった。変化球でストライクを取れるようになりまとまってきた。センバツより良くなっている
  井上温大 前橋商 正津スカウト:○「指先の間隔がいい。ピッチャーとしていいものを持っている」
  米山魁乙 昌平 正津スカウト:○「腕の振りは強く、投げっぷりもいい。今後はしなやかさが出てくれば」
  山瀬慎之助 星稜 米村チーフ:○「山瀬の地肩は超一流。打撃に課題はあっても、まずは守備を重視したい。あの肩は希少」
  橋本大樹 山村学園 小山スカウト:○「肩の強さは感じるので、夏までじっくり見たい」
  紅林弘太郎 駿河総合 清水スカウト:○「打撃はまだまだ伸びると思う。今後も調査していきたい」
  松田亘哲 名古屋大 清水スカウト:○「リーグ戦を通じて投げる真のスタミナがこれからは試されるが、良いものを見た」
  米田知弘 大阪大谷大 中田SA:○「馬力がある。素材として面白い選手」

中日ドラゴンズスカウト情報

役職 名前 経歴 担当地区  
編成部長 松永幸男 芦北-九州東海大-三菱重工長崎 統括  
アマスカウトアドバイザー 中田宗男 上宮高-日本体育大 全国  
アマスカウトチーフ 米村 明 PL学園高-中央大-河合楽器 全国  
アマスカウトチーフ補佐 山本将道 東北福祉大-田村コピー 全国  
スカウト 八木智哉 日本航空高-創価大 北海道・東北  
スカウト 正津英志 大野高-龍谷大-NTT北陸 関東  
スカウト 中原勇一 東筑高 東海  
スカウト 佐藤充 坂戸西-日体大-日本生命 東海  
スカウト 清水昭信 三重高-名城大 東海  
スカウト 近藤真市 享栄高 東海  
スカウト 音重鎮 星稜-名古屋商科大-新日鉄名古屋 中部  
スカウト 野本圭 岡山南-駒澤大-日本通運 中国・四国  
スカウト 三瀬幸司 観音寺一-岡山理大
-NTT西日本中国クラブ
九州  

中日ドラゴンズのドラフト指名予想

  1位 2位 3位
パターン1 奥川恭伸 石川昂弥 山瀬慎之助
パターン2 河野竜生 石川昂弥
佐藤都志也
東妻純平
郡司裕也
藤田健斗
山瀬慎之助
大西広樹
小孫竜二
村西良太
パターン3 石川昂弥 立野和明
宮城大弥
及川雅貴
宮川哲
浜屋将太
山瀬慎之助
東妻純平
藤田健斗
パターン4 海野隆司 宮城大弥
立野和明
宮川哲
浜屋将太
藤田健斗
佐藤直樹

パターン1:理想パターンも育成型

流れ:1位で奥川投手の抽選を獲得、2位で石川選手がまさか残っており、3位で予定通り高校生捕手を指名、偶然も重なり理想的な流れとなった場合。

狙い:奥川投手を獲得し右の先発が期待、これにより右の先発陣からリリーフに回せて、ブルペンにも余裕ができる。スラッガータイプの右の内野手を獲得でき、5年後には根尾、京田のセカンドに、ファースト・サードで高橋・石川と万全の内野陣になる。課題の高校生捕手も獲得でき、石橋選手と競う選手となる。

課題:奥川投手は即戦力期待も、高校生3人の指名となり、2019年はまだ育成の年となってくる。下位で即戦力の指名ができるか。

パターン2:課題補強&2020年型

流れ:1位で左腕の単独指名を狙うか、12球団が佐々木・奥川・森下に指名が集まった場合の外れ1位で河野投手を指名する。2位で石川、佐藤が残っている可能性は低いが残っていれば指名、残っていなかった場合は課題の捕手を指名する。2位までに高校生捕手の指名が無かった場合、3位で高校生捕手の指名。あった場合には即戦力投手を指名する。

狙い:課題の先発左腕投手を獲得でき、小笠原・笠原と左3枚がそろう。課題の高校生捕手、即戦力捕手の獲得ができ、捕手陣の層が厚くなる。2020年シーズンで右腕の先発・リリーフに候補が加わり、Aクラスを狙う布陣となる。

課題:今年のドラフトの目玉クラスの獲得はできず、他球団をうらやむ事になるかも。

パターン3:地元重視型

流れ:1位で抽選を外し、1位で狙っていた投手は全て他球団に奪われたり、あるいは、球団のビジョンを重視し地元の石川選手を指名すると判断する。そうなると2位以降で投手を指名したくなり、残っている選手の中から、地元の右腕・立野投手や、課題の左腕投手として宮城投手、及川投手が残っていた場合は指名する。誰が残っているかにかかってくるが、このあたりの選手が指名できれば、1位指名で抽選を外してもある程度納得できる。3位では左腕投手または課題の高校生捕手を指名する。

狙い:昨年に続き、地元の有力選手の獲得で地元が沸く。石川選手の獲得で高橋周平・京田・根尾・石川の内野陣がイメージできる。左右の先発、または小笠原に続く左腕投手候補、課題の高校生捕手を埋める事ができる。

課題:当初狙っていた佐々木・奥川・森下・河野が獲得できず、他球団をうらやむ事になるかもしれない。

パターン4:課題重視型

流れ:1位で奥川投手など投手をの抽選を外し、地元の石川選手が残っていないか、課題の捕手の指名を優先したパターン。2位では投手の指名をしたくなり、残っている投手から最も高い投手を指名する。3位では高校生捕手の課題を埋めるか、1位で捕手を獲得している事から、左腕投手、外野手など他の補強ポイントの指名をする。

狙い:即戦力捕手の獲得により、バッテリー・打線に着実なレベルアップが図れる。投手も即戦力として考えられ、2020年のAクラス入りを狙う布陣。外野の補強ポイントにも手が回り、大島・平田のベテランからの世代交代を加速できる。

課題:石橋選手と競争する高校生捕手は、4位以降で残っている選手となる。佐々木・奥川・森下・河野投手が活躍するのが羨ましく見える。

2019年中日ドラゴンズドラフト会議指名選手

順位 名前・チーム スカウトコメント
1位    
2位    
3位    
4位    
5位    
6位    
7位    

 


PAGE TOP