東北楽天ゴールデンイーグルスのドラフト指名予想2019

 

東北 楽天ゴールデンイーグルス/ドラフト最新記事

以前のニュースはこちら

補強ポイント分析

チーム構成(年齢・ポジション別):2020年

:ルーキー、:退団、:加入

投手 野手
捕手内野手外野手
右打左打右打左打
小峯新陸 19水上桂
江川侑斗
 黒川史陽,沢野聖悠 武藤敦貴
引地秀一郎
清宮虎太朗
佐藤智輝20     
  21  松本京志郎  
藤平尚真,野元浩輝
千葉耕太
 22石原彪    
津留崎大成,福森耀真 23堀内謙伍村林一輝山田大樹オコエ瑠偉 
安楽智大,小野郁
西口直人
鈴木翔天24太田光 渡邊佳明田中耀飛辰己涼介,小郷裕哉
近藤弘樹,井手亮太郎
木村敏靖
松井裕樹,渡辺佑樹25 内田靖人山崎剛,小深田大翔
山崎真彰
岩見雅紀,和田恋中村和希
則本佳樹,池田隆英
菅原秀,瀧中瞭太
弓削隼人,鶴田圭祐
森雄大
26下妻貴寛南要輔  田中和基
熊原健人,釜田佳直 27 吉持亮汰茂木栄五郎  
寺岡寛治高梨雄平28山下斐紹  フェルナンド 
森原康平,石橋良太西宮悠介29     
則本昂大辛島航30 浅村栄斗 島井寛仁橋本到,島内宏明
福山博之,由規 31足立祐一   岡島豪郎
福井優也塩見貴洋32  銀次下水流昂 
戸村健次 33     
美馬学 34     
  35     
岸孝之 36     
青山浩二 37 今江雅晶   
  38  藤田一也  
  39     
久保裕也 40~ 渡辺直人   
  小計     
 合計 

2019年の戦力と将来のチーム予想

投手
 2019年5年後予想
先発辛島 航(29)9勝6敗
美馬 学(33)8勝5敗
石橋良太(28)8勝6敗
則本昂大(29)5勝5敗
岸 孝之(35)3勝5敗
塩見貴洋(31)3勝1敗
弓削隼人(25)3勝3敗
辛島 航(34)
石橋良太(33)
則本昂大(34)
塩見貴洋(36)
弓削隼人(30)
藤平尚真(26)
近藤弘樹(29)
中継ぎ森原康平(27)64試合29HP
青山浩二(36)62試合18HP
高梨雄平(27)48試合16HP
森原康平(32)
高梨雄平(32)
小野 郁(28)
抑え松井裕樹(24)68試合38S松井裕樹(29)
2軍
(3年目まで)
藤平尚真(21)117.2回
菅原 秀(25) 59.0回
渡辺佑樹(24) 51.1回
近藤弘樹(24) 48.2回
小野 郁(23) 38.0回
野手
守備2019年5年後予想
捕手堀内謙伍(22) 65試合、打率.156太田光(28)
一塁手銀次  (31)141試合、打率.304内田靖人(29)
二塁手浅村栄斗(29)143試合、打率.263、33本浅村栄斗(34)
三塁手ウィーラー   117試合、打率.243、19本茂木栄五郎(30)
遊撃手茂木栄五郎(25)141試合、打率.282、13本西巻賢二(20)
外野手島内宏明(30)133試合、打率.287、10本
辰己涼介(23)124試合、打率.229
田中和基(25) 59試合、打率.188
島内宏明(35)
辰己涼介(28)
小郷裕哉(28)
オコエ瑠偉(27)
2軍・捕手石原 彪(21) 56試合、打率.240【予想打順】
1辰己
2小郷
3茂木
4浅村
5内田
6西巻
7オコエ
8太田
9島内
2軍・内野手西巻賢二(20)106試合、打率.233
内田靖人(24)100試合、打率.258、14本
山崎 剛(24) 70試合、打率.251
松本京志郎(20)79試合、打率.232
2軍・外野手卓丸  (22) 78試合、打率.280
フェルナンド  (27) 74試合、打率.248
小郷裕哉(23) 60試合、打率.239
オコエ瑠偉(22)46試合、打率.295

補強ポイント

2019年戦力から

【先発●】エース則本投手、岸投手が故障などで不調だったが、辛島、美馬に石橋の台頭でAクラス入りした。則本はまだ若くやれると思うがメジャーへの移籍なども考慮すると、次にエースを託せる投手が必要。
【リリーフ●】若きリリーフエースの松井がしっかりしている。中継ぎは外国人と共に、森原・高梨といった社会人野球出身の投手も奮闘を見せる。リリーフは負担の大きなポジションで、常に補強をする必要はある。
【捕手▲】嶋捕手の出場機会が少なくなり、堀内、太田、足立を併用も、打撃面などでなかなか結果を残せず。ただし若い捕手陣なので経験を積ませていくことで花開く可能性がある。
【内野手●】銀次、浅村、茂木の3人は一流の内野陣、サードで外国人起用も物足りず、内田選手、渡辺選手に期待。
【外野手●】田中が不調だったが島内が安定し、辰己、オコエ、小郷と若くて厳しい競争となっている。この中から花開く選手が出てくるだろう。

世代表・将来のチームから

【投手●】5年後を見ると30中盤に差し掛かる投手も多くなる。また則本投手がメジャーを意識する可能性もあり、まずは次世代のエースが必要。岩隈、田中、則本とエースがチームを引っ張ってきた所があり、期待の藤平投手が伸び悩んだことが不安、次期エースを獲得したい。
【捕手▲】若い捕手が1軍に行くようになり、ファームの陣容が薄くなった。嶋選手がチームを離れる事で、さらに若い捕手の層を厚くしたい。
【内野手●】茂木選手はサードに持って行きたいため、ショートの候補に期待。西巻選手に期待かかるが、さらに選手が必要。またファーストは銀次選手のような頼れる存在が欲しい。打撃に特化したファーストも欲しい。
【外野手▲】1軍の争いが激化する中で、ファームは若い外野手が少なくなったため、1軍に上がるのは厳しいものの、それに打ち勝つような特徴を持った選手を獲得したい。

戦力外・引退

 右投手4人、左投手2人、左内野手1人、左右の外野手1人ずつを戦力外とした。またベテランの嶋選手、今江選手と契約しない事を伝えた。特に右投手は入団3年目の25歳前の選手にも戦力外を出した。外野手は中堅どこが戦力外となり、オコエ、辰己、小郷、田中で行くという姿勢がみられる。

フロント・監督のビジョン

〇監督:内野手出身
 三木監督は正直、どんなビジョンを持っているのかなど不明。「総合的にチームワーク力がある、いろんなつながりのあるチームにしたい。」と話しており、繋ぐ野球というのがポイントとなるか。

 昨年は楽天の2軍監督をしており、2軍の選手を見てきている事から、1軍への起用も試みるとみられるが、若い選手がや安くないファームを見て、若い選手の獲得を要望するかもしれない。

 昨年から石井GMとなり、昨年のドラフト会議では1位2位を野手指名、補強ポイントの外野手と捕手を高く評価しての指名となった。そして「あまりにデメリットがあれば野手を取りたい。もう少し議論をしないと」と話し、ドラフト上位で佐々木・奥川・森下を指名したが、あまりに指名の重複が多くなる場合には野手を指名したいと話している。外野手は戦力充実となったが、捕手はまだ補強が必要と考えるか。投手が充実しているこの時に野手の強化を一気に進めようとしているのかもしれないので、今度は内野手、捕手の指名が多くなるかもしれない。

 また、FAでの補強にも積極的で、岸投手、浅村選手、今江選手などを獲得している。今後も有力選手がいれば積極的に行きそうで、補強ポイントはドラフトとFAを併用していく形。

補強ポイントまとめ

 投手捕手内野手外野手
2019年戦力から
将来のチームから
戦力外・引退から
チーム・監督の方針から
実際のドラフト指名4 2 4 1

スカウティング情報

視察選手

※数字は優先順予想

スカウトコメント

佐々木朗希立花球団社長:◎「球速はあるし、変化球も良い。これだけの大歓声でプレッシャーを力にして大したもの。良い縁があって東北を代表する球団のうちに来て活躍してくれればありがたい」
石井GM:◎「プロに入ってもトップレベルの投手に育つことは間違いない。場数を踏ませるプランを作らないといけない。下でずっと使えば育つものでもない」
◎「相変わらずいい球を投げている。真っすぐに変化球もいい。何十年かに一人の逸材でしょう。指名に関してはもう少しチームで議論したいが、日本の宝。みんなが望むところでしょうね」
◎「これから検討していくが、限られた指名候補の中で間違いなくトップ5に入ると思う」
宮越スカウト:◎「1位候補の1人。ドラフト候補の1人として、うちがどうのこうのより、日本球界としてどう育てていくか」
後関スカウト部長:◎「力を抑えても150キロも出るんだからすごい。決勝で投げなかったことで何かあったのかと思ったけど、問題がなかったんだろうなと分かった、投げただけで十分。奥川君ももちろん素晴らしい。ただ、あくまで素材、ポテンシャルだけで考えれば、佐々木君が一番です」
◎「すばらしい。あれを見ただけでわかる。柔らかさと強さがある。球筋がいいし角度もある。直球はスピンが利いて切れていた。要所ではしっかり低く決まる。ちょっと力を入れたら150キロを超えてしまうのが本当にすごい。」
◎「何も言うことなし。とにかくいい。見た目の姿もいい。意外と器用で、思った以上に完成度がある。スカウト歴27年でも、トップ10に入る。松坂や小野仁、彼らに匹敵するくらいの衝撃度だった。大谷みたい、という表現はよく聞くけれど、それくらいのスケールはある」
福田アドバイザー:◎「こんなの見たことがない。筋力がまだついてなく骨格の良さだけで投げているのに、大谷よりも衝撃的。あれは打てない。今まで見た投手の中で最高です。」
奥川恭伸立花球団社長:◎「素晴らしい。甲子園は毎年見に来ているけど、ここ数年ではNO.1のピッチャー」
石井GM:◎「直球とスライダーの質が高く、縦の変化も素晴らしい。うちと縁があるか分かりませんが、間違いなくドラフト1位候補になる資質がある」
◎「打者の近い所で曲がるスライダーは、プロでも振ってしまうかも。あとは縦の変化球があれば無敵じゃないですか」
後関スカウト部長:◎「高校生の中で、来年プロで一番やれそうな投手。もちろん1位候補」
○「表情はくたびれているようにも見えたが、いいボールを投げていた」
◎「春より球威、キレが上がっている。球も強くなっているけど一番は制球。意思通りに投げている。ピッチングをしてるよね。調子が悪くても勝てる投手経験が糧になっている。地方大会で何発か本塁打を打たれたのは、制球が良いだけに簡単にストライクを取ったからでしょう。高校生の中で、来年プロで一番やれそうな投手。もちろん、1位候補」
○「自分のスタイルを持っている。制球が良いので自滅しない。ある程度、思ったところに投げられ、強弱もつけられる。要所で力を入れるセンスもある。」
山田スカウト:◎「ストレートの質や球速、変化球のキレなど見るたびに精度が上がっている。すぐに1軍で投げられるのでは」
○「素晴らしい素材。甲子園でも楽しみだし、これからも追っていきたい」
森下暢仁立花球団社長:◎「素晴らしい。奥川君も見たけど、この3人はすごいですね。これから議論していきます。」
後関スカウト部長:◎「言うことないです。昨秋に比べ、意識して真っすぐを低めに投げ続けられている。リリースポイントを前に持ってこられるようになった。春先のボールの抜けがなくなって、低めに集まってきている。即戦力としてみればNO.1。大学生投手では頭一つ抜けた存在。」
◎「高校時代から上位候補。真っすぐの質はいい」
福田アドバイザー:◎「制球力、キレ、スピードの3要素を全て持っている。コンディションさえ整えば、2ケタ勝てる」
④ 海野隆司 東海大後関スカウト部長:◎「速いだけじゃなく正確。安定感が違う。守備は私がこれまで見てきたアマチュアの捕手の中でもトップクラスです」
鷹野スカウト:◎「肩は甲斐にも負けないのでは。プロでも最上位クラスだと思う」
河野竜生福田アドバイザー:◎「1位で消えるでしょう」
◎「12人には間違いなく入ってくる」
宮川哲 東芝後関スカウト部長:◎「球の力でいけば12人に入ってくるだろう」
立野和明 東海理化後関スカウト部長:○「まだ大学3年生と同期で、伸びしろがある。変化球も使え、先発型として見ていける」
○「真っすぐはコンスタントに140キロ後半、候補としての実力はあります」
 西純矢 創志学園山下スカウト:○「去年まではがむしゃらに投げているだけの印象だった。きょうは力を抜いた感じで140台後半が出ている」
 柳町達 慶応大鷹野スカウト:○「バットコントロールが良く、率を残すタイプ」
 宇草孔基 法政大鷹野スカウト:○「足が速くバッティングも良い。投ゴロで一塁まで全力で走るプレースタイルも評価できる」
 福田光輝 法政大鷹野スカウト:○「振りはいいし、思い切りもいい。ショートとしての動きも良くてスピードもある。走るフォームも良い」
 郡司裕也 慶応大鷹野スカウト:○「もともとバッティングは勝負強いものがある。イニング間の送球も速く、大学生捕手として注目されるだけの力がある」
 伊勢大夢 明治大沖原スカウトも:○今日は余裕を持って投げているように見えた」
 井上広大 履正社愛敬スカウト:○「打ち取られた球をちゃんと仕留めることができている。センバツの時は受け身だったけど、今は打席の中で整理して打つことができている。スイングに癖が無くて、シンプルに打てる。軌道も良くなっている」
○「ナイスバッティング。ファーストストライクから甘い球を仕留められるようになった。体格もいいし、鍛えがいがある。右打者で長打を打てるのが魅力的」
 太田龍 JR東日本後関スカウト部長:○「低めに丁寧に投げていた。内野ゴロが多いでしょ」
 井上温大 前橋商沖原スカウト:◎「いじるところが見当たらない。3年後にはすごい投手になっているはず」
 杉山晃基 創価大沖原スカウト:○「球に強さがある。投げっぷりがいい」
 米山魁乙 昌平沖原スカウト:○「投げっぷりがよく、稀少な高校生の左腕投手として見ている」
 國吉吹 沖縄水産関係者:「身長はあまり高くないけど、いいストレートを投げる。本格的に試合で投げ始めたのが昨秋からなので、一冬越えたらもっと伸びてくる」

東北楽天ゴールデンイーグルスのドラフト指名予想

パターン1:理想パターンも育成型

流れ:1位では最も高く評価しているとみられる佐々木投手を1位指名、2位で捕手を指名し、3位では石井GMが見た中で最もよい左腕投手を指名する。

狙い:岩隈、田中、則本と右のエースが引っ張ってきたチームに、系譜を継ぐ右のエースが誕生する。則本選手がメジャーを意識しても安心して送り出せる。2位は昨年に続き捕手の指名だが、郡司選手は打撃もあり、そして仙台育英出身の選手で地元への繋がりもある。3位は石井GMが判断した最もよい左腕投手を指名する。予想するのは難しいが井上投手はフォームを直す所のない左腕で評価は高そう、林投手もキレのある球を投げる左腕。また宅和投手は即戦力では河野竜生投手、浜屋将太投手に次ぐ左腕だと思う。

課題:若い内野手、外野手の指名は出来ておらず、4位以降の指名が重要。

パターン2:補強ポイント1型

流れ:1位で佐々木・奥川・森下の抽選を外すか、3人に指名が集中すると判断した時は、野手でいくと石井GMが明言しており、野手の中で最も高く評価している海野捕手を1位指名、2位では宮川投手が残っていれば指名、残っていなければ将来のエース候補として鈴木投手を指名する。3位では内野手の補強として、守備・走塁で高く評価している法政大の福田選手を指名する。

狙い:補強ポイントの中から捕手を課題とした場合で、海野選手は1年目からマスクを被り、ソフトバンクの甲斐捕手とベストナインを争うくらいの力を持っている。堀内、太田など1軍でプレーした捕手を圧倒する可能性もある。2位では2020年を見るならば右で特徴のある宮川投手を指名、1位で投手をとらなかった事での指名となるが、サイドから154キロの速球は威力十分。右の先発、リリーフの候補となってくる。ただし、三木新監督という事で将来性みれば、鈴木選手を指名し、佐々木、奥川と同世代の将来の右のエース候補を獲得するかもしれない。3位では即戦力内野手、特に守備に強みを見せる福田選手には足なども評価をしており、今江が引退しサード茂木の転向を手早く行うためショートの即戦力となる。

課題:地元の佐々木が他球団で活躍する姿をみて悔しい想いをする。4位以降で左投手や若い内野手の指名が重要となってくる。

パターン3:補強ポイント2型

流れ:1位で3人を獲得できないか、または3人に指名が集まると考え、野手の単独1位指名。その中で将来の内野手の主力候補として、石川選手、森を選択する。2位では課題の捕手の指名で郡司選手を指名、3位では石井GMは最もよいと判断する左腕投手を指名する。

狙い:外野が充実している中で内野手にも競争を起こすため、高校トップクラスの選手を1位指名する。スラッガータイプでは石川選手を指名し、内田選手と競争、遊撃手タイプなら森選手を指名し、茂木選手がサードに回った時のショートを西巻選手と争う。2位、3位はパターン1と同じ理由。

課題:地元の佐々木が他球団で活躍する姿をみて悔しい想いをする。2020年に向けて、ドラフトでの投手の補強がやや手薄を感じられ、来年の投手陣が大丈夫かとファンが不安になる。

2019年東北楽天ゴールデンイーグルス ドラフト会議指名選手

順位名前・チームスカウトコメント
1位小深田大翔・内野手・大阪ガス担当スカウト:愛敬尚史
走攻守にバランスの取れた選手。走力は一軍でもトップクラスで、守備面でもフットワーク、グラブ捌きが良い。俊敏で守備範囲を広く守ることができ、チームを助けてくれる存在。
2位黒川史陽・内野手・智弁和歌山担当スカウト:愛敬尚史
打撃力に秀でている選手。打てる大型内野手として期待が持てる。人間力も高く、次世代の楽天イーグルスの内野陣を引っ張れる魅力がある。
3位津留崎大成・投手・慶応大担当スカウト:鷹野史寿
球に馬力があり、カーブの曲がりがよく、縦変化で空振りを取れる球を持っている。
4位武藤敦貴・外野手・都城東担当スカウト:大久保勝也
打率を残せるミート力と、瞬発力のある振りからの打撃力が特徴の外野手。選球眼が良く、甘い球を1球で仕留める能力があり、パンチ力もある。肩の強さはあり、脚力も俊足レベル。
5位福森耀真・投手・九州産業大担当スカウト:大久保勝也
真上から投げ下ろすパワータイプ右腕。馬力があり、球が強くスピードもあり球質が重い。完投能力があり連投するタフさも持っている。
6位瀧中瞭太・投手・Honda鈴鹿担当スカウト:山田潤
ベース上で勢いがあるストレートと、打者のインサイドにしっかりと投げ込むことができるのが魅力の投手。
7位水上桂・捕手・明石商担当スカウト:愛敬尚史
送球の安定感やフィールディング、観察力がある。捕手らしい選手。
育1位江川侑斗・捕手・大分担当スカウト:大久保勝也
身体に馬力があり、捕ってからの素早さに加え、スローイングの正確さがある捕手。打撃に関しても振りが強く木製バットでの対応力がある。
育2位小峯新陸・投手・鹿児島城西担当スカウト:大久保勝也
非常に見栄えの良い長身の本格派オーバーハンド右腕。ストレートは角度があり、球の質が良く将来性を感じる。
育3位山崎真彰・内野手・ハワイ大担当スカウト:後関昌彦
コンタクト能力が高い、シュアな打撃が魅力の、三拍子揃ったバランスの良い遊撃手。内野はどこでも守れるユーティリティープレーヤー。
育4位沢野聖悠・内野手・誉高担当スカウト:山田潤
コンタクトする能力には長けており、詰まりながらもしぶとくヒットを放つなど粘り強い打撃がある。今後大きく育つ可能性を秘めた素材。

 

 

東北楽天スカウト情報

役職名前経歴担当地区 
GM石井一久東京学館浦安統括 
スカウト部長後関昌彦習志野全国 
アマスカウト沖原佳典愛媛・西条高-亜細亜大-NTT関東・NTT東日本関東 
アマスカウト山田潤城西大城西-朝日大東海 
アマスカウト愛敬尚史金光第一-帝京大-松下電器関西 
アマスカウト山下勝己近大付-近大中国・四国 
アマスカウト大久保勝也長崎・海星高九州 
アマスカウト鷹野忠寿浦和学院-国士舘大-日産自動車関東 
アマスカウト宮越徹郡山高校北海道・東北 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント