オリックスバファローズのドラフト指名予想

 

スポンサーリンク

オリックスバファローズの最新ドラフト関係記事

兵庫県150キロ対決、報徳学園・今朝丸裕喜投手と神戸弘陵・村上泰斗投手に巨人・中日・オリックスなど10球団13人視察
明治大・宗山塁選手が始動、パ・リーグ6球団と巨人のスカウト10人が視察、日本ハムスカウト部長「1位じゃないと」
オリックス、今年引退の佐野如一氏と元千葉ロッテの小林敦氏がスカウトに就任
【2023新入団選手発表】オリックスの新入団選手の推定年俸・背番号と活躍予想
新人王はセ・リーグが村上頌樹投手、パ・リーグが山下舜平大投手、新型コロナに影響された2020年ドラフト指名選手が逆襲
オリックスのドラフト1位・横山聖哉選手が契約金8500万円・年俸700万円で仮契約
オリックスのドラフト6位指名、日本通運の古田島成龍投手が京セラドームで8回途中11奪三振1失点好投
社会人野球日本選手権が今日開幕、DeNAドラフト1位の度会隆輝選手、中日2位の津田啓史選手など出場
オリックスがドラフト4位指名の報徳学園・堀柊那捕手に指名あいさつ
オリックス「まだきまっていない」、大阪桐蔭・前田悠伍投手の可能性も

以前のニュースはこちら

補強ポイント分析

チーム構成(年齢・ポジション別):2024年

:ルーキー、:退団、:加入
太字:1軍クラス(投手50イニングまたは40試合以上、野手50試合以上)

 

世代表・将来のチームから

【投手▲】山本投手がメジャー移籍の可能性が高いが、山下投手が台頭し、左は宮城投手、田島投手、山崎投手とそろう中で曽谷投手を獲得した。リリーフ陣も若くて強力。左の19歳の世代、または右で山下投手と共に投げられる投手がいると面白いが、育成メインで良いだろう。

【捕手●】森選手が加わり、若月捕手も力を見せる。福永選手も経験を積む中でバランスも良い。

【内野手▲】若手の二遊間の選手が1軍の戦力となっており、ファームで将来に期待できる選手が欲しい所。強打の選手は右の内藤選手を獲得し、左のスラッガーがいると面白い。

【外野手●】池田選手、来田選手、元選手などがいる中で、茶野選手、杉澤選手などルーキも良い素質を見せている。直近で指名はいらなさそう。

2023年の戦力と将来のチーム予想

※成績は9月24日

投手
 2023年5年後予想
先発山本由伸(25) 14勝6敗、防御率1.32
宮城大弥(22) 10勝4敗、防御率2.35
山崎福也(31)   9勝5敗、防御率3.56
山下舜平大(21)9勝3敗、防御率1.61
山岡泰輔(28)   2勝1敗、防御率2.30
田嶋大樹(27)   6勝3敗、防御率3.21
東 晃平(24)   9勝6敗、防御率1.71
宮城大弥(27)
山岡泰輔(33)
田嶋大樹(32)
山崎福也(36) 
山下舜平大(26)
東 晃平(25) 
曽谷龍平(28)
中継ぎ山崎颯一郎(25)52試合1勝0敗27H9S
小木田敦也(25)34試合4勝0敗4H
阿部翔太(30)46試合2勝4敗21H1S
宇田川優希(25)41試合4勝0敗17H2S
本田仁海(24) 28試合2勝1敗7H
阿部翔太(35)
宇田川優希(30)
本田仁海(29)
小木田敦也(30)
抑え平野佳寿(40) 39試合3勝2敗5H26S山崎颯一郎 (30)
2軍村西良太(26) 21試合93.0回
佐藤一磨(22) 18試合89.0回
曽谷龍平(23) 16試合84.1回
川瀬堅斗(21) 16試合57.1回
小野泰己(29) 18試合49.1回
辻垣高良(21) 19試合45.1回
入山海斗(23) 41試合39.0回
前佑囲斗(22) 40試合39.0回
齋藤響介(19) 11試合36.0回
中川 颯(25) 21試合32.2回
漆原大晟(27) 31試合30.1回
野手
守備2023年5年後予想
捕手若月健矢(27)   88試合、打率.265、  4本
森 友哉(28)   98試合、打率.293、16本
森 友哉(33)
一塁手頓宮裕真(27) 113試合、打率.307、16本頓宮裕真(32)
杉本裕太郎(37)
二塁手宜保 翔(23) 57試合、打率.287、  0本
大城滉二(30) 57試合、打率.244、  2本
西野真弘(33) 39試合、打率.191、  0本
宜保 翔(28)
太田 椋(28)
三塁手宗 佑磨(27)115試合、打率239、  2本宗 佑磨(32)
遊撃手紅林弘太郎(22)116試合、打率.269、8本
野口智哉(24) 67試合、打率.223、  1本
紅林弘太郎(27)
外野手中川圭太(27)126試合、打率.271、12本
茶野篤政(24)  91試合、打率.237、  1本
杉本裕太郎(32)87試合、打率.238、14本
小田裕也(34)   76試合、打率.290、  1本
中川圭太(32)
茶野篤政(29) 
来田涼斗(26) 
池田陵真(25)
2軍・捕手福永 奨(24)101試合、打率.193、3本【予想打順】
1来田
2茶野
3中川
4森
5頓宮
6杉本
7紅林
8宗
9宜保
2軍・内野手山中尭之(25) 63試合、打率.218、6本
上野響平(22) 76試合、打率.210、1本
大里昂生(24) 53試合、打率.216、2本
内藤 鵬(19) 28試合、打率.198、2本
2軍・外野手池田陵真(20) 86試合、打率.303、5本
杉澤 龍(23) 88試合、打率.226、3本
来田涼斗(21) 80試合、打率.270、3本
渡部遼人(24) 75試合、打率.256、0本
元 謙太(21) 86試合、打率.231、1本
佐野如一(25) 74試合、打率.178、0本

補強ポイント

2021年戦力から

【先発●】球界を代表する山本投手がメジャー移籍の可能性がある。山下投手の成長や、宮城投手が安定し、東投手の台頭もあり、山岡投手、田嶋投手、山崎投手など今年は比較的余裕を持って先発を回せたが、山下投手が山本投手の代わりになるにあたり、右はもうひとりいても良い。

【リリーフ▲】山崎投手、宇田川投手、阿部投手などのリリーフ陣は非常に強い。ただし、数は揃えておきたいポジションで、育成と共にドラフトで指名がありそう。

【捕手●】森選手が加入し、若月選手との2人態勢は今後長く続きそうだ。全く問題ない。

【内野手▲】紅林選手と頓宮選手が固定されたが、セカンドがまだ未定、サードの宗選手も打撃成績では及第点という所。強打の二塁手の獲得を目指したい。

【外野手●】中川選手は隔年ではあるが力があり、ルーキー茶野選手も大活躍をした。杉本選手もスラッガーとして強さがある。ただし、もう1ランク強い外野陣を作りたい所。それでも次世代の選手たちがいるので、指名は急ぎではない。

 

戦力外・引退

石岡内野手、渡辺外野手の他球団から移籍してきた選手と、変則フォーム右腕の中川投手、育成から上がっていた佐野外野手、そして育成の西浜投手、園部選手が戦力外となった。

フロント・監督のビジョン

中嶋監督は、ファーム監督の経験を活かし、若い選手を積極的に起用してそれがあたった。根気よく使いつづけ、紅林選手、頓宮選手などを一本立ちさせた。またルーキーやベテランもうまく使い分けている。

福良GMは2021年は野手の補強に重点を置き、投手、捕手、内野手、外野手に一人ずつ即戦力の選手を指名した。2022年はドラフト1位は左腕投手で補強ポイントの指名だが、2位、3位、5位では高校生を指名、4位では外野手と、補強ポイントと高校生をうまく組み合わせて指名をした。

チームは3軍制を取っているが、巨人やソフトバンクほど素材型の選手を集めるのではなく、比較的評価されていた選手を育成ドラフトで指名してくる。そして2022年は育成で5人を指名、その中から茶野選手が出てきており、2020年も宇田川投手など、1年目から支配下登録され1軍で戦力になる選手が出ている。

山下投手などもしっかりと育て上げ、あとは高校生野手を主力に育て上げられれば、理想的な組織ということになりそうだ。

補強ポイントまとめ

◎補強が必須、◯補強ポイント、△優先度低い、×補強に必要無し

 投手捕手内野手外野手
2023年戦力から
将来のチームから
戦力外・引退から
チーム・監督の方針から
実際の指名人数       

スカウティング情報


オリックススカウト情報

役職名前経歴担当地区 
育成統括GM福良淳一延岡工-大分鉄道管理局統括 
編成部部長牧田勝吾島田商-愛知学院大-日本通運全国 
アマスカウトグループ長山口和男山陽高-広島電機大-三菱自動車岡崎全国 
アマスカウト縞田拓弥東福岡-日本大-JR東日本九州 
アマスカウト谷口悦司大阪桐蔭-日本生命北陸・関西 
アマスカウト上村和裕北照高北海道・東北・関東 
アマスカウト下山真二社高-立命館大-日本生命東海・関西 
アマスカウト早川大輔船橋高-立教大-Honda四国・中国・関西 
アマスカウト乾絵美神戸常盤女子-ルネサス関西・中国・四国 
アマスカウト佐藤真一東海大四-東海大-たくぎん北海道 
アマスカウト小松聖勿来工‐国士舘大‐JR九州北信越・関東 
アマスカウト岡崎大輔花咲徳栄関東 
アマスカウト牧野塁山梨学院大付東北・関東 

スカウト会議情報

回数日付スカウト会議内容
   
   
   

スカウティング情報

視察選手

※数字は優先順予想

守備1位指名
太字は入札候補
上位指名視察・リストアップ
右投手 西舘勇陽・中央大篠崎国忠・修徳
松石信八・藤蔭
森煌誠・徳島商
高橋快秀・多度津
中山勝暁・高田高
平野大地・専大松戸
天野京介・愛産大工
木村優人・霞ケ浦
上田大河・大商大
草加勝・亜細亜大
左投手前田悠伍・大阪桐蔭高太一・大商大杉原望来・京都国際
古謝樹・桐蔭横浜大
捕手  進藤勇也・上武大
内野手真鍋慧・広陵
佐々木麟太郎・花巻東
横山聖哉・上田西百崎蒼生・東海大熊本星翔
明瀬諒介・鹿児島城西
村田怜音・皇学館大
外野手  星野ひので・前橋工

スカウトコメント

注目度選手スカウトコメント
S前田悠伍・大阪桐蔭牧田編成部副部長:「高校生ではトップレベルの投手」9/11
谷口スカウト:「圧倒する感じはない。自信なさげそうにも見えた。しかし尻回りが大きくなり、しっかりトレーニングをしてきたことが見て取れる。気持ちが乗ってくれば上がってくると思う。素材は間違いない。うちの宮城みたいになれる可能性を秘めている」7/24
牧田編成部副部長:「落ち着いたマウンドさばきは一番の成長。走者を得点圏に出しても、低めに変化球をきっちり投げる。ホームを踏ませないという気持ちも伝わる。注目度が高い中でもこうして結果を残す。自分の投球スタイルをよく理解している。今年のドラフトの中で注目の1人ということは間違いない。」3/20
S真鍋慧・広陵牧田編成部副部長:「魅力のある選手。自分のスイングをして高く上がった打球がなかなか落ちてこないのを見て、さすがだなと思った。近年では清宮幸太郎君のような長距離砲として育てられる素材だと感じる。将来的には名前が刻まれる選手になるんじゃないか」8/11
牧田編成部副部長:「体、スイングは魅力がある。確率が上がってくれば」3/20
S佐々木麟太郎・花巻東牧田編成副部長:「他にもいい選手がいる中で打線の軸と感じさせる選手。広角に打つことができる。プレッシャーもあると思うができることを一生懸命にやっていて、野球を愛している姿勢が伝わる。打つだけでなくて、声かけなど試合中の視野も広い。」8/8
A横山聖哉・上田西牧田編成部副部長:「横山は、あれだけ深い守備位置について、パフォーマンスを見せた注目のひとりであることは間違いない。三拍子そろった選手」8/7
A高太一・大商大小松スカウト:「積んでいるエンジンが大きい。スケールの大きい投手」6/23
B古謝樹・桐蔭横浜大上村スカウト:「立ち上がりはあまり良くなかったが、修正していたので心配していない」10/7
B篠崎国忠・修徳牧野スカウト:「投げたいところにきちんと投げられている。体が大きい割に起用。けん制やクイックもできている。この前の神宮でもよかったし、プロの固いマウンドが合っているのかな。今日はいいものを見せてくれた」7/21
牧野スカウト:「ポテンシャルが高い。コースに投げ分けていて、制球もよかった」7/19
B西舘勇陽・中央大牧野スカウト:「悪いときは悪いなりに投げている。抑えて自信がつくと思う」9/29
B上田大河・大商大谷口スカウト:「先発もできるし、後ろでもフォークがあるから短いイニングでも適応できる。」9/16
B星野ひので・前橋工牧野スカウト:「右の外野手で長打が打てる。守備走塁の意識も高い」7/18
B百崎蒼生・東海大熊本星翔縞田スカウトは「打撃力があるし、走塁技術は高いものがある」7/15
B松石信八・藤蔭縞田スカウト:「馬力というか力はありますね。投打ともに、選手としての能力は高いです。」7/13
B森煌誠・徳島商早川スカウト:「体に力があるし、どんどん投げていけば今以上にキレも出るだろうし、これからまだまだ伸びていくのを期待できる投手」7/11
B明瀬諒介・鹿児島城西縞田スカウト:「パワーがあって、バットを振れる右の強打者」7/10
B平野大地・専大松戸岡崎スカウト:「バランス良く投げられていて、ストレートに強さが出てきた。しっかり状態を上げてきている。夏の姿がとても楽しみになってきましたね」7/2
B天野京介・愛産大工下山スカウトは「力を入れる時と抜く時の指先の感覚はいいものを持っている。相手も力のある中で球速以上に球に強さがあるのでは」7/2
B木村優人・霞ケ浦岡崎スカウト:「身体能力が高い。体ができていないのにこれだけの出力が出せるのは可能性を感じさせてくれる。真っすぐも質の良いボールが来ている。出力が上がってスピードも出るようになってきましたね。関東の中では注目している球団もあると思います。夏まで追いかけたいと思います。」4/24
B草加勝・亜細亜大上村スカウト:「足元を考え、ていねいに投げ、昨秋よりコントロールがよかった。リリースが打者寄りになって、打者が苦労しているように見えた」3/13
C杉原望来・京都国際早川チーフスカウト:「緩急をうまく使いながら、ピンチでは気合が乗っている」7/20
C中山勝暁・高田高谷口スカウト:「体があって、馬力がある。もう一つ変化球があれば勝負できるのでは」7/8

オリックスバファローズのドラフト指名予想

 1位2位3位
パターン1常広羽也斗・青山学院大
西舘勇陽・中央大
下村海翔・青山学院大
横山聖哉・上田西木村優人・霞ケ浦
坂井陽翔・滝川二
東恩納蒼・沖縄尚学
パターン2真鍋慧・広陵
度会隆輝・ENEOS
高太一・大商大
上田大河・大商大
草加勝・亜細亜大
百崎蒼生・東海大熊本星翔
明瀬諒介・鹿児島城西
東恩納蒼・沖縄尚学

パターン1:投手優先型

素晴らしい投手陣でパ・リーグ3連覇のオリックス、しかし来年に向けてはエース・山本投手のメジャー移籍がほぼ確実で、山崎福投手もFA移籍の可能性がある。宮城投手や山下投手など投手陣はまだ厚いが、パターン1は投手を優先するパターン。

山本投手に代わる力があるとすれば常広投手。大学生投手の数が多いため、競合覚悟で来る可能性もある。外した場合も大学生投手の氏名をする。

2位では横山聖哉選手が残っていれば指名し、残っていなければパターン2のように大学生投手をもう1枚、特に左の高投手などを指名する。

3位は最初の指名となるため木村投手や坂井投手、東恩納投手などの指名がありそうだ。

パターン2:野手優先型

打線では森選手の加入で強くなったものの、杉本選手などが故障をするとやや迫力が弱くなる。投手陣は若い選手が他にも出てくるとし、野手の指名で行くパターン。

1位は将来の内野手で高く評価している真鍋選手、または外野手で来年から中心となりそうな度会選手を指名する。

2位では投手の指名で高く評価している左の高投手や、右の上田投手、草加投手も候補だがここまで残っているかは微妙な所でもある。

3位では、1位指名で真鍋選手でなければ明瀬選手を指名、また百崎選手や東恩納投手で将来の可能性を更に高める指名にもなりそうだ。

2023年オリックスバファローズ ドラフト会議指名選手

順位名前・チームスカウトコメント
1横山聖哉
 上田西
走・攻・守3拍子揃った高校生No,1遊撃手。軽快なフットワークと投手としても最速149キロを誇る強肩を生かした守備は一級品。身体能力も高く、将来性抜群の逸材。
2河内康介
聖カタリナ高
肘を柔らかく使ったフォームから繰り出される最速150キロのストレートと切れ味鋭いスライダーが魅力の右腕。近い将来、チームの主力投手になりえる可能性を秘めた好素材。
3東松快征
享栄高
打者を圧倒する最速152キロの力強いストレートは逸品で、ファンを引き付ける愛嬌のある人間性も魅力。将来的には、チームのローテーション候補としての活躍が期待される本格派左腕。
4堀柊那
報徳学園
フットワークの良さと強肩を活かした守備力が持ち味の捕手。向上心が高く、主将としてチームをけん引するキャプテンシーも魅力で、伸びしろを大きく感じさせる好素材。
5高島泰都
王子
大学時代は準硬式野球部に所属。MAX150キロのストレートと、チェンジアップを巧みに操る、ゲームメイク能力に長けた即戦力右腕。
6古田島成龍
投 日本通運
気持ちを前面に出した投球スタイルで、MAX152キロのキレのあるストレートと鋭く落ちるチェンジアップが魅力的な投手。1年目からの活躍が期待される即戦力右腕。
7権田琉成 投
TDK
2022年のU-23ワールドカップでは守護神を任され、MVPを獲得。MAX152キロのストレートは球速以上のスピード感があり、1年目から即戦力としての活躍が期待される実戦派投手。
育1寿賀弘都
投 英明高
気迫を前面に出して投げこむMAX147キロの力のあるストレートとキレのあるスライダーが最大の武器。大舞台にも強く、今後の成長に大きな期待がかかる好素材。
育2大江海透 投
九州AL北九州
変化球も球種多彩で特にカットボールはキレがあり、チェンジアップも有効的に使える。躍動感のある投球フォームから放たれるストレートが最大の魅力。
育3宮國凌空
投 東邦高
強い腕の振りから投じるMAX149キロのストレートは球速以上の体感速度を生む。向上心も高く、これからの成長に期待が持てる好素材。
育4芦田丈飛 投
BC埼玉
MAX149キロを計測する質の良いストレートが一番の魅力。スライダー、フォークを織り交ぜながら、三振の取れるリリーフとしての期待が掛かる投手。
育5河野聡太
四国IL愛媛
打撃はセンター中心に打ち返すアベレージヒッター。動きに柔らかさがあり、安定したスローイングの守備は安心感がある。走・攻・守において可能性を秘めた好素材の内野手。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント