中日ドラゴンズのドラフト指名予想

スポンサーリンク

中日ドラゴンズ/ドラフト最新記事

【中日】抽選で外した場合や2位指名で野手指名も
中日、中京大中京・高橋宏斗投手のドラフト1位指名を公表
岐阜第一の阪口楽投手が完投、中日スカウト「野手としての魅力を感じる選手」
中京大中京・中山礼都選手に12球団から調査書、「地元球団に行きたいという思いも」
中京大中京・高橋宏斗投手、「12球団どこでも」も中日に「全ての憧れが詰まった球団」
京都先端科学大・喜多隆介選手に中日・オリックスが視察しオリックスが評価
八戸西の186cm右腕・福島蓮投手に中日・ロッテが視察
中日、ドラフト1位指名は中京大中京・高橋宏斗投手
中日がスカウト会議、中京大中京の高橋宏斗投手を1位指名へ、センターライン強化に中大・五十幡亮汰選手の指名も
天理大の148キロ左腕・森浦大輔投手に8球団14人視察、巨人・ロッテ・中日が評価

以前のニュースはこちら

補強ポイント分析

2020年の戦力と将来のチーム予想

投手

 2020年5年後予想
先発大野雄大(32)9勝5敗、防御率1.92
福谷浩司(29)7勝2敗、防御率2.64
松葉貴大(30)3勝6敗、防御率3.62
柳 裕也(26)4勝6敗、防御率4.26
勝野昌慶(23)4勝4敗、防御率3.70
梅津晃大(24)2勝3敗、防御率3.74
岡野祐一郎(26)2勝2敗、防御率5.36
大野雄大(37)
柳裕也 (31)
梅津晃大(29)
山本拓実(25)
小笠原慎之介(28)
岡野祐一郎(31)
勝野昌慶(28)
清水達也(26)
中継ぎ福 敬登(28)46試合5勝3敗23H
祖父江大輔(33)46試合1勝0敗26H
岡田俊哉(29)29試合2勝2敗  3H  3S
谷元圭介(35)27試合0勝1敗  8H
福 敬登(33)
藤嶋健人(26)
岡田俊哉(34)
鈴木翔太(30)
鈴木博志(29)
抑えマルティネス 
2軍
(3年目まで)
山本拓実(20)7試合39.2回
小笠原慎之介(23)6試合36.1回
清水達也(21)9試合34.0回
鈴木翔太(25)15試合23.2回
野手
守備2020年5年後予想
捕手木下拓哉(28)  73試合、打率.256、  4本郡司裕也(27)
石橋康太(25)
一塁手ビシエド木下拓哉(33)
二塁手阿部寿樹(31)  99試合、打率.247、10本高橋周平(31)
三塁手高橋周平(26)  93試合、打率.310、  6本石川昂弥(24)
遊撃手京田陽太(26)104試合、打率.233、  4本根尾昂(25)
外野手大島洋平(35)103試合、打率.322、1本
福田永将(32)  57試合、打率.240、4本
平田良介(32)  46試合、打率.229、2本
石垣雅海(27)
伊藤康祐(26)
岡林勇希(24)
2軍・捕手石橋康太(20)50試合、打率.302、3本【予想打順】
1岡林
2根尾
3高橋周
4石川昂
5木下
6伊藤康
7石垣
8郡司
2軍・内野手根尾 昂(20)63試合、打率.242、5本
石川昂弥(19)58試合、打率.278、3本
高松 渡(21)53試合、打率.187、0本
2軍・外野手伊藤康祐(21)68試合、打率.231、1本
岡林勇希(19)56試合、打率.281、0本
滝野 要(24)58試合、打率.251、1本

補強ポイント

2020年戦力から

【先発●】大野投手が本来の力を見せリーグを代表するエースの投球を見せた。またリリーフから転向した福谷選手も先発に回って成功、柳投手、勝野投手に、故障で離脱したものの梅津投手、岡野投手と右の層は厚い。左が1人に頼る形になっているが、小笠原投手もいる。また昨年活躍を見せた山本投手、清水投手なども控える。
【リリーフ▼】福投手が今年も良く投げ、岡田投手にベテランの祖父江投手、谷元投手と信頼できるリリーフ陣だった。ただし、藤嶋投手が不調、また鈴木投手はサイドスローに転向をし、確実に計算できるとは言いづらくなった。抑えのエースも外国人頼りとなり、岩瀬投手のような投手が欲しい所。
【捕手●】ある程度打撃のある木下選手が正捕手となった。バックアップに郡司選手も加わり、少し厚みを見せている。余裕があればさらに層を厚くしたい。
【内野手▼】高橋選手はチームの核となった。しかし、京田選手は、守備は十分安定しているが打撃の面でやや物足りなさがあり、守備も打撃も求められる選手じゃないと生き残れない現実を味わっている。阿部選手も日本人最多の10本塁打を打っているが満足いくとは言えない。
【外野手▼】大島選手はいつものように素晴らしい成績を残している。しかし35歳になっており、いつ何かが起きるかは気になる所。また両翼は今年も安定せず、非常に厳しい状況と言える。

チーム構成(年齢・ポジション別):2020年

:ルーキー、:退団、:加入

投手 野手
捕手内野手外野手
右打左打右打左打
竹内龍臣 19 石川昂弥  岡林勇希
 垣越建伸20石橋康太 根尾昂  
石川翔清水達也
山本拓実
 21  高松渡伊藤康祐 
藤嶋健人 22 石垣雅海   
勝野昌慶小笠原慎之介
橋本侑樹,松田亘哲
23郡司裕也    
梅津晃大鈴木博志 24    滝野要
鈴木翔太丸山泰資
石田健人マルク
 25     
柳裕也大蔵彰人
岡野祐一郎
笠原祥太郎26  高橋周平京田陽太
溝脇隼人
武田健吾渡邊勝
佐藤優木下雄介濱田達郎27     
三ツ間卓也
阿知羅拓馬
福敬登浜田智博28加藤匠馬三ツ俣大樹石岡諒太  
伊藤準規、福谷浩司岡田俊哉29桂依央利木下拓哉    
小熊凌祐、又吉克樹松葉貴大30 石川駿   
田島慎二 31 阿部寿樹  井領雅貴遠藤一星
 大野雄大32 堂上直倫、福田永将 平田良介 
祖父江大輔 33     
  34大野奨大    
谷元圭介 35    大島洋平
吉見一起 36     
  37     
  38     
  39    藤井淳志
山井大介 40~     
  小計     
 合計 

 

世代表・将来のチームから

【投手●】ファームでも1軍の実績を残している山本、小笠原、清水投手などが先発をし、いつでも1軍で投げられる体制となっている。左もまだ思うような投球は見られていないがドラフト2位ルーキーの橋本侑樹投手もいる。ただし下から突き抜けて次世代エースとなるような存在はおらず、左も若い層に少ない。
【捕手▼】郡司選手の獲得で1軍の層は厚くなったが、2軍は石橋選手とベテランという配置。また郡司世代も一人しかおらず、22歳の代と18歳の代で獲得をしてもいいくらい。
【内野手▼】根尾選手、石川選手の1位コンビがおり、サードと二遊間は将来が期待できる。ただし、ベテランの方に選手が多く、若い層はまだ安心とは言えない。1軍の層の薄さもあり、二遊間で即戦力の選手を指名したい。
【外野手×】ベテラン層に選手が多く、滝野選手、岡林選手、伊藤選手と、将来を期待したい選手の数が少ない。岡林選手を獲得したが、やはりまだ危機的状況と言える。

戦力外・引退

 今年は新型コロナの影響でリーグ戦開幕が遅くなり、まだペナントレースを行っているため、戦力外の発表はされていない。

フロント・監督のビジョン

〇監督:投手出身
 与田監督は昨年に高橋選手や加藤選手を使い続け、高橋選手はチームの核となった。今年は加藤選手は外され、木下選手が正捕手として多く起用された。Bクラスが続いているチーム状況にあり、就任した昨年は、2021年、2022年頃にAクラス、優勝を目指していたと思うが、昨年は4位、今年はAクラスに残っており、与田監督は来年の優勝を目指し始めた。

ただしチームは一昨年は根尾選手、昨年は石川選手と、当初の長期的な補強をしており、今年は即戦力を求める監督と、将来のチーム作りを進めたいフロント側で若干の考え方の開きが見られる。

与田監督は現場の意見として即戦力の投手がもう1枚いれば来年の優勝を目指せると話す。ただし、チーム状況を見ると、先発投手陣はファームも含めて数が多く、リリーフの方に不安を感じさせる。また、野手の方が補強ポイントが多いように見られる。

広いナゴヤドームの戦い方から、打者よりも投手を中心とした守りの野球を行うのは間違いはないが、巨人とは防御率は0.3点くらいの差なのに対し、打点数で80点の大きな差が付けられているのは非常に気になる。

今年は新型コロナの影響で打者が仕上がらないまま戦いが進んでおり、セリーグは、だいたいチーム防御率の順位でチームの順位が決まっているが、長いシーズンに戻った場合、暑い夏に投手をカバーできる打線がなくて優勝を狙えるだろうか。また高橋選手と共にチームを支える大島選手は35歳となっているが、1年間チームを支えて戦い続けられるか。

監督とフロントがしっかりと話し合い、共通の目標でドラフト会議に臨めるかがポイントとなりそうだ。

補強ポイントまとめ

 投手捕手内野手外野手
2020年戦力から
将来のチームから
戦力外・引退から
チーム・監督の方針から
実際に指名されたポジション       

スカウティング情報

視察選手

※数字は優先順予想

守備1位指名
太字は入札候補
上位指名視察・リストアップ
右投手高橋宏斗・中京大中京
栗林良吏・トヨタ自動車
小林樹斗・智弁和歌山
中森俊介・明石商
山下舜平大・福岡大大濠
森博人・日本体育大

松本竜也・Honda鈴鹿
大江克哉・NTT西日本
木澤尚文・慶応大
森井絃斗・セガサミー
嘉手苅浩太・日本航空石川
益田武尚・北九州市立大
打田雷樹・大阪学院大
赤上優人・東北公益文科大
大曲錬・福岡大準硬式
加藤翼・帝京大可児
松木平優太・精華
小牟田龍宝・青森山田
豆田泰志・浦和実
橘高康太・明桜
常田唯斗・飯山
加藤優弥・金沢龍谷
黒田晃大・佐和
小芝永久・千葉学芸
栄龍騰・津田学園
平川裕太・鷺宮製作所
田上奏大・履正社
左投手早川隆久・早稲田大佐々木健・NTT東日本
高田琢登・静岡商
山本一輝・中京大
森浦大輔・天理大
松向輝・東海REX
岩田将貴・九州産業大
下慎之介・健大高崎
上田洸太朗・享栄
捕手  土井翔太・郡山
二俣翔一・磐田東
古谷将也・成田
藤田青空・弘前東
内野手佐藤輝明・近畿大
牧秀悟・中央大
小深田大地・履正社
井上朋也・花咲徳栄
入江大樹・仙台育英
内山壮真・星稜
渡部健人・桐蔭横浜大
瀬戸西純・慶応大
中山礼都・中京大中京
高寺望夢・上田西
西村貫輔・高知商
西野力矢・大阪桐蔭
外野手 来田涼斗・明石商
五十幡亮汰・中央大
若林楽人・駒澤大
並木秀尊・独協大
石川慧亮・青藍泰斗
山本大斗・開星
阪本和樹・松阪商
寺本聖一・広島商

スカウトコメント

ランク選手名スカウト評価
 森浦大輔○中田アマスカウトアドバイザー「いつでもストライクを取れるし、直球と変化球のコンビネーションがいい」
△山本チーフ補佐「春のオープン戦で見たときよりも制球が良くなっている。左だしインコースにいい球がある。そのクロスボールをもう少し投げられれば。チェンジアップとスライダーが良いので、球威がもう少し出てくれば」
 田上奏大○中田スカウト顧問「センターからのバックホームはビックリするような球を投げる。練習試合の登板を2度見た。簡単に150キロを出すんだ。打撃を含め、すべてが素材の選手」
 若林楽人○米村チーフスカウト「ツボを持っているし、パンチ力がある」
○正津スカウト「パンチ力もある」
佐藤輝明◎山本チーフ補佐「将来、トリプルスリーも狙える規格外のパワーがあって、身のこなしもいい。野手での評価は一番」
◎中田アマスカウトアドバイザー「あのスイングができる打者は、そうはいない。本塁打を打つコツを覚えたら、とんでもない数字を残すだろう」
◎中田アマスカウトアドバイザー「それまでの感じでも、つかまえさえすれば詰まっても放り込む。いいところが凝縮された打席だったね。桁違いの能力」
◎米村アマスカウトチーフ「打線向上したい中での人材では上位。左翼へ打った安打の打球は見えないくらいだった。ナゴヤドームで30発打てる選手を探したいが、最も近い」
◎中田アマスカウトアドバイザー「素材がピカイチ。パワー、振りの強烈さはプロに入ってもヒケをとらない。サードと外野ができたら1位クラスでしょう」
○山本チーフ補佐「大砲はどこも必要」
高橋宏斗◎米村チーフスカウト「もちろん、志望届を出した時点で最高の評価はしている。高校生でいくのか、即戦力でいくのか、答えを出さないといけない」
◎与田監督「素晴らしい素材。映像でも確認している。彼も加えた中で話をしていきたい
◎山本将道チーフ補佐「投げるスタミナもあるし、真っすぐが低めに決まって、落ちる変化球もいいところでコントロールが決まっていた。直球を狙われていると分かったら、変化球から入って空振りを取ることも出来るクレバーなピッチャー。4回は投げ急いでいたが、それ以外は完璧だった。右打者の膝もとに出し入れができている。九、十回で150キロ出している。プロ志望なら、1位候補の何人かに間違いなく入ってくる。1位入札になるでしょう」
○山本チーフ補佐「簡単に150キロが出るし、よく考えて投げている」
◎松永編成部長「あれだけ投げられれば十分です。高校生ではトップを争う投手」
◎近藤スカウト「強烈。えぐいね。プロ志望届を出したら、間違いなく1位でしょう」
○米村チーフスカウト「スピードがあるし、スライダーがいい。今大会で一番いい投手。今後、伸びれば上位の可能性もある。似ているのは高橋純平。粗削りだがバネがある」
牧秀悟○正津スカウト「しっかり自分のポイントで打っている。スローイングがいい」
◎松永編成部長「1位を打者で行こうと考える球団は欲しい右打者。他の本命が競合するなら最初にと考える場合もあるだろう」
◎正津スカウト「2人とも欲しい。十分上位もある」
 佐々木健◎米村チーフスカウト「左の150キロは右の150キロと全くスピードが違う。2ボールからでもチェンジアップを使えたし、真っ直ぐも素晴らしかった」
○小山スカウト「ストレートに魅力を感じる。まだまだ精度は上がるはず」
 並木秀尊◎正津スカウト「スタートの思い切りが良い。トップスピードに乗る速さなら五十幡を上回るかもしれない」
 赤上優人△八木スカウト「カーブも使って、うまさが出ていた」
 益田武尚○三瀬スカウト「スピードは去年の方が出ていたが、球の質やコントロールは成長がみられる。練習が十分できていない中できちんと調整してきたのも高い意識の表れ」
 渡部健人○小山スカウト「春のリーグ戦が中止となって、この秋は結果を残したいという気持ちが強いんでしょう。去年の大学選手権でホームランを打っている姿も見ているし、能力の高さは分かってる。右打ちの大砲候補は貴重ですし、あと1、2回、見に来たい」
 森博人◎米村チーフスカウト「スピードが出るのは分かっている。今日は長いイニングを投げたのを評価したい。12人に入ってくる」
早川隆久◎松永編成部長「1週間前の社会人対抗より、余裕を持って投げていた。もちろん左でナンバーワン」
○八木スカウト「バランスもよかった。彼の持つポテンシャルの高いところ」
○松永編成部長「コントロールにまとまりが出てきた。直球でも変化球でもストライクが取れる。練習を満足にできていないだろうし、まだまだ伸びる素材」
 松本竜也○米村チーフスカウト「きょうは打者に合っていたが、本来は球持ちのいいフォームで、真っすぐで空振りを取れる印象がある」
△中日・清水スカウト「こんなものではない」
◎清水スカウト「低めに強い球を投げられる。あの球質で150キロが出たら簡単には打てない。フォームもいいし伸びしろがある」
栗林良吏◎松永編成部長「今まで見た中で一番良かった。バランスも良くなってきていて、12人では間違いなく消える」
◎清水スカウト「勝負どころで投げる球の精度が各段に上がっている。社会人では真っ先に名前が挙がる。1巡目で消えてしまうでしょうね」
 松向輝○米村チーフスカウト「コントロールが良く、以前に見た時よりも調子は良かったように感じた。あとは落ちる球があれば、投球の幅が広がる」
△近藤スカウト「プロ相手で力みもあり、本人も納得の内容ではないと思う。それでもインコースの直球は威力があった」
 大江克哉◎山本チーフ補佐「上位じゃないと取れない。アウトコース低めにいつも丁寧に投げられるのが良いところ。」
 藤田青空△中田スカウトアドバイザー「肩はまずまず。打撃もパンチ力はある」
 高寺望夢○松永編成部長「守備の中で目立っていた。打撃も柔らかくなっている」
 石川慧亮○松永編成部長「スイングスピードがある。体も頑強そうだね」
○中田スカウト顧問「きょうの選手のなかでは一番おもしろかった選手。バットが振れるし体が強い」
 山本一輝○清水スカウト「力だけじゃなくて投球に安定感がある。以前に見た時よりも成長していると感じます」
 加藤翼○中田アマスカウトアドバイザー「モノは抜群。高めに来る球は全部振る。あれを膝元に投げられたらプロでも通用する」
△米村チーフスカウト「課題はいろいろあるが力はある。原石ですね」
山下舜平大

◎中田アマスカウトアドバイザー「持っているものは抜群。立ち上がりはいつもあれくらいボールが浮くみたいですけど、角度がある持っている球の角度、ボール自体が力がある。12人に入るだけのものはある。素質はあると思う」
◎米村チーフスカウト「きょうは高めに浮いていたね。それでも12人には入ってくる」
◎松永編成部長「将来はプロでエースになれる素材」
◎米村アマスカウトチーフ「中1日でこれだけ投げれば12人の中に入る。素材は超一級品」
◎三瀬スカウト「スケール感があり、単純にいい投手でドラフト1位候補と思う。大谷選手や斉藤和巳投手のようなスケールの大きな投手になってほしい」
○三瀬スカウト「ぶっつけ登板でこれだけ力を出せるのはすごい。久々の実戦で力が入っていたが、これからまだまだ良くなると思う。球速も上がると期待している」

 寺本聖一△中田スカウトアドバイザー「体が小さい子で何人かいい選手がいた」
 西村貫輔△中田スカウトアドバイザー「体が小さい子で何人かいい選手がいた」
 西野力矢△中田スカウトアドバイザー「西野や中山といった遠くに飛ばすことができる選手は力んでいた印象」
 中山礼都△中田スカウトアドバイザー「西野や中山といった遠くに飛ばすことができる選手は力んでいた印象」
小林樹斗◎米村チーフスカウト「何も言うことはない。四球を出さず、それで150キロ、145キロ超で来る。スター性がある。下半身を使えるようになれば、もっと速くなる。大学、社会人を含めても1位候補。1位で消える可能性もありますね。プロでも、早く出てくると思う」
◎中田スカウトアドバイザー「リリーフの方が向いているからと、今はリリーフで使っているそうだ。球質が重そうで、直球を投げるときと変化球を投げるときのフォームの見分けがつかない。ドラフト上位は間違いない。高校生としては早い段階で出てくる素材だ」
○中田スカウトアドバイザー「まだ余力を残して投げている」
◎山本スカウト「まっすぐ1本で試して、アウトコース低めに投げられる。これだけ投げられるのは何人もいない」
 下慎之介△米村チーフスカウト「左だし、面白いと思うが、細かいコントロールやベース板の上の球の強さはもう少し見ないといけない、スピードがもう少し上がってくるといいが」
 嘉手苅浩太○米村チーフスカウト「体格があり、投げるボールの角度も良い。十分な素材です」
 来田涼斗○米村チーフスカウト「脚力、ポテンシャルは素晴らしい。野球に対しての姿勢も見られました」
○中田スカウトアドバイザー「甘い球を1球で仕留めるよね。力強さ、するどさがある。甘く入ると持って行かれるね。1日2、3本打てるだけのスピードは持ってる。」
中森俊介◎米村チーフスカウト「完成度が高い。直球は高校生で147、8キロ出れば十分。早い段階で先発ローテーションに入れる可能性がある。うちで言えば、川上憲伸みたいな先発完投型。甲子園の実績からカリスマ性もあるし、エースとしてチームを支えてくれるような投手。球速を追いかけなくなり、逆に良くなっている印象を受けた。評価はさらに上がりました。志望届を出せば、1、2位は間違いないでしょう。3、4球団は競合するんじゃないか」
○中田スカウトアドバイザー「アウトローにしっかり投げられるのは下半身が使えている証拠。見ていて危なげない」
 木澤尚文△松永編成部長「プロの打者は見極める。ストライクからボールになる球が使えれば勝負できるかな」
○八木スカウト「見違えた」
 井上朋也◎正津スカウト「ホームラン打者というよりは、前でさばくパンチショットのソフトバンク・松田タイプ。それでも、当たったらどこまでも飛ぶ。2位までには消える。12人に入ってくる可能性もある」
 小深田大地◎中田スカウトアドバイザー「初球、ストライクゾーンに来たら何でも打つ。できそうで、できないこと。しかもヒットにする確率が5割ぐらい。私が見ている試合では本当によく初球を打つ。ウチにいないタイプ。選球眼も良い」
◎山本スカウト「最近見た試合で全部ホームラン。詰まっても飛ぶからね」
 中山礼都○清水スカウト「走攻守のバランスがいい選手。特にバッティングセンスが素晴らしく、センターを中心に広角に打てる」
 古谷将也◎米村チーフスカウトも「バットスイングも速い。走れるし、肩も強い。高校生では上の方」
 黒田晃大○小山スカウト「真っすぐの強さ、変化球もタテ、ヨコある。いいものをもっています。体ができてくればリリースも安定すると思うのでおもしろい」
 松木平優太○山本スカウト「スライダーがいい。身体ができればまだ三振が取れる」
○中田スカウトアドバイザー「角度のある球、球の質、非常にいいよね。体力がつけばおもしろい」
 阪本和樹○近藤スカウト「しっかり捉えられている。素材はもちろん、運も持ってるね」
 加藤優弥○音スカウト「きょうは力を出し切れなかったが、ストレートは力強い。左打者に有効な球も持っている。楽しみな投手だ」
 土井翔太○中田スカウトアドバイザー「打席の中で投手と間合いを取れている。スローイングも安定感がある」
 入江大樹○米村チーフスカウト「あの身長で腰高もあるかもしれないけど、ショートの動きは悪くない。将来性もあるし、大きく育つものがある」
 打田雷樹○山本スカウト補佐「真っすぐは球速以上にスピンがかかってるから打者が振り遅れている」
 上田洸太朗△近藤スカウト「全然ダメ。春に比べて下半身が使えるようになったし、素材はいい。あとは本人がどれだけプロを意識して成長できるか。甘い世界ではないので」
 高田琢登◎清水スカウト「僕のスピードガンでは147キロが出た。直球でも変化球でも腕がよく振れている。技術も高く、高校生とは思えない」
○米村スカウトチーフ「もう少しスピードが出てくるんじゃないか。無事に投げられていること自体が評価」
 豆田泰志○正津スカウト「直球のキレもある。いい投手なのは間違いない」
 二俣翔一△近藤スカウト「変化球をうまく拾った。体に力が付けばもっと違った良さも出てくる。肩は強いしスローイングそのものもいい」
 橘高康太

○松永編成部長「変化球もいいし、コントロールで苦しむタイプではない」
○八木スカウト「常時140キロを超えていたし、どの球種でも腕が振れていた」

 小牟田龍宝○八木スカウト「初回はチェンジアップ、中盤はスライダーを多く投じ、回が進むにつれて直球に力を入れていくなど、目的意識が見えた」
 内山壮真○音スカウト「打撃は狙って逆方向にも打てるし面白い。走塁もセンスがある。捕手としては期間が短く守備面の評価が難しいが、伸びしろはあると思う。ハンドリングがいいので内野手としても楽しみ」
 瀬戸西純△八木スカウト「小力がある」
 大曲錬○三瀬スカウト「体のバランスもいいし、コントロールや柔らかいフォームもいい。投げ方が柔らかくアウトローに決められるコントロールもいい。バランスも良くて魅力的な素材」
 五十幡亮汰◎正津スカウト「2人とも欲しい。十分上位もある」

中日ドラゴンズスカウト情報

役職名前経歴担当地区 
編成部長松永幸男芦北-九州東海大-三菱重工長崎統括 
アマスカウトチーフ米村 明PL学園高-中央大-河合楽器全国 
アマスカウトアドバイザー中田宗男上宮高-日本体育大全国 
アマスカウト代表付調査役早川実福岡電波高-福岡工大-西濃運輸東葛 
アマスカウトチーフ補佐山本将道東北福祉大-田村コピー関西 
スカウト八木智哉日本航空高-創価大北海道・東北 
スカウト正津英志大野高-龍谷大-NTT北陸関東 
スカウト小山良男横浜高-亜細亜大-JR東日本関東 
スカウト佐藤充坂戸西-日体大-日本生命東海 
スカウト清水昭信三重高-名城大東海 
スカウト近藤真市享栄高東海 
スカウト音重鎮星稜-名古屋商科大-新日鉄名古屋北信越 
スカウト野本圭岡山南-駒澤大-日本通運中国・四国 
スカウト三瀬幸司観音寺一-岡山理大-NTT西日本中国クラブ九州 

中日ドラゴンズのドラフト指名予想

 1位2位3位
パターン1高橋宏斗・中京大中京森浦大輔・天理大
伊藤優輔・三菱パワー
森井絃斗・セガサミー
松本竜也・Honda鈴鹿
二俣翔一・磐田東
内山壮真・星稜
中山礼都・中京大中京
パターン2栗林良吏・トヨタ自動車森浦大輔・天理大
小郷賢人・東海大
元山飛優・東北福祉大
福永裕基・日本新薬
今川優馬・JFE東日本
パターン3高橋宏斗・中京大中京来田涼斗・明石商
五十幡亮汰・中央大
佐々木健・NTT東日本
内山壮真・星稜
二俣翔一・磐田東
山本一輝・中京大
松向輝・東海REX

パターン1:与田監督とフロント折衷パターン

流れ:来年の優勝を目指す与田監督ともう少し将来のチームを見たいフロントと折衷案。1位で即戦力と説明して高橋投手を指名、2位ではそれでも即戦力が不安な与田監督に配慮し、左の森浦投手を指名したい。森浦投手が残っていない場合はかなり流動的で、与田監督がおそらくまだ残っているであろう右の即戦力の獲得を望む可能性もあり、社会人の即戦力を指名する。
 2位までに即戦力投手が取れて、3位ではフロント側の意見を通してもらい将来性豊かな捕手や、根尾選手とはちょっと違ったタイプの遊撃手・中山選手などを指名する。

狙い:即戦力の右腕と左腕を獲得し、来年に向け、先発陣が厚くなる。補強ポイントとしては将来を期待される捕手や、根尾選手を外野にすることも考え、遊撃手の選手を獲得できる。

課題:結果的に右の先発投手が増えてしまう状況になり、山本投手や清水投手がリリーフに回る形になるかもしれない。野手の課題は消えず、高橋・大島の二人に頼ることになる。

パターン2:与田監督主導パターン

流れ:与田監督が来年の優勝を目指す形の指名では、1位で即戦力となる確率の高い栗林投手を指名する。2位では野手にも行きたいが、今年は即戦力と見れる野手が少ない事から、投手のもう一つの課題である左の先発、またはリリーフタイプの小郷賢人投手を指名する。
 投手はこれで満足し、3位では京田選手と共に使えそうな選手として東北福祉大の元山選手や、社会人で二塁を守る福永選手、または一発のある今川選手を獲得し、来年のオプションにする。

狙い:右の先発にもう1枚が加わり、さらに左、またはリリーフに1枚が加えられ、投手陣はかなりの層の厚さになる。また元山選手や福永選手は京山選手と競争させ、打撃の良い方を使っていける。一発のある今川選手もレギュラーとしても、または代打としても起用できる。

課題:1軍を目指す藤嶋投手、山本投手や清水投手、小笠原投手などが1軍に上がれなくなり、リリーフに回る形になる。また根尾・石川の三遊間構想が遠のき、根尾選手の外野手での起用などになるかもしれない。

パターン3:2021、2022年パターン

流れ:フロントが主導をしての指名だと、1位は高橋投手となる。即戦力ともみられるが、来年よりは2021年に右のエースとなりそうだ。
 2位では左の強打の外野手として来田選手を指名したい。またはポスト大島のセンターとして五十幡選手を指名し、得点力アップと防御率のダウンを狙う。
 3位ではエース・大野投手に近いタイプの力のある球を投げる佐々木投手を指名し、次の左のエース候補に育てたい。他にもショート・セカンドの候補で捕手としての可能性もある内山選手は、本来ならば3位では残っていない選手で残っていれば指名をしたい。または次世代の捕手として二俣選手も候補となる。ただし、現実的に来年を考えると左投手は必要で、3位で残っていそうな山本投手・松向投手といった地元の力のある左腕を指名する。

狙い:高橋投手、来田選手は2022年くらいに1軍で活躍を期待できる選手で、来田選手は福留選手のような感じになるかもしれない。また五十幡選手は広いナゴヤドームに合う選手で、広い守備範囲と1番で足を使った攻撃ができ、主軸の根尾、石川の打席で塁上から相手投手にプレッシャーを与える。ベテランの大島選手の負担を軽くする。
 3位でも、2021年、2022年に1軍で力を見せてくれそうな佐々木投手、内山選手が獲得できるとよい。内山選手はショートやセカンドで、根尾選手と適性を見て、二塁・根尾、ショート・内山、サード石川という形になるかもしれない。
 左腕は、森浦投手のように注目はされている投手は獲得できないものの、そこは昨年2位の橋本投手の成長を信じる。その上で地元にも力のある左腕投手がおり、左のリリーフとして岡田投手を助けるような活躍も期待できる。

課題:高橋投手も来年の即戦力として与田監督に説明しているが、来年中盤から後半あたりに1軍で投げらればというくらいで見たほうが良い。そのため、来年は今年と同じ陣容で戦う事になる。

2020年中日ドラゴンズドラフト会議指名選手

順位名前・チームスカウトコメント
   
   
   
   
   
   
   

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント

  1. 『ユーティリティの藤井選手が引退し』とあるのは藤井選手に失礼ではないですか

  2. 早く1軍に復帰してチームの勝利に貢献したいです。

  3. 今年も1位を1発で獲得してほしいです!!

  4. 福谷も東浜も共通して言えるのは、マウンドでの動作がゆったりしていて投げ急がない余裕があり、それだけでも大物の予感がします。プロで長い期間活躍するだけの器だと感じました。でも総合的に判断すると、東浜のほうが数段上だと思います。中日の1位指名は、4球団競合しても(予想)絶対に指名してください。1位指名は、東浜で決まりです。

  5. 巨人がスカウトした選手を羨ましいと言ってるうちは、
    真のチャンピオンではない。

    スカウト連中方、いつまでも引け目を持つなよ!
    自信のない、弱気なスカウトだけはやめてくれ。

    沢村、長野、坂本、阿部に負けないスターになれる選手を
    本気で探して、自信を持ってくれ。

    オレにスカウトをやらせてください!

  6. 藤波を1位に行ってくれー(>_<)/

  7. ちょーおもしろ