オリックスバファローズのドラフト指名予想

 

スポンサーリンク

オリックスバファローズの最新ドラフト関係記事

京都先端科学大・喜多隆介選手に中日・オリックスが視察しオリックスが評価
近大・佐藤輝明選手最終戦に巨人、ソフトバンク、DeNA、日本ハム、オリックス、阪神が視察、阪神は9人体勢
天理大・森浦大輔投手が8回3安打12奪三振1失点、今季4勝で大学通算21勝、阪神・オリックスなど6球団視察
近大・佐藤輝明選手がリーグ新14号弾、オリックス・巨人・阪神・ソフトバンクなど7球団視察
オリックス、近畿大・佐藤輝明選手に1位指名伝える、西武・ヤクルトも調査書
オリックス、今年は1位指名公表
オリックスがスカウト会議、近畿大・佐藤輝明選手の1位指名を公表
オリックスが横浜隼人の149キロ右腕・加藤大投手をリストアップ
近大・佐藤輝明選手に11球団28人スカウト陣、オリックス6人、DeNA・日本ハム・阪神・ソフトバンクなど首脳クラスが視察
オリックスがドラフト会議で捕手を指名へ、京都国際・釣寿生選手、履正社・関本勇輔選手、郡山・土井翔太選手リストアップ

以前のニュースはこちら

補強ポイント分析

2020年の戦力と将来のチーム予想

※成績は10月3日終了時

投手
 2020年5年後予想
先発山本由伸(22) 7勝3敗、防御率2.43
田嶋大樹(24) 3勝4敗、防御率3.72
山崎福也(28) 4勝4敗、防御率4.86
山岡泰輔(25) 2勝3敗、防御率2.51
張  奕(26) 1勝2敗、防御率3.78
鈴木 優(24) 1勝3敗、防御率7.50
榊原 翼(22) 1勝2敗、防御率4.13
山岡泰輔(30)
宮城大弥(24)
田嶋大樹(29)
榊原 翼(27)
竹安大知(30)
鈴木 優(29)
本田仁海(26)
中継ぎ吉田一将(31) 21試合1勝1敗1S
山田修義(29) 36試合2勝4敗14H
荒西祐大(28) 26試合0勝0敗  2H
増井浩俊(37) 14試合1勝2敗  5H
吉田 凌(23) 27試合2勝2敗  4H
沢田圭佑(26) 24試合0勝2敗  0H
齋藤綱記(23) 25試合1勝1敗  3H
鈴木康平(32)
山田修義(34)
漆原大晟(29)
吉田 凌(28)
村西良太(28)
抑え 沢田圭佑(31)
2軍
(25歳まで)
本田仁海(21) 12試合65.2回
宮城大弥(19) 11試合49.2回
富山凌雅(23) 9試合40.0回
漆原大晟(24) 6試合34.0回
村西良太(23) 8試合22.1回
野手
守備2020年5年後予想
捕手若月健矢(25) 66試合、打率.240、  3本
伏見寅威(30) 52試合、打率.285、  5本
若月健矢(30)
一塁手T  岡田(32) 74試合、打率.252、12本T  岡田(37)
大下誠一郎(27)
二塁手大城滉二(27) 70試合、打率.205、  0本
福田周平(28) 52試合、打率.269、  0本
大城滉二(32)
三塁手宗 佑磨(24) 52試合、打率212、   1本
中川圭太(24) 36試合、打率.151、  1本
紅林弘太郎(24)
遊撃手安達了一(32) 61試合、打率.290、  2本
山足達也(26) 50試合、打率.224、  1本
太田 椋(25)
外野手吉田正尚(27) 91試合、打率.357、12本
杉本裕太郎(29) 35試合、打率.259、1本
西浦颯大(21) 45試合、打率.183、  2本
吉田正尚(32)
杉本裕太郎(34)
西浦颯大(26)
中川圭太(29)
2軍・捕手 【予想打順】
1中川
2大城
3太田
4吉田
5T-岡田
6杉本
7紅林
8西浦
9若月
2軍・内野手紅林弘太郎(19) 71試合、打率.212、1本
大下誠一郎(22) 58試合、打率.219、2本
太田 椋(20) 40試合、打率.243、3本
勝俣翔貴(23) 35試合、打率.163、0本
廣澤伸哉(21) 40試合、打率.233、1本
2軍・外野手根本 薫(22) 69試合、打率.187、2本
西村 凌(24) 26試合、打率.198、1本
佐藤優悟(23) 32試合、打率.255、0本

補強ポイント

2020年戦力から

【先発●】エース山本は球界を代表する投手となった。この柱を中心にローテーションを組み立てる事ができる。ただし山岡投手が昨年から成績を落とし、鈴木康投手、榊原投手、竹安投手という所が、竹安投手は故障、榊原投手は不調と故障、K-鈴木投手は不明で成績が挙げらず、積み重ねとはならなかった。
 しかし山岡投手は防御率は悪くないので打線が影響していることもある。また田嶋、山崎のドラフト1位左腕コンビが復活をしたのは収穫。山本、山岡、田嶋で計算のできる投手陣と言えるだろう。
 それでも山本投手はここまでくると、メジャーへの移籍も早くなってくるかもしれない。そこは念頭に置いておきたい。
【リリーフ▲】ヒギンス、ディクソンの外国人を中心に山田投手が良く投げ、先発から回った荒西投手、まだ若い沢田投手、齋藤投手なども試合数は多い。数は多いものの、先発に比べると全体的にひ弱さを感じる。しっかりとした柱がいないのは試合終盤に不安を感じる。リリーフエースになる投手を獲得したい。
【捕手×】昨年138試合に出場した若月選手を、西村監督は成長を期待して使った。打撃は昨年より良くなったものの、それでもやはり物足りず、監督が交代すると伏見選手、松井選手が起用されるようになった。代わりに起用したい若手もおらず、中嶋監督代行は捕手の獲得を要望しそうだ。
【内野手×】ベテランの遊撃手、安達選手が頑張っているものの、ファーストのT岡田選手を含めて特に攻撃において内野陣は厳しい。期待の中川選手もサードで起用されたが昨年から大きく成績を落とした。総入れ替えくらいの劇的な変化が必要とも感じられる。
【外野手▼】吉田選手は安定して成績を残し、今年は打率でリーグトップを走る。しかし中川選手が内野手になって成績を大きく下げ、西浦選手も期待に応えられなかった。また、鳴り物入りで獲得したジョーンズ選手も、良い選手だが期待までとはいかず、外国人補強の難しさを感じさせた。
 外野にももう1枚、打撃で期待できる選手が欲しい。

チーム構成(年齢・ポジション別):2020年

:ルーキー、:退団、:加入

投手 野手
捕手内野手外野手
右打左打右打左打
前佑囲斗,谷岡颯太
中田惟斗
宮城大弥,佐藤一磨19鶴見凌也紅林弘太郎 平野大和 
松山真之 20 太田椋宜保翔  
本田仁海,東晃平
比屋根彰人
 21稲富宏樹
フェリペ
廣澤伸哉  西浦颯大
山本由伸,榊原翼
山崎颯一郎
 22  岡崎大輔 根本薫
吉田凌,村西良太富山凌雅23  勝俣翔貴大下誠一郎
佐藤優悟
 
漆原大晟,鈴木優田嶋大樹,齋藤綱記24頓宮裕真中川圭太 西村凌,佐野皓大宗佑磨
山岡泰輔 25若月健矢    
沢田圭佑,神戸文也
張奕
竹安大知
左澤優26 山足達也   
鈴木康平,黒木優太 27 大城滉二  吉田正尚,後藤駿太
荒西祐大,小林慶山崎福也28  福田周平  
近藤大亮山田修義29   杉本裕太郎 
金田和之 30飯田大祐
伏見寅威
白崎浩之西野真弘  
吉田一将,東明大貴 31    小田裕也
  32 安達了一  T-岡田
 海田智行33松井雅人 小島脩平松井佑介 
  34     
  35     
増井浩俊 36     
  37     
比嘉幹貴 38山崎勝己    
  39     
  40~     
  小計     
 合計 


補強ポイント

世代表・将来のチームから

【投手●】山本投手の成功体験もあり、昨年のドラフトで若い投手を多く指名し、近年も高校生投手を中心に指名をしている。その中から宮城投手、本田投手がファームで経験を積み、1軍の経験もした。リリーフタイプでも村西投手がファームで経験を積んでいるが、ファームにも数は少ない。
【捕手×】ファームでも捕手の若手の層は薄く、30歳の飯田選手が多くマスクを被る。フェリペ選手も経験を積んでいるが、ここは即戦力で補強をしてゆきたい。
【内野手●】太田選手が1軍に行ったが、ルーキーイヤーから2年連続で骨折と、不運な状況が続いている。大下選手が支配下登録され、紅林選手、勝俣選手も獲得と、次世代の補強はしているのだが成績を見ると、来年1軍でという事にはならなそうだ。
【外野手▲】根本選手、西村選手が昨年もファームでかなり使われたが、今年も成績は変わらない。吉田、西浦選手、杉本選手を脅かす存在がいない状況で、若い力を加えたい。

戦力外・引退

 今年は新型コロナの影響によりリーグ戦が現在も行われており、戦力外の発表は行われていない。

フロント・監督のビジョン

〇監督:捕手出身
 西村監督がシーズン早めに休養し、中嶋2軍監督が監督代行を務め、監督が途中で交代する事の多い球団として悪い状況が続いている。中嶋監督が続投するかはわからないが、中嶋監督のチーム作りというのもまだわからない。

福良GMは西村監督の前に監督を務め、その時は即戦力投手を欲しがった。しかし、GMに就任してからは野手不足について嘆き、昨年は石川昂弥選手の1位指名をすると、1位で野手の獲得ができないと2位で紅林選手を指名、また5位で勝俣選手を指名した。

オフには大物ジョーンズ選手を獲得し、昨年活躍した中川選手などにも期待されたが、フタを空けると打線が湿った状態が続いた。今年は昨年以上に野手の指名に重きを置くことになる。

チームは3軍制を進め、昨年は福岡ソフトバンクよりも多い13名(支配下5名、育成8名)を指名した。その中でまずは育成6位の大下選手が支配下登録され、一応、大量に指名した成果が出たと言える。今後は高校生で指名した選手が支配下入りし、選手層を厚くする事になれば、福岡ソフトバンクと共に成功の部類に入ってくる。

ただしチームの強さはドラフト1位指名選手によって大きく引き上げられる事もあり、長年のくじ運の悪さもチーム状況に影響を与えている可能性は否定できない。1位で大物の打者を獲得し、チークの軸を作りたい。

補強ポイントまとめ

 投手捕手内野手外野手
2020年戦力から
将来のチームから
戦力外・引退から
チーム・監督の方針から
2019年指名ポジション       

スカウティング情報

視察選手

※数字は優先順予想

守備1位指名
太字は入札候補
上位指名視察・リストアップ
右投手高橋宏斗・中京大中京
栗林良吏・トヨタ自動車
中森俊介・明石商
小林樹斗・智弁和歌山
山下舜平大・福岡大大濠
森博人・日本体育大
大道温貴・八戸学院大
小辻鷹仁・瀬田工
加藤翼・帝京大可児
竹本祐瑛・駒澤大
打田雷樹・大阪学院大
石井聖太・JR東日本
常田唯斗・飯山
蓼原慎仁・桐生第一
シャピロマシュー一郎
・國學院栃木
小芝永久・千葉学芸
黒田晃大・佐和
左投手早川隆久・早稲田大森浦大輔・天理大高田琢登・静岡商
阿部剣友・札幌大谷
捕手 榮枝裕貴・立命館大
二俣翔一・磐田東
山下航汰・京都外大西
古市尊・高松南
土井翔太・郡山
内野手佐藤輝明・近畿大
牧秀悟・中央大
土田龍空・近江
小深田大地・履正社
細川凌平・智弁和歌山
桑原秀侍・神村学園
西野力矢・大阪桐蔭
蔵田亮太郎・聖望学園
平良竜哉・九州共立大
中山礼都。中京大中京
外野手五十幡亮汰・中央大来田涼斗・明石商奥野翔琉・明徳義塾
並木秀尊・独協大
寺本聖一・広島商
井上幹太・神村学園

スカウトコメント

ランク選手名スカウト評価
五十幡亮汰◎牧田勝吾編成部副部長「野球界だけでなく日本のアスリートの中でもトップクラスの足。力強いスイングでパンチ力もある。1位指名する球団もあるだろう」
早川隆久◎牧田編成副部長「1位でないと、取れない投手」
◎佐藤スカウト「社会人を圧倒するだけの力がある」
栗林良吏◎オリックス・福良GM「直球が指にかかっている。球も速く、制球もいいし、勝てる投手」
 並木秀尊○佐藤スカウト「足は一級品」
 森博人○佐藤スカウト「球の力はすごい。春先よりもコントロールがまとまっていた」
佐藤輝明◎下山スカウト「自分の一打でチームの流れを変える力を持っている。これが彼の普通の力。昨日のホームランも含めて、何もびっくりすることはないです」
◎球団関係者「リストに入っています。糸井2世でしょう。見ていくことになる」
山下舜平大◎牧田編成部副部長:「145キロくらいならいつでも投げられる。それを体で覚えたような感じがします。リラックスして投げようとすると、上半身も下半身も緩んでしまいがちなんですが、山下君は球を離す時にバチッと力を込められる。力を入れたら150キロというのが分かって投げられる」
小林樹斗◎牧田編成部副部長「腕を振った中でリリースし、強いボールが投げられる。素晴らしいパフォーマンス。球団によっては高校生は早い時期に出てくるからね」
◎下山スカウト「相手が直球だと分かっていても、まっすぐで空振りが取れる。低めにも投げられる。ワクワクさせてくれる投手だ。」
○谷口スカウト「力を入れれば、これだけの球が投げられることが確認できた」
来田涼斗◎牧田編成部副部長「脚力を大いにアピールしてくれた。ポテンシャルの高さも魅力的。将来は中軸を打てる選手になってほしい」
△山下スカウト「来田君は体も軸もしっかりしてスイング力もある」
中森俊介◎牧田編成部副部長「令和のスター選手になれる素材。いつでもストライクが取れる指先の感覚、ギアを入れた時に空振りが取れる球もある。改めてエースになる要素を兼ね備えていると感じた。プロ志望届を出すか出さないかだけです」
○下山スカウト:「直球、変化球とボール自体が良いのはもちろん、周りが見えていて感じたことを実行できる。いろいろな投球ができるというのはプロでも大切」
◎乾スカウト「この環境であれだけのパフォーマンスができるのは頭の良さを感じます。自分の体のコントロールがしっかりできている。」
◎牧田編成部副部長「指先、天性の感覚。まっすぐ、変化球の質もトップレベル。さすがだなと思いました」
◎下山スカウト「中森君は、どの球種もコントロールできていて素晴らしい投手だと思う。自分の体を操れる投手は少ない」
高橋宏斗◎牧田編成副部長:「こうすればスピードが出るという方法が分かっている。昨秋に評価したように1位は変わらない。9回に153キロ投げるエンジンの大きさ、すべてに関してすごさを見せてもらった。ホレました。この暑さの中、エースとして大事なものを見せてくれた。彼が志望届を出すか出さないかで、戦術・戦略が変わってくる」
◎谷口スカウト:「いい投手はたくさんいるが、球の力は一番かもしれない」
 小深田大地○下山スカウト「追い込まれてからもバットに当てている。バットコントロールがいいし肩もいい」
○乾スカウト「少ないチャンスの中でも結果を出しているところは素晴らしい」
 奥野翔琉○牧田編成部副部長「奥野の野球センス、特に走塁のセンスを見させてもらった」
 小辻鷹仁○下山スカウト「先を見据えて、出し切っていない中でこの三振の数は力があるということ。変化球もストライクを入れる能力がある」
 小芝永久○早川スカウト「しっかり腕が振れるので、打者は変化球も振っちゃう。真っすぐはもっとスピードが出そう。投球が小気味いい」
 細川凌平○乾スカウト「素晴らしいものを持っている。どんな状況でも次の塁を狙ったり、前へ行く姿勢が素晴らしい」
 阿部剣友○佐藤スカウト「人のないものを持っている。可能性は秘めている」
 和田泰征○早川スカウト「肩もいいし、打てるキャッチャー」
 桑原秀侍◎縞田スカウト「詰まった感じだったが腕っ節の強さがある。あそこまでは力がないと飛ばない。投手としても打者としても、魅力がある。能力が高く楽しみです」
 二俣翔一◎牧田編成部副部長「打撃は文句なし。体の軸を回して引っ張り込んだりとか、考えて打とうとしている。とにかく反応しているのが凄い。どんな投手でも対応できちゃうと思っている。肩も走りも魅力。声掛けも含め成長している」
○乾スカウト「肩が強いのが魅力で、トータルでバランスが取れている。これからも追い掛けたい選手です。ランナーが出たら狙っていますよね。周りを見る目がある。自分が何とかしようという気持ちが出ていたと思います。」
 加藤翼○谷口スカウト「直球の質はいい。うちの本田に似た伸びしろを感じる」
 土井翔太△乾スカウト「打てるキャッチャーはかっこいい」
 吉川貴大○下山スカウト「真っすぐで空振りを取れるのは魅力」
 打田雷樹○谷口スカウト「力投派。打者に向かう姿勢がいい」
 斎藤佳紳○山下スカウト「前へ前へと気持ちが出ている。躍動感がある。おもしろい。将来が楽しみ」
 牛島希○牧田編成部副部長「視野の広さや集中力の高さがあり、今後すごく気になる右打者の一人」
 森翔太郎○牧田編成部副部長「サードを守る立ち姿が大きく見え、いい意味で余裕を感じる。バッティングは下半身の使い方など本人の能力でもっとアピールできると思うので、練習も見てみたい」
 高田琢登◎乾スカウト「自分のテンポでしっかり投げ切れている。素晴らしかった」
○乾スカウトも「テンポ良く投げていた。今後も注目したい」
 瀧倖之介○縞田スカウト「脚力もあるし、パンチ力もある。トータルの能力が高い選手」
 黒田晃大○牧田編成部副部長「上でやりたいという気持ちを出し、打者に向かって行く姿勢がいい。ランナーを出した時は意識して低めに集めるなど、考えて投げているのもよく分かる」
 石井聖太○上村スカウト「スピードガンで最速は142キロだったが、球の質がよく、変化球のコントロールもよかった」
 大道温貴○上村スカウト「直球で勝負にいけている。打者が受け身とみるとテンポを上げるなど、余裕を感じさせる」
 田所宗大△谷口スカウト「将来性を感じました」
 牧秀悟△佐藤スカウト「逆方向にも打てる右の内野手」
 西野力矢○谷口スカウト「スイングが強いし、楽しみな選手」

オリックススカウト情報

役職名前経歴担当地区 
育成統括GM福良淳一延岡工-大分鉄道管理局統括 
編成部部長牧田勝吾島田商-愛知学院大-日本通運全国 
アマスカウトグループ長山口和男山陽高-広島電機大-三菱自動車岡崎全国 
アマスカウト縞田拓弥東福岡-日本大-JR東日本九州 
アマスカウト谷口悦司大阪桐蔭-日本生命東海・北信越 
アマスカウト上村和裕北照高東北・関東 
アマスカウト下山真二社高-立命館大-日本生命関西 
アマスカウト早川大輔船橋高-立教大-Honda中国・四国 
アマスカウト乾絵美神戸常盤女子-ルネサス関西 
アマスカウト佐藤真一東海大四-東海大-たくぎん北海道 

オリックスバファローズのドラフト指名予想

 1位2位3位
パターン1佐藤輝明・近畿大中森俊介・明石商
五十幡亮汰・中央大
来田涼斗・明石商
山崎伊織・東海大
二俣翔一・磐田東
辻本勇樹・NTT西日本
パターン2牧秀悟・近畿大来田涼斗・明石商
古川裕大・上武大
榮枝裕貴・立命館大
山崎伊織・東海大
西田光汰・JR東日本
パターン3中森俊介・明石商古川裕大・上武大
小深田大地・履正社
平良竜哉・九州共立大
渡部健人・桐蔭横浜大
今川優馬・JFE東日本

パターン1:理想パターン

流れ:1位指名を公表している佐藤選手を獲得できた場合、野手の補強に一息つけるので2位は早い指名順を生かし、高く評価している中森投手などの指名か、または4年時にケガなどで成績を落とした選手を指名することも少なくなく、東海大・山崎投手の指名も考えられる。または外野手の補強として五十幡選手、将来の主軸候補として来田選手を指名する。
 3位では捕手の補強として高校生なら二俣選手、即戦力なら辻本捕手などを指名する。

狙い:強打の内野手を獲得し、サードのポジションがようやく埋まる。また中森投手、山崎投手を獲得できれば右の先発に大きな1枚が加わる。外野手も西浦、杉本選手からポジションを奪いそうな二人で、五十幡選手は広い球場の外野守備で防御率に貢献し、リードオフマンとしていろいろな攻撃ができ、塁に出れば相手ピッチャーにプレッシャーを与えられる存在。来田選手は、タイプ的に吉田選手に近いと思う。吉田選手の近くにいることで良い成長が期待できる。中嶋監督が就任した場合には捕手の選択肢を増やしたい。また山崎投手が3位で獲得できれば、2年後に山本クラスの投手となって出てくるかもしれない。

課題:文句はないと思います。

パターン2:こっちでも満足パターン

流れ:1位で佐藤選手を外した場合、右の内野手・牧選手が残っていたら指名する。2位は基本的にパターン1と同じだが、二俣選手、榮枝選手といった捕手の補強を優先させてみた。3位でもパターン1と同じように山崎投手の指名、またはリリーフの柱候補として地元&JR東日本の縁のある西田投手を指名する。

狙い:牧選手がセカンドかサードに入り、吉田選手と左右の主軸として打撃で結果を残すばかりか、内野手でリーダーシップを発揮し、若い選手にも影響を与えてチームを変えてくれる存在だ。
 即戦力捕手も補強ポイントで、打撃のある捕手として古川選手、榮枝選手が取れれば来年の楽しみが増える。山崎投手なら再来年の右の先発候補、西田投手ならリリーフの柱として大きなフォークを見せてくれそうだ。

課題:牧選手はホームランというよりは打点が多く、打率の高い選手となりそうで、ホームランの魅力のある選手というのは今後も獲得を目指すことになる。

パターン3:1位投手型

流れ:1位で佐藤選手など野手を獲得できなかったパターン。即戦力投手を欲しいという事もなく、将来のエース候補として高く評価していた中森投手を指名する。2位では即戦力野手に行きたい気持ちもあるが、新監督によるやや長期的なチーム作りを考え、T岡田の後輩で将来的には佐藤輝明選手に匹敵する大砲になるかもしれない小深田選手を指名する。
 そうはいっても山本投手のいる間に上を狙いたいため、3位で内野で長打力のある平良選手や渡部選手、外野で今川選手が残っていたら指名をする。平良選手は3位縛りがあるので、本当に獲得をしたいかどうかで3位指名が決まる。

狙い:即戦力野手の補強は出来ないものの、将来のエースと4番候補を獲得し、さらに内野・外野で来年の期待ができる選手が獲得できる。今川選手はチームを盛り上げる力があり、吉田・今川のフルスイングコンビは人気がでる。

課題:内野手は来年も課題が残るため、サードの外国人選手補強、または太田選手、勝俣選手、中川選手の活躍を期待することになる。

2020年オリックスバファローズ ドラフト会議指名選手

順位名前・チームスカウトコメント
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント