東京ヤクルトスワローズのドラフト指名予想

 

東京ヤクルトスワローズのドラフト関連最新記事

以前のニュースはこちら

補強ポイント分析

チーム構成(年齢・ポジション別):2020年

:ルーキー、:退団、:加入

投手 野手
捕手内野手外野手
右打左打右打左打
奥川恭伸 19  長岡秀樹,武岡龍世  
市川悠太,鈴木裕太 20   濱田太貴 
金久保優斗  21  村上宗隆  
梅野雄吾寺島成輝22古賀優大    
吉田大喜,杉山晃基
大西広樹
高橋奎二,日隈 ジュリアス23 廣岡大志太田賢吾渡邉大樹 
清水昇久保拓眞24山川晃司,内山太嗣  中山翔太 
蔵本治孝 25  奥村展征,宮本丈
吉田大成,松本友
  
星知弥,田川賢吾,沼田拓巳坂本光士郎,中尾輝26     
原樹理 27松本直樹  塩見泰隆山崎晃大朗
風張蓮,大下佑馬 28西田明央山田哲人   
高梨裕稔,平井諒岩橋慶侍29大村孟西浦直亨   
小川泰弘 30中村悠平    
屋宜照悟 31    田代将太郎
石山泰稚山田大樹32  藤井亮太 上田剛史
 村中恭兵33 荒木貴裕川端慎吾  
  34     
山中浩史,寺原隼人中澤雅人35  三輪正義  
  36 大引啓次  坂口智隆,雄平
近藤一樹 37井野卓畠山和洋   
館山昌平 38    青木宣親
  39     
五十嵐亮太石川雅規40~     
  小計     
 合計 

2019年の戦力と将来のチーム予想

投手
 2019年5年後予想
先発石川雅規(39)8勝6敗
小川泰弘(29)5勝12敗
高梨裕稔(28)5勝7敗
山田大樹(32)5勝4敗
原 樹理(26)3勝7敗
高橋奎二(22)4勝6敗
小川泰弘(34)
原 樹理(31)
高橋奎二(27)
清水 昇(28)
金久保優斗(25)
市川悠太(24)
中継ぎ梅野雄吾(21)68試合30HP
近藤一樹(36)59試合22HP
鈴木裕太(24)
蔵本治孝(29)
抑え石山泰稚(31)34試合10S梅野雄吾(26)
2軍
(3年目まで)
清水 昇(23)90.1回
久保拓眞(23)45.1回
蔵本治孝(24)39.0回
市川悠太(19)19.1回
鈴木裕太(19)19.1回
野手
守備2019年5年後予想
捕手中村悠平(29)125試合、打率.283古賀優大(26)
一塁手村上宗隆(20)132試合、打率.231、33本村上宗隆(25)
二塁手山田哲人(27)131試合、打率.273、33本山田哲人(32)
三塁手太田賢吾(22) 79試合、打率.258廣岡大志(27)
遊撃手奥村展征(24) 81試合、打率.206宮本 丈(29)
外野手雄平  (35)121試合、打率.283
青木宣親(37)128試合、打率.295
バレンティン  111試合、打率.280、31本
濱田太貴(24)
中山翔太(28)
塩見泰隆(31)
2軍・捕手古賀優大(21) 80試合、打率.290【予想打順】
1塩見
2濱田
3山田
4村上
5中山
6廣岡
7古賀
8宮本
2軍・内野手宮本 丈(24) 88試合、打率.268
吉田大成(24)101試合、打率.238
松本 友(24) 92試合、打率.248
2軍・外野手濱田太貴(19)105試合、打率.254、8本
渡邉大樹(22) 98試合、打率.197
中山翔太(23) 78試合、打率.267
塩見泰隆(26) 74試合、打率.310

補強ポイント

2019年戦力から

【先発▲】ベテランと他球団から獲得した投手に頼る形。原投手に期待するも2、3年を続けて活躍するまでには至っておらず、エースとなる投手がいない。左も先発が期待できる投手がほとんどいない
【リリーフ▲】は若い梅野投手と外国人頼りとなっており、リリーフではっきりと信頼を置ける投手も不在。梅野投手がリリーフとして定着できれば頼もしく、若い投手でリリーフ向きの投手は蔵本投手、風張投手など比較的いる。
【捕手▲】中村選手がいるが、2番手、3番手の捕手が不在、22歳前後の捕手を1名獲得したい。
【内野手▲】山田、村上の2人はまだ若くチームの軸になる存在。ただし2人をバックアップする内野手がおらず、サード、ショートの選手もいない。
【外野手▲】ベテラン頼りではあるが、中山選手が打撃を見せはじめ、明るい兆しも見えつつある。ただし全体的に数が少なく、もう1枚は指名したい。

世代表・将来のチームから

【投手▲】先発投手は、市川、金久保、高橋奎といった若手の期待をしたが、まだ未知数のところも多い。清水も初年度に苦しみ、原投手のような感じになるか。寺島投手もやや厳しい状態が続く。
 リリーフは梅野選手が抑えに定着してほしい所だが、蔵本投手や鈴木投手なども球威のある投手でリリーフとして投げていけそうだ。
【捕手▲】捕手は古賀選手が頭角を現しているが、若手捕手の数が少なく、競争できる相手がいない。
【内野手▲】ショートを任せられそうな若手がいない。山田選手も将来的にサードに回る可能性もあり、ショート・セカンドの選手を獲得して育てたい。
【外野手▲】濱田選手、中山選手は強打者タイプとして期待の右バッター。左で1番で足を見せられるような外野手が少ない。

戦力外・引退

 戦力外の1次発表では右投手3人、左投手2人が引退・戦力外となった。投手については若返りを図りたいという意図がはっきり見える。
 野手も強打の内野手一人とショートを守れるベテランなど内野手3人が戦力外。ショートの候補が少ない中での戦力外で遊撃手の指名はありそうだ。
 貴重な若手捕手も一人が戦力外となり、捕手は最低でも2枚は欲しい感じになった。

フロント・監督のビジョン

〇監督:投手出身【新任】
 高津監督は1軍監督の最初の年という事になる。投手育成を球団から求められており、高津投手も投手陣の復活を目指す。
 野手について、狭い神宮ではあるものの、投手中心の方針からセンターラインの強化も必要不可欠で、特にショートは不在の状態となっており、守れるショートを育てていくだろう。センターについては高津監督の在任中は青木選手と割り切って使うかもしれないが、ベテランでケガなども出てくる。
 捕手については他球団が複数人の捕手で運用するようになっているが、今のところ中村選手しかいない状態。頼れる捕手ではあるが、高津監督在任中に若手捕手に変えていくプランもありそうだ。
攻撃面では山田、村上、中山などが軸となり、神宮球場ではホームランを打てるかどうかが鍵となる。ただし、バレンティン選手の動向が分からない中でやや落ちるものの、守備はアップすると割り切って1,2番の強化の方を優先するかもしれない。

 球団は高校生を獲得して育成する方針を強くもっており、村上選手、梅野投手と結果を出す選手も出てきて、この傾向は今後も変わらない。逆に1位で指名をした大学生投手が伸び悩んでいるのも見られ、今後は1位指名も高校生という事が増えてくるかもしれない。

補強ポイントまとめ

 投手捕手内野手外野手
2019年戦力から
将来のチームから
戦力外・引退から  
チーム・監督の方針から  
実際に指名されたポジション4   2  

スカウティング情報

視察選手

※数字は優先順予想

スカウトコメント

森下暢仁 明治大伊東編成部長:「スピードもあって、コントロールも良く変化球も操っている。高校生とは違う。今日は力みがあったんじゃないかな。変化球が高めに浮いたりしていた。でもこれからどんどん調子を上げてくるでしょう。即戦力はもちろん、1位候補の1人ですよ。」
橿渕デスク:「いくかいかないか監督や会社の意向でしょうから」
○「打たれても、悪いなりに自分の投球ができるようになった。将来、日本のエースになれるような才能を持っている」
「来年のローテーションを考えていくか、3年後を見るかということで変わるが、現時点で即戦力では森下が一番」
佐々木朗希 大船渡伊東編成部長:「今日の佐々木君は腕を振って投げていて、いい球を投げていた。やっぱりスピードボールが魅力。奥川君とも森下君とも違う。これまで見た事のない投手。1位候補に変わりはありません。」
橿渕デスク:○「投手と打者の間が近く感じる」
「変化球もうまいし、強さとテクニックがある。強さと柔軟性のある投手。高校生としてこれだけ能力を秘めているピッチャーは初めて。今年に限らず、今までにもなかなかいない。大谷翔平選手に匹敵する。最終的にはチーム状況によるけど、それを無視してでもいきたい素材。」
斉藤スカウト:「日本の宝、世界の宝になっていく選手なので育成が大事になるという話もさせていただいた」
○「頭のいい選手。夏の盛岡大付や花巻東を想定していたんじゃないですか。いろいろな反応を見たかったんでしょう」
「本気で投げたストレートはプロの打者でも簡単には前に飛ばないと思う」
中西スカウト:「ボールを投げる感覚が素晴らしい。久しぶりの登板でも良いボール、再認識した。即戦力ですよ」
奥川恭伸 星稜伊東編成部長:○「プロでもなかなかいない能力の高さ」
橿渕デスク:「完成度に磨きがかった。毎回、毎回右肩上がりに良くなっている。文句の付けようがない。超高校級。球威、コントロールとも、今まで歴代の松坂投手とかマー君、ダルビッシュ、この辺と匹敵するようなピッチングだと思う。間違いなく競合する存在、あとはローテに入るための体力をつけるだけ。佐々木と比べても完成度、投げる体力は奥川の方が数段上。投げミスをしてはいけない場面で投げ切れる」
「真っすぐはもちろん曲がりの遅いスライダーがいい。速いスライダーも打者の手元で曲がるから真っすぐに見える。去年よりスケールが大きくなった。巨人・菅野みたい。高校生では打てない。大学、社会人の投手を含めてもトップクラス」
阿部スカウト:「プロに入って後々についてくる制球力がすでにある。アマの中では大学生を含めてNO.1投手じゃないですか」
立野和明 東海理化伊東編成部長:○「21歳と年齢は若いし、スピードもあるので楽しみ」
橿渕デスク:
○「上位候補には変わらない。まだ21歳、潜在能力があるのは間違いない。チームのエースになれる資質があるとは思います。」
「今日の状態で評価は変わらない。若くて伸びしろもある」
河野竜生 JFE西日本橿渕デスク:○「完璧な内容。スライダーの見極めが難しいから、バッターが翻弄されている感じ。」
宮川哲 東芝伊東編成部長:○「ギアをダウンさせる、トップに入れるというところは非凡なものがある。スピード、制球力も非常にいい」
橿渕デスク:「ボールは素晴らしい。ボールの力はトップクラス。先発でいけると思うし、上位12人に入るでしょう」
海野隆司 東海大伊東編成部長:「守備だけならすぐ使える。2位までじゃないと獲れないでしょ」
橿渕デスク:○「広角に打ち分け、強打もある。守備に関しても先発投手をよく立て直した」
及川雅貴 横浜伊東編成部長:○「先日も良かったし、今日も安定していた。一時期の不調を脱した感はある。暴れるような球もほとんどない。いい左投手はどのチームもほしい。非常にいいものを見させてもらいました」
橿渕デスク:△「きょうで評価が変わることはない。自信のある直球で勝負できるようになってほしい」

佐藤都志也 東洋大橿渕デスク:「一発で仕留めた。捕手でこれだけ打てるのは間違いなく上位候補」
 前佑囲斗 津田学園中西スカウト:○「スピードガンと勝負することなく、メリハリを利かせてちゃんとピッチングができる。センスを感じる」
○「以前は力任せだったがピッチングができるようになってきた。下と連動してくれば」
 東妻純平 智弁和歌山橿渕デスク:「本塁打を打てたし、肩も強い。魅力的な選手。打つ方も力強い。将来プロでレギュラーでいける選手。」
 杉山晃基 創価大橿渕デスク:○「将来的には、広島・大瀬良タイプかなと見ている。本来は力で押す投球。そういう意味では、変化球中心という違った一面を見せた。」
 小孫竜二 創価大伊東編成部長:△「オーソドックスでまとまった投手」
 松田亘哲 名古屋大中西スカウト:△「今年のドラフトは左の投手が少ない中、貴重。将来性を感じる」
 井上広大 履正社橿渕デスク:○「高校球界でもかなりの長打力。プロの球界でも間違いなく活躍できる素材」
阿部スカウト:○「右の大型外野手で長打が魅力。スケールが大きい」
 岡林勇希 菰野伊東編成部長:△「初戦で力みがあったのは仕方ない。パワーピッチャーは少ないので、これからも見ていく選手」
 太田龍 JR東日本斉藤スカウト:△「力みなくリリースが安定している。同じ腕の振りからフォーク、チェンジアップを決め球に使えば打つのは難しい」
 岡野祐一郎 東芝斉藤スカウト:○「試合を壊したことなど見たことない。1~9回まで同じスピード。でもピンチでギアを上げる。球速だけが大事じゃない」
 井上広輝 日大三阿部スカウト:△「真っすぐとスライダーのコンビネーションがいい。ピンチで三振が取れるのは魅力」
 菊田拡和 常総学橿渕デスク:△「貴重な右の強打者で、中日・平田に打ち方が似ている。パワーは高校生離れしている。」
 井上温大 前橋商橿渕デスク:○「打者の予想以上に曲がった。とにかくフォームがきれいで潜在能力がある。けん制、フィールディングを含めて直すところがない。伸びしろがものすごくある投手。将来的には内海、高校生の左腕で5本の指に入るでしょう」
 杉尾剛史 宮崎産経大橿渕デスク:「相手や状況を見ながら、大人の投球ができていた」
 玉村昇悟 丹生伊東編成部長:○「前の方で離せているし、出どころも見にくい。三振は少ないけど空振りが取れる。140キロ超えがなくても速く感じる。左はなかなかいないので注目してみていきたい」
 重吉翼 日本航空石川橿渕デスク:○「まだ力を抜いて投げている。シンプルなフォームでクセがない」
 北山比呂 日体大丸山スカウト:△「もっともっと強い」
 谷川刀麻 近畿大阿部スカウト:○「秋よりしっかり振れている。これから春も注目していく」

東京ヤクルトスカウト情報

役職名前経歴担当地区 
編成部長伊東昭光帝京高-本田技研統括 
スカウトグループデスク橿渕聡春日部共栄-明治大-日立製作所全国 
スカウト中西親志三重・相可高-NTT東海東海・北信越 
スカウト山本哲哉南部高-近畿大-三菱重工神戸北海道・東北・関東 
スカウト松田慎司報徳学園高-西濃運輸九州 
スカウト岡林洋一高知商高-専修大四国、中国 
スカウト斉藤宜之横浜高東北・関東 
スカウト阿部健太松山商関西・北陸 
スカウト丸山泰嗣東福岡-武蔵大関東・北信越 

東京ヤクルトのドラフト指名予想

 10月15日のスカウト会議で奥川恭伸投手の1位指名決定!

パターン1:理想パターンも育成型

流れ:1位で奥川投手を抽選で獲得し、2位で佐藤選手が残っており、いちばん最初に指名する利点を生かして1位クラスを2人獲得した。

狙い:奥川投手は高校生離れした即戦力右腕で右のエースが確立される。また、佐藤選手は、捕手として中村選手を脅かす他、外野・一塁でも左の強打者として活躍をしそう。3位では課題の左腕投手の指名、視察情報はないものの、浜屋投手は寺島投手と同学年の左腕で、先発・リリーフも期待できる他、寺島投手への刺激となる。

課題:特になし

パターン2:バッテリー補強型

流れ:1位で奥川投手の抽選を外すか、単独1位指名で課題の左の先発を狙う。2位でも課題とみるバッテリーの補強をし、3位では右の先発候補を軸に指名する。

狙い:右は原・清水に期待し、左の先発として成功の確率が高い河野投手を指名、小柄で制球力と球のキレで勝負する投手で、ポスト石川として最適な投手で、寺島投手と同学年で刺激としても十分の選手。2位は今年のドラフト候補で豊富な捕手の候補に絞る。海野・佐藤は1位で消えているとし、1軍は中村に託し高校生を育てるなら東妻、中村と競争、またばバックアップできる捕手ならば郡司を指名する。3位では右の先発候補として、ヤクルト得意の実戦派投手を指名、即戦力として来年の右の投手陣の1枚に高い確率でなってくれそうな投手を獲得する。

課題:チームのエースという点で、佐々木・奥川・森下を獲得できず、欲しかったという思いが残る事にはなる。

パターン3:投手中心・補強ポイント優先型

流れ:1位で奥川投手などを獲得できず、右の先発候補として立野投手を指名、2位でも投手として、残っていれば宮川投手を指名、または左腕の宮城、及川が残っていたら指名をする。3位でも課題の投手を中心に、各ポジションの補強ポイントの選手を指名する。

狙い:1位では2020年の戦力としてこだわり、残っている選手の中で来年に活躍する可能性の高い投手を指名する。立野投手は原、清水投手クラスの力があり、右の先発を担う力がある。宮川投手もスリークォーターからの力のある球があり、リリーフとしての起用も考えられる。左では宮城投手、及川投手の素質は非常に高く、伸び悩む寺島投手に刺激を与える存在になる。3位でも投手にこだわるなら、ヤクルトが指名しそうな社会人投手だと、左なら宅和投手、右なら宮田投手あたりか。また捕手としては藤田選手、内野手は大型内野手の紅林選手、左で強打も足も肩もある選手なら谷川選手という事になる。

課題:素質は高いものの、立野・及川は今年はやや苦しんだ投手で、伸び悩みを見せる東京ヤクルトで復活を果たせるか。また、エースの確立という事で奥川投手、森下投手などが欲しかったとなる可能性は残る。

2019年東京ヤクルトスワローズのドラフト会議指名選手

順位名前・チームスカウトコメント
1位奥川恭伸
投 星稜高
担当スカウト:阿部健太
MAX158キロのストレートと切れ味鋭いスライダーで三振の山を築ける。制球力にも優れ完成度の高さは高校生離れしている。夏の甲子園では準優勝するなど実績も経験も十分な投手で将来球界のエースとして期待が持てる投手。
2位吉田大喜 投
日本体育大
担当スカウト:丸山泰嗣
MAX150キロを誇るストレートに、スライダー・スプリットを決め球に多彩な変化球は切れ味が鋭い。制球力を武器にゲームメイクできる投手。日米大学野球でも活躍し、即戦力としてローテーション入りを期待できる投手。
3位杉山晃基 投
創価大
担当スカウト:山本哲哉
MAX154キロのストレートを誇るタフネス右腕。決め球のフォークも精度が高く三振が奪える。打者を観察しながら投球を組み立てられるクレバーさも併せ持ち、一年目からローテーション入りを狙う。
4位大西広樹 投
大阪商業大
担当スカウト:岡林洋一
気迫を前面に出した投球スタイルで大舞台にも強い。スピンの効いた威力あるストレートはMAX148キロを誇り、力で押す投球も出来る。スタミナもあり即戦力投手として期待。
5位長岡秀樹 内
八千代松陰
担当スカウト:丸山泰嗣
走攻守、三拍子揃った遊撃手。今夏千葉大会では準優勝の原動力となった。シュアで一発を秘めた打撃と、球際に強い堅実な守備で勝負する。次世代のレギュラー候補として期待。
6位武岡龍世 内
八戸学院光星
担当スカウト:斉藤宜之
強打、堅守の遊撃手。力強さを付けた打撃は今夏甲子園でも成長を見せた。U-18日本代表ではユーティリティープレーヤーとしての可能性も広げた。攻守においてセンス溢れる将来のレギュラー候補。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント

  1. スカウトの人事が以前のままですね

  2. 投手ばかり取ってると、昨年見たいなチームになりかねません!ヤクルトは打撃のチームなんで
    投手王国なんて?願ってません。

  3. もう一度IDをしっかりと❗
    橋上さん取りましょう
    楽天イーグルスのシステムはかなりスゴいから
    球団見習って❗

    武内もそろそろ引退か

  4. 2019年のドラフト会議で投打あわせても1巡目に野村選手を獲得してほしいです2巡目からは、左打ちの内野手や外野手とそれいこう右打ちの外野手を獲得してほしいです

  5. スワローズは投手が弱いということはわかりますですが今年は、投手より打てる野手がいないのが現状です来年川端にしても畠山・雄平にしてもピークを過ぎますはっきり言って畠山は今までフルに一軍で活躍しているところは見たことありません今年は野手の新人が豊富といわれる年思い切ってドラフトとでは投手補強を二の次にして、早実の清宮・履正社の安田あたりの野手を優先して指名してください。現状では、使えそうな投手はスワローズにはいっぱいいると思いますどうしても先発投手が必要なら、FAで獲得したほうがファンとしてはありがたいです。

  6. 来年、清宮は、取らないで、ヨロシクです。

  7. 自分も昨年高橋を外したので、今年は渡邊諒を一番で獲得した方が良い。今年は、松井と森捕手などに流れて、内野の渡邊君はヤクルト単独の可能性もある。松井は、イマイチ魅力を感じないし、他に良い投手はいる。

  8. 打力の弱い攻撃陣の充実が大切と思います
    特に内野手として渡邊諒を高校生ですから大砲として育てて下さい
    外れ1位と思ったのですが最初から狙って下さい

  9. me too

  10. テーマ別ドラフト掲示板が見れなくなったのですが、なぜでしょう。ちなみに、わたしはヤクルトファンです。