中日ドラゴンズのドラフト指名予想・世代表

スポンサーリンク

中日ドラゴンズ/ドラフト最新記事

兵庫県150キロ対決、報徳学園・今朝丸裕喜投手と神戸弘陵・村上泰斗投手に巨人・中日・オリックスなど10球団13人視察
中日が評価の豊川のモイセエフニキータ選手、「最終的にプロで活躍することが目標」
中日がスカウト会議、「野手で言えば宗山君、投手は金丸君」
中日・松永スカウト部長が明治大・宗山塁選手と関西大・金丸夢斗投手を評価、中日の1位指名を予想
【2023新入団選手発表】中日の新入団選手の推定年俸・背番号と活躍予想
岡野祐一郎投手が中日スカウト、聖光学院・青学大・東芝のパイプ活かして
中日ドラフト4位・福田幸之介投手が仮契約、ソフトバンク1位の前田悠伍投手をライバル
中日ドラフト2位の津田啓史選手が仮契約、自分より上手い選手がいる中で成長
豊川のモイセエフ・ニキータ選手が快打、中日スカウト「頭一つ抜けている」
中日ドラフト1位・草加勝投手が契約金1億円プラス出来高、年俸1600万円で仮契約

以前のニュースはこちら

補強ポイント分析(世代表)

チーム構成(年齢・ポジション別):2024年

:ルーキー、:退団、:加入
太字:1軍クラス(投手50イニングまたは40試合以上、野手50試合以上)

世代表から

【投手●】主力が25、26歳とこれから長く結果を残せる所にいる。その下の世代にも戦力が加わっており、悪くない形に見える。左右のバランスも良い。さらにバランスを取るなら右の高校卒と左の大学卒という所だが、そこは無理をせずに良い投手を2,3人加える形で良いか。

【捕手▲】主力は30歳前後、郡司選手の放出でその下の世代が大きく空いてしまった。山浅選手、味谷選手を育てながら、ライバルとなる大学卒の補強しても良い。

【内野手●】内野手の主力は20代中盤に若返りをしているタイミング。右の遊撃手、または強打を期待できる三塁手を、高校卒、大学卒の形で補強しても良い。

【外野手▲】細川、岡林選手の比較的若い選手が主力となり、ブライト選手、鵜飼選手の世代も期待できる。左右で更に若い世代の獲得をしても良い。

2023年の戦力と将来のチーム予想

投手

※9月11日時点

 2023年5年後予想
先発小笠原慎之介(26)7勝10敗、防御率3.23
柳 裕也(29)  4勝10敗、防御率2.59
高橋宏斗(21)  5勝 10敗、防御率2.51
涌井秀章(37)  4勝 12敗、防御率4.27
松葉貴大(33)  1勝  4敗、防御率3.28
仲地礼亜(23)  1勝  4敗、防御率5.29
大野雄大(40)
柳裕也 (34)
小笠原慎之介(31)
高橋宏斗(26)
根尾 昂(27)
仲地礼亜(28) 
中継ぎ藤嶋健人(25)  47試合1勝1敗11H
清水達也(24)  47試合3勝3敗24H
勝野昌慶(25)  40試合4勝2敗16H
祖父江大輔(33)40試合3勝5敗11H
田島慎二(34)  32試合1勝2敗10H
松山晋也(23)  27試合0勝0敗13H
齋藤綱記(26)  24試合1勝0敗9H
藤嶋健人(30)
清水達也(29)
福 敬登(35)
勝野昌慶(30) 
森 博人(30)
松山晋也(28)
橋本侑樹(31)
抑えマルティネス  
2軍根尾昂(23)  23試合76.0回(↑)
垣越建伸(23)   20試合72.0回(↑)
松木平優太(22)13試合62.0回(↑)
岡野祐一郎(29)14試合60.2回(→)
鈴木博志(27) 12試合47.1回(↓)
橋本侑樹(26)  27試合36.2回(↓)
上田洸太朗(20)8試合34.2回(↓)
梅津晃大(27)  8試合32.2回(↑)
福島章太(21) 27試合31.0回(↓)
福谷浩司(33)   6試合29.0回(↓)
森博人(25)  26試合26.1回(↓)
近藤廉(25)  27試合26.0回(↑)
野手
守備2023年5年後予想
捕手木下拓哉(32)  74試合、打率.252、 4本
宇佐見真吾(30)57試合、打率.294、3本
木下拓哉(37)
味谷大誠(25)
一塁手ビシエド福元悠真(29)
二塁手福永裕基(27)    67試合、打率.244、  2本
村松開人(23)    67試合、打率.204、  1本
村松開人(28)
三塁手石川昂弥(22)  103試合、打率.250、12本
高橋周平(30)    82試合、打率.212、  0本
石川昂弥(27)
遊撃手土田龍空(21)    97試合、打率.197、  1本土田龍空(26)
外野手岡林勇希(21) 125試合、打率.286、  2本
大島洋平(38) 105試合、打率.288、  0本
細川成也(25)   98試合、打率.272、21本
岡林勇希(26)
鵜飼航丞(29)
ブライト健太(29)
2軍・捕手山浅龍之介(19)53試合、打率.167、0本
味谷大誠(20)   42試合、打率.182、 0本
【予想打順】
1岡林
2村松
3石川昂
4外国人
5ブライト
6鵜飼
7龍空
8味谷
2軍・内野手樋口正修(24)   89試合、打率.199、0本
濱将乃介(24)   87試合、打率.201、1本
堂上直倫(35)   69試合、打率.204、2本
2軍・外野手鵜飼航丞(24)   60試合、打率.293、7本
ブライト健太(24)48試合、打率.310、7本↑
福元悠真(24)   54試合、打率.316、2本
伊藤康祐(24)   46試合、打率.218、0本
三好大倫(25)   62試合、打率.255、0本

補強ポイント

2023年戦力から

【先発▲↓】勝敗はチーム状況によるものが大きく、防御率で見れば柳投手、高橋投手、小笠原投手はリーグでも力のある投手として評価して良い。仲地投手、松木平投手など期待したいが、プロスペクトの若手がやや少ない状況となった。

【リリーフ●↑】藤島投手、清水投手、勝野投手と比較的若い投手陣が力をみせており松山投手も台頭、森投手、橋本投手などもおり、ベテランになった田島投手、 福谷投手などの後釜はできている。

【捕手●↓】木下選手がリーグを代表する選手となっているが、育てていた郡司捕手をトレードで放出し、かわりに宇佐見捕手を獲得、更に一度捕手つした加藤捕手を再び獲得するなど混迷している。味谷捕手、山浅捕手とプロスペクトがいるのが救い。

【内野手●↑】まだ課題はあるものの、村松選手と土田選手、福永選手の二遊間で層が厚くなり、田中選手も競争できる。若き大砲の石川選手をしっかり育てたい。ファームは樋口選手、浜選手のルーキーが入ったが、高校生の若い内野手も育てて行きたい。

【外野手●↑】大島選手が2000本安打を記録し、歴史的な選手となった。ペース配分をすればまだまだ活躍できる。そして岡林選手が昨年より少し苦労したものの、2年連続で結果を残した。また、現役ドラフトで獲得した細川選手が20本塁打を越え、大きな宝物となった。鵜飼選手、ブライト選手、福元選手もファームで結果を残してきており、来年以降が楽しみ。

 

戦力外・引退

福田選手、堂上選手、大野捕手、谷元投手のベテラン4選手が引退と報じられた。また岡野投手、左腕の松田投手、伊藤外野手も戦力外となった。

フロント・監督のビジョン

 中日はフロントと監督とどちらが主導をしているか見えにくく、立浪監督は自らスカウト登録をしてアマチュア選手の視察に行くなど、スカウト陣の提案する選手をそのまま受け入れるのではなく、自らの目を通して判断しようとしている。この事から監督の判断が指名に大きく影響していると想像でき、スカウト部が監督に配慮しながら連携を取ろうとしているのが見て取れる。

 チームはバランス型のドラフト戦略を取っていたが、2年前から大きな変革を実施しており、2021年は右の即戦力外野手を、2022年は即戦力の二遊間を獲得し、その他現役ドラフトの成功などもあり徐々に形ができ始めている。

 球場の特徴からホームランが出にくいため、どうしても投手と守り中心、足と強肩外野手中心となり、たしかに大島選手や岡村選手のタイプが活躍するが、近年は打撃の強いチームが上位に進出しており、地元球場でもホームランを打てる選手を育てたい。

 投手陣は昨年、「なんだかんだで先発も足りてるようで足りていない」とスカウトが話をしており、今年は浮き彫りとなってしまった。ただし、防御率の割に勝ち星が少なく、チーム全体の状況が投手陣の成績に影響している所がある。ここ2年間は野手中心の指名となったが、順番的には投手・捕手のバッテリーの強化となるのではないかと見られる。

補強ポイントまとめ

◎補強が必須、◯補強ポイント、△優先度低い、×補強に必要無し

 投手捕手内野手外野手
2024年の戦いに向けて
将来のチーム
戦力外・引退から  
チーム・監督の方針から××××
実際に指名されたポジション4113  1

スカウティング情報

中日ドラゴンズスカウト情報

役職名前経歴担当地区 
スカウト部長松永幸男芦北-九州東海大-三菱重工長崎統括 
シニアディレクター米村 明PL学園高-中央大-河合楽器全国 
チーフスカウト音重鎮星稜-名古屋商科大-新日鉄名古屋北信越 
スカウト八木智哉日本航空高-創価大北海道・東北 
スカウト正津英志大野高-龍谷大-NTT北陸関東 
スカウト小山良男横浜高-亜細亜大-JR東日本関東 
スカウト清水昭信三重高-名城大東海 
スカウト近藤真市享栄高東海 
スカウト山本将道東北福祉大-田村コピー関西 
スカウト野本圭岡山南-駒澤大-日本通運中国・四国 
スカウト三瀬幸司観音寺一-岡山理大-NTT西日本中国クラブ九州 

スカウト会議情報

回数日付スカウト会議内容
第4回10月12日ドラフト1位指名候補には投手・野手14人がリストアップされた。立浪監督は「1位はまだピッチャーにすると決めたわけじゃない。競合とかもあり、全体としては内野手も当然いる。捕手も人数的に欲しい。言ってしまえば全部欲しい。ウチのチームはドラフトで補強していかないといけない。すごく大事になる。期間もあるのでもうちょっと考えます」と話し野手の1位指名にも含みを残し、「球の力とかコントロールとか。スカウトの意見を参考にして決めていきたい」と話した。
松永スカウト部長は「一番良い選手となれば競合すると思う」と話した。
第3回8月12日ドラフト候補選手を約120人から約100人に絞り込んだ。「最終的には秋のリーグ戦の内容を見て評価をしていきたい」
第2回6月8日ドラフト指名候補を約200人リストアップしていたが、この日の会議で130人程度まで絞り込んだ。
ドラフト上位候補には青学大の常広羽也斗投手と、下村海翔投手、亜大・草加勝投手、中大・西舘勇陽投手、東洋大・細野晴希投手、専大・西舘昂汰投手を高く評価してリストアップ
全日本大学野球選手権で153キロをマークした桐蔭横浜大・古謝樹投手の他、地元の名城大から松本凌人投手、岩井俊介投手もリストアップ
第1回1月12日中日は1月12日に今年最初のスカウト会議を開き、中央大の西舘勇陽投手、地元の享栄・東松快征投手、名城大・松本凌人投手など約200人をリストアップ
地元の享栄・東松快征投手、名城大・松本凌人投手の他、中央大の西舘勇陽投手、花巻東の佐々木麟太郎選手などの名前も挙がる

スカウティング情報

視察選手

※数字は優先順予想

守備1位指名
太字は入札候補
上位指名視察・リストアップ
右投手西舘勇陽・中央大
常広羽也斗・青学大
下村海翔・青学大
岩井俊介・名城大
東恩納蒼・沖縄尚学
森煌誠・徳島商
篠崎国忠・修徳
上藤大輝・滋賀短大付
早坂響・幕張総合
中山勝暁・三重高田
藤原大翔・飯塚
坂井陽翔・滝川二
伊藤幹太・至学館高
林謙吾・山梨学院高
木村優人・霞ケ浦
清水凰史・愛知啓成
草加勝・亜細亜大
赤塚健利・中京学院大
田中大聖・太成学院大
上田大河・大商大
冨士隼斗・平成国際大
谷脇弘起・立命館大
杉田健・日大国際関係
高島泰都・王子
竹田祐・三菱重工West
粂直輝・東芝
広沢優・JFE東日本
大谷輝龍・日本海富山
松原快・日本海富山
左投手細野晴希・東洋大前田悠伍・大阪桐蔭
東松快征・享栄
武内夏暉・国学院大
滝田一希・星槎道都大
杉原望来・京都国際
杉山遙希・横浜高
尾崎完太・法政大
石原勇輝・明治大
古謝樹・桐蔭横浜大
高太一・大商大
森田駿哉・Honda鈴鹿
捕手  堀柊那・報徳学園
鈴木叶・常葉大菊川
萩原義輝・流通経済大
内野手 真鍋慧・広陵
佐々木麟太郎・花巻東
村田怜音・皇学館大
横山聖哉・上田西
山田脩也・仙台育英
百崎蒼生・東海大熊本星翔
森田大翔・履正社
木津寿哉・国学院久我山
佐倉俠史朗・九州国際大付
仲田侑仁・沖縄尚学
上田希由翔・明治大
武田登生・日本新薬
外野手 度会隆輝・ENEOS福島圭音・白鴎大
桃谷惟吹・立命館大

スカウトコメント

注目度選手スカウトコメント
S西舘勇陽・中央大松永スカウト部長は:「全国的に見てもレベルが高い。全員が1位指名の12人に入ってくる可能性がある。きょう一番良かったのは西舘。」(9/18)
S真鍋慧・広陵音チーフスカウト:「春に比べてタイミングを取るのがうまい」(8/12)
中日・野本スカウト:「プロでクリーンナップを打たないといけないぐらいの選手」(7/14、2人態勢)
米村シニアディレクター:「左中間への打球も芯に当たっていたらホームラン。うまく球を拾っていた。打撃のテクニックを持っている。長打があり、魅力のある選手。年間30~40本塁打を打てる選手に育っていくのでは。伸びしろしか感じない素材」(3/20)
A滝田一希・星槎道都大八木スカウト:「きょうの投球なら1軍でも投げられるレベル。まっすぐとチェンジアップだけでも試合を作れる。」(9/20)
松永スカウト部長:「特にチェンジアップがいい。左投手で、ひとつひとつを見ればものはいい」(6/5)
A下村海翔・青学大松永スカウト部長:「下村はコントロールがよく完成度が高い」(9/18)
正津スカウト:「制球が良く、計算通りに打ち取れている」(9/2)
米村シニアディレクター:「力強い真っすぐ、カット、カーブ。どれも素晴らしかった。上位指名でないと、どの球団も取れないと思っているんじゃないでしょうか」(6/6)
A武内夏暉・国学院大松永スカウト部長:「ピッチングができる左腕」(9/18)
正津スカウト:「ていねいに投げている。どの球でも低めに集められる。右左のインコースを突けるのでバッターは的を絞りづらい」(5/2)
松永スカウト部長は「左でコントロールが良くて、右にも左にもインコースに投げられる。ドラフト上位候補になる力は十分」(4/1)
A村田怜音・皇学館大音チーフスカウト:「第1打席は泳がされながらもフェンスまで持っていった。パワーがある」(9/3)
清水スカウト:「いいところを何度も見ていますから」(5/20)
清水スカウト:「外角の球に対してバットが内側から出てとらえている。パワーと技術を兼ね備えている」(5/16)
A前田悠伍・大阪桐蔭松永スカウト部長:「予選よりも良くなっている。試合を作れるコントロールの良さ、変化球の良さ。本来の真っすぐが戻ればいいですね。」(8/29)
音チーフスカウト:「いいボールが続かない状態だったが、きょうは良かった。ドラフト上位候補」(8/29)
山本スカウト:「本来の持ってるものをまだ出し切れていない。チェンジアップが決まるから、どうしてもチェンジアップを放りたがる。状態の良いときに戻ってきてくれることを期待しています」(7/25)
松永スカウト部長:「変化球でストライクが取れるから投球ができる」(3/25)
松永スカウト部長:「チェンジアップが良い。低めのボールゾーンに落とせるので空振りが奪える。」(3/20)
米村シニアディレクター:「まとまっている。連打を食らわない技術が高まっている。直球で空振り、見逃しが取れるようになれば、トップクラスになってくる」(3/20)
A佐々木麟太郎・花巻東音チーフスカウト:「飛ばす能力があり、打席での雰囲気がいい。いいものを持っているのは間違いない」(8/8)
松永スカウト部長:「こういう舞台でヒットが打てるのは良いんじゃないか。柔らかいバットコントロールで、緩い球を捉えるのがうまい。今日は3安打。十分でしょう。」(8/12)
松永スカウト部長は「初球からあれだけ振れるのは素晴らしいしタイミングの取り方がうまい。真っすぐにも対応でき、変化球もすくい上げて打てていた。力感なくいいスイングができているので飛んでいる。柔らかいバッティングで能力的に上位に入る」(6/3)
A横山聖哉・上田西音チーフスカウト:「飛ばす能力と肩の強さを兼ね備えている。スケールが大きい」(8/12)
松永スカウト部長:「ポテンシャルの高さ、スケールを感じる。肩が強い。投手として140キロ台後半のボールを投げるし、体もしっかりしている。打撃は結果はそんなに出なくて試合に負けたが、遊撃手としての魅力は十分」(8/7)
音チーフスカウトは「遠くまで飛ばす能力があり、肩も体も強い。いいものを持っている」(7/22)
A森煌誠・徳島商松永スカウト部長:「あれだけスピードが出せて落ちる変化球もある。完投能力も高い」(8/12)
野本スカウト:「1年生からずっと見ているが、コントロールがよくてポテンシャルもある。投げる体力があるのは知っていたが、今日も素晴らしかった」(8/7)
米村シニアディレクター:「投手らしい本格派。スケールが大きくカーブがいい。3年後はいい位置になる」(8/7)
A東松快征・享栄清水スカウト:「素材は間違いない。今日だけで判断できない。10月まで追いかける。」(7/25)
米村シニアディレクター:「ストレートは常時145キロ前後だし、チェンジアップなどでうまく緩急を使えるようになった。高校生の左ではトップクラスだと思う。上位候補でしょう」(7/21)
清水スカウト:「力で押すだけでなく、取りたい時にアウトを取れていた」(7/21)
清水スカウトは「横の体重移動ができていて成長を感じる。硬いマウンドにも対応できていた」(6/1)
山本スカウト:「体に力があって、自分のタイミングで投げられたときの球に力がある」(4/5)
A常広羽也斗・青学大正津スカウト:「すべてここに合わせてきたようですね。これだけ真っすぐがよくて、どの球種でもストライクが取れると打者は打ちづらい。リーグ戦体重移動がうまくできていなくて下が使えていなかったが、バランスが良くなった」(6/11)
松永スカウト部長:「体が柔らかいし、コントロールがいい」(4/1)
松永スカウト部長は「昨年は力むイメージだったけど、今日は全く力感がなくコントロールもよかった。暖かくなれば150キロは越えるでしょう。いいですね」(3/6)
A度会隆輝・ENEOS松永スカウト部長:「2位までには消える」10/3
小山スカウト:「しっかり振れている。全体的にレベルが高い」(9/20)
B杉田健・日大国際関係清水スカウト:「ピッチングをつくれる投手で大きく崩れない。角度があり、今後の成長もイメージできる」松永スカウト部長と2名で視察10/7
B石原勇輝・明治大八木スカウト:「ゲームをつくれるだけの球種を持っている」(9/24)
小山スカウト:「守備や走塁でもしっかりとレベルアップできている」(7/14)
B細野晴希・東洋大松永スカウト部長:「細野はパワー系で、きょうは良くなかったが、とてつもない可能性がある」(9/18)
松永スカウト部長:「1点差の試合で、しっかり投げ切った点は評価できる」(4/17)
B尾崎完太・法政大八木スカウト:「全体的にうまくまとめている。体も動いている。真っすぐは最近みた中では一番いい」(9/17)
B森田駿哉・Honda鈴鹿清水スカウト:「左打者へのインサイドのツーシームが良い。年齢はいっているが、苦しい時期を乗り越えてきて、プロでやっていけるものはある」(9/16)
B岩井俊介・名城大清水スカウト:「ばらついているが、悪いなりに試合をつくれていることは評価できる。強い球はプロでも通用する」(9/9)
B山田脩也・仙台育英音チーフスカウト:「攻守でセンスがある。体が出来上がれば三拍子そろった選手になれる」(8/12)
B東恩納蒼・沖縄尚学松永スカウト部長:「球速が出るようになった。制球力がいい」(8/12)
B百崎蒼生・東海大熊本星翔音チーフスカウト:「リストが強くて体も強い。飛ばす能力もあるし、守備でも動けるようになった」(8/10)
B森田大翔・履正社米村シニアディレクター:「真っすぐに振り負けないのは魅力。いいスイングで体も強い。楽しみな素材」(8/7)
山本スカウト:「リストが強い。くるっと回ってうまく打った。夏の大会に入ってよくなっている。」(8/7)
B杉原望来・京都国際山本スカウト:「今まで見たなかで一番良い投球。きょうは体がしっかりと回りきり、腕もしっかり振れていた」(7/20)
B堀柊那・報徳学園松永スカウト部長:「肩は一級品。打撃は春より良くなっている。捕手がほしい球団の上位指名もあるだろう」(7/19)
B中山勝暁・三重高田米村シニアディレクター:「きょうの結果にかかわらず、これからも鍛錬を積んでほしい」(7/8)
清水スカウト:「球が強い。素材の部分はかなりいい」(7/8)
清水スカウト:「ベース板でグッとくる球質。真っすぐ、スライダーともに力もキレもあり、レベルが高い」(5/15)
B高太一・大商大米村シニアディレクター:「体重移動も良くなり、下半身主導になって制球力が上がった。打者にファウルで粘られても、ストライクを投げ続けられる」
B坂井陽翔・滝川二山本スカウト:「センスがある投手。器用なので変化球の制球も良い。あとは外角に直球が決まってくるかどうかぐらい」(6/10)
B上田大河・大商大中日・山本スカウト:「球の強さが戻ってきている。中断でどうなるかなと思ったけどしっかり投げられている。この秋では1番いいかも。最後の最後にいいところを出してくれた」10/15
松永スカウト部長:「変化球、特にカットボールが良かった。」(6/5)
山本スカウトは「序盤は球が高かった。真っすぐで三振を取りたくて、それが裏目に出たような印象でした。5回からは配球を変えて、うまいピッチングをしましたね。球の強さがある投手。あとフォークの精度が上がればもっと楽に抑えることができるようになります」(4/16)
B草加勝・亜細亜大松永スカウト部長:「角度もあるし、ボールも低めに集まっている」(4/19)
B赤塚健利・中京学院大清水スカウト:「球が強く、あれだけ角度があるのは大きな武器」(4/14)
B冨士隼斗・平成国際大松永スカウト部長:「まず、スピードが出るのが魅力。変化球が課題だと感じていたが、きょうはスライダーの曲がりが良かった。三振の取れる変化球もある。今後、上武大や白鷗大との試合を見てみたい」(4/9)
B萩原義輝・流通経済大音チーフスカウト:「素直にバットが出せていて、どこにでも対応できる。守備はスローイングの動きがいい」(4/7)
B鈴木叶・常葉大菊川松永スカウト部長:「肩が強く、スローイングも速く2秒を余裕で切る」(4/6)
米村シニアディレクター:「昨年から見ているが打撃内容がいい。リーダーシップもあり、捕手の資質がある」(3/22)
B大谷輝龍・四国IL徳島音チーフスカウト:「急成長した投手。あのスピードは魅力」9/28
B田中大聖・太成学院大山本将道スカウト:「まだ制球はアバウトだが、馬力があり、球速の出る投手」
C高島泰都・王子清水スカウト:「春先よりも球速、スライダーのキレはなかったが5回まで0に抑えられていた。いいものは持っている」(9/13)
C杉山遙希・横浜高小山スカウト:「これからもっと上がってくる」(7/18)
C早坂響・幕張総合小山スカウト:「全力ではなく、大会の今後を見据えて投球している。スピードのあるボールを投げられるのが魅力」(7/11)
C上藤大輝・滋賀短大付山本スカウト:「アーム式だが、スピードが出る」
C佐倉俠史朗・九州国際大付三瀬スカウト:「雰囲気がいい。そのうちホームランが出るんじゃないかと思う。」
C伊藤幹太・至学館高清水スカウトは「制球力は天性のものがある。球速の伸びしろもみていきたい」(6/4)
C竹田祐・三菱重工West山本スカウト:「昨秋の日本選手権のときの投球がまだ戻っていない。真っすぐで空振りが取れず、結構バットの芯で捉えられている。それでもフォークやカットボールで抑えられるところは良かった。粘り強い投球ができる」(5/26)
山本スカウトは「持っている物のレベルは高い。状態が上がっていくことに期待している」(4/23)
C林謙吾・山梨学院高米村シニアディレクターは「コントロールが良い投手です。打者が合わせづらい角度やボールの見えづらさを備えている。これから時間をかけて制球力や直球のスピン、打者との勝負勘を鍛えていけば村上のようになれる可能性を秘めています。」(5/20)
C福島圭音・白鴎大米村アドバイザー:「ガッツがあるし、引っ張ることもできる」(5/15)
C木村優人・霞ケ浦小山スカウト:「コントロールが良かったしフォークではないというスプリットの切れも良かった」(5/8)
C清水凰史・愛知啓成米村シニアディレクターは「肩のスタミナがあって体の強さを感じる。もう少し球種があればもっといい」(5/3)
C武田登生・日本新薬山本スカウト:「阪神の中野みたい」
C津田淳哉・大阪経済大山本スカウト:「昨年も短いイニングで球速が出ていた。スライダーが良く、曲がりも大きい。きょうは4回ぐらいから球威が落ちた。課題は投げるスタミナ」(4/16)
C仲田侑仁・沖縄尚学音チーフスカウト:「パンチ力がある。タイミングの取り方も良くなっていた」(3/25)
C日當直喜・東海大菅生松永スカウト部長:「変化球がどれぐらいか分からなかったが、スピードがあり、楽しみな存在」(3/25)

中日ドラゴンズのドラフト指名予想

 1位2位3位
パターン1西舘勇陽・中央大
下村海翔・青学大
滝田一希・星槎道都大
東松快征・享栄
横山聖哉・上田西
村田怜音・皇学館大
パターン2度会隆輝・ENEOS上田大河・大商大
岩井俊介・名城大
東松快征・享栄
滝田一希・星槎道都大
村田怜音・皇学館大
山田脩也・仙台育英

パターン1:投手優先パターン

大学生投手中心となることが首脳からも立浪監督からも聞こえている。大学生投手では西舘投手、常広投手、細野投手を高く評価する中で、基本的には競合を避けたいという気持ちもあり、競合のなるべく少ない選手の指名と予想し、中央大・西舘投手の指名。もし抽選となって外した場合に、度会選手が残っていれば度会選手を指名、残っていなければ下村投手など大学生投手の指名をする。

2位は将来の遊撃手候補の横山聖哉選手や、スラッガータイプの真鍋慧選手も高く評価しているが、一昨年、昨年と外野手・内野手を重点的に補強していることや、球場も含めたチームの戦い方的には投手中心の守りの野球となりそうで、投手中心の補強を目指していくと予想。1位で右投手となれば2位は左投手で、地元の153キロ左腕・東松投手や滝田投手などを指名する。

地元の強打者・村田選手を高く評価しており、3位で指名となりそうだ。

パターン2:野手優先パターン

立浪監督は投手だけでなく、野手も含めて全部欲しいと話し、野手でNO.1は度会選手と話している。他球団の競合を避ける意味もあり、1位で度会選手を指名、もし競合して獲得できなかった場合にはパターン1と同じ流れになる。

2位では一番最初の指名という利点をいかし、まだ残っているであろう大学生投手の中から、地元の岩井投手や大商大高時から注目していた上田投手などを指名する。

3位ではもし残っていれば左腕の東松投手、滝田投手を指名したいが3位の最後までは残っていないと思う。また上田西の横山選手も残っていないと見られ、3位と4位の折返しで村田選手と高校生遊撃手の山田選手などを指名する。

2023年中日ドラゴンズドラフト会議指名選手

順位名前・チームスカウトコメント
1草加勝 右投
亜細亜大
緩急をうまく使い、ゲームを作れる能力が非常に高い投手
2津田啓史 右内
三菱重工East
高卒2年目でレギュラーをつかみチームの中心選手に、走攻守すべてにレベルの高いショート、まだまだ伸びしろもある
3辻本倫太郎 右内
仙台大
トータル的にバランスのとれた選手。サイズは小さいが、自分をしっかり理解していてパフォーマンスをしっかり出せる選手
4福田幸之介 左投
履正社
馬力が有り、力の有るストレート。150キロ左腕
5土生翔太 右投
BC茨城
大学時代スピードはあるものの制球が安定しなかったが、独立リーグで登板を重ねるごとに制球力がよくなったストレートはもちろん、スライダー、フォークが武器
6加藤竜馬 右投
東邦ガス
身体能力があり、ストレートがカットする。馬力型投手の即戦力右腕
育1日渡騰輝 左捕
BC茨城
高卒1年目から独立リーグで60試合以上出場。肩の良さとシャープでパワーのある打撃が魅力な捕手
育2菊田翔友 右投
四国IL愛媛
直球で押し切れる右腕。フォークの落差は一球品
育3尾田剛樹 左外
BC栃木
50メートル5秒9の快速外野手。打撃もコンタクト能力高い
育4川上理偉右内
九州AL大分
高い守備力と強肩が自慢の内野手。打撃も力強く将来性十分

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント

  1. ブライト艦長どうなのよ?
    長打型か?
    守備もあると聞くとどうしても中日型の選手に見えてくる。
    1位が地元枠じゃ無いから2位で地元枠使ってきたか…正木に行くと思ってたんだがな。

  2. ブライト艦長どうなのよ?
    長打型か?
    守備もあると聞くとどうしても中日型の選手に見えてくる。

  3. 今年こそ、パワーヒッターを少なくても2名は指名してほしいものです。小粒な中途半端な指名や投手過多な指名はやめてもらいたいです。阪口、前川が含まると嬉しいですね。

  4. 2021年ドラフトは1位から3位は左右の打者で大砲候補に絞ってほしい‼️今の打線では他のチームと差がありすぎです。投手はドラフトでもある程度成功していると思う。打者はアベレージタイプではなく、一発のある打者です。お願いします‼️

  5. 『ユーティリティの藤井選手が引退し』とあるのは藤井選手に失礼ではないですか

  6. 早く1軍に復帰してチームの勝利に貢献したいです。

  7. 今年も1位を1発で獲得してほしいです!!

  8. 福谷も東浜も共通して言えるのは、マウンドでの動作がゆったりしていて投げ急がない余裕があり、それだけでも大物の予感がします。プロで長い期間活躍するだけの器だと感じました。でも総合的に判断すると、東浜のほうが数段上だと思います。中日の1位指名は、4球団競合しても(予想)絶対に指名してください。1位指名は、東浜で決まりです。

  9. 巨人がスカウトした選手を羨ましいと言ってるうちは、
    真のチャンピオンではない。

    スカウト連中方、いつまでも引け目を持つなよ!
    自信のない、弱気なスカウトだけはやめてくれ。

    沢村、長野、坂本、阿部に負けないスターになれる選手を
    本気で探して、自信を持ってくれ。

    オレにスカウトをやらせてください!

  10. 藤波を1位に行ってくれー(>_<)/

  11. ちょーおもしろ