大学野球選手権、2日目の見どころ

 大学野球選手権は2日目も注目選手が登場します。

神宮球場

 雨のため開始時間が遅れることが発表されている神宮球場、雨が小ぶりになったとしてもマウンドの状態など、大学生にとっては厳しい状況での試合となりそうです。

 第1試合の大体大は、1年生の門前侑太投手がリーグ戦でルーキーながら6勝0敗、防御率0.44と驚異的な成績を残しています。キレのある速球で三振を奪う左腕に注目が集まります。東日本国際大は、大谷翔平投手の甲子園出場を阻んだ二橋大地選手などが大学で成績を残し、去石晴希選手、船迫大雅選手といった東北出身の選手が注目されます。

 第2試合、初出場の皇学館大は練習時間が短い中での選手権出場となりました。対する福井工大は5年連続38度目という出場で対照的です。福井工大の厚い選手層二注目。第3試合も愛知学院大は下級生にも素質のある選手が揃っています。

 

東京ドーム

 第2試合には立命館大が登場、今年のドラフト候補投手、桜井俊貴投手と西川大地投手のピッチング、そして大学代表の内野手・山足達也選手の守備にも注目です。

 第3試合では勝ち上がった九産大が昨年王者の東海大と対戦、九産大は高良投手の先発は厳しそうですが、森川祐至など素質の高い投手が揃っています。

 東海大はエースの吉田侑樹投手は不調ですが、完全試合を達成した丸山泰資投手が注目、高良投手以上のピッチングを見せて、来年のドラフト候補争いをしたい所です。

全日本大学野球選手権2日目の対戦カードと注目選手 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

第64回(2015年)全日本大学野球選手権、注目選手一覧! | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント