日米大学野球、第4戦は引き分け

日米大学野球、第4戦は東浜巨投手が先発、6回を7奪三振で無失点に抑えると、岩貞祐太投手が1点を失い同点に追いつかれる。しかし、3番手で登板した福谷浩司投手が8回1アウトからタイブレークとなった10回を5奪三振に抑えて、延長10回、1-1の引き分けに終わった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント