ドラフト番付(2011年全日本大学野球選手権)

ドラフト番付

2011年全日本大学野球選手権、大学BIG3と呼ばれた東海大・菅野智之、明治大・野村祐輔、東洋大・藤岡 貴裕のうち、出場できたのは藤岡投手の東洋大だけ。出場することが難しいこの大会で、今年も多くの選手が素晴らしいプレーを見せてくれました。

2011年全日本大学野球選手権 ドラフト番付
西
名前大学評価ポイント評価名前大学評価ポイント評価
藤岡貴裕東洋大150kmストレートで1試合19奪三振特→特横綱伊藤隼太慶応大相手投手に勝負をさせない威圧感あり。特→特
大瀬良大地九共大東京ドーム148kmで同志社を完封A→特大関福谷浩司慶応大万全の中継ぎで、決勝では先発で9回0封。150km右腕。特→特
伊藤和雄東京国際大150kmマークに古葉監督が信頼のエースの安定感B→A関脇
浦野博司愛知学院大リリーフで150km、先発でも粘りA→A小結佐藤峻一道都大ストレート、カーブ、スライダーどの球も一級品。A→A
鈴木大地東洋大チャンスへの強さを見せたホームラン。B→A前頭1辻孟彦日体大1回戦で敗れるも球威、制球のレベル高い。A→A
玉井大翔東農大生産手元で伸びるストレートで慶応を苦しめた。A→A前頭2平川貴大同志社大甘さが出るも東京ドームで常時140kmのレベルの高い投球A→A
田中祐樹福岡大テンポとキレの良い投球で完封。B→A前頭3大木康智福岡大スピードに加え安定した投球を見せた。

A→A

小林誠司同志社大見せ場が無くてもスローインはNO1A→A前頭4沖野哲也東京国際大チャンスでタイムリー2ベースにスローインも強い。B→A
井口勇佑龍谷大サイドからの140kmのストレートは力があった。A→A前頭5山崎錬慶応大チャンスに強いバッティングは持ってる男A→A
中根佑二東北福祉大長身に常時140kmを超えるストレートは打たれたが、生えた。

A→A

前頭6竹内大助慶応大テンポとキレと変化球は申し分ない。決勝で先発を任せられるようになってほしい。A→A
山形晃平慶応大短いイニングも持ち前の速球を披露。A→A前頭7松葉貴大大体大球速もあるがキレもコントロールもある好投手。B→B
内山拓哉東洋大140km後半のストレートに安定感B→B前頭8相本芳洋徳山大5安打で敗れる不運も好投をみせた。B→B
梅野隆太郎福岡大スローインはトップクラス。B→B前頭9菅野智也東京情報大サイドからのテンポの良い投球が光った。B→B
川満寛弥九共大球速も140kmをマークしているきれいなフォームの左腕。B→B前頭10陶久亮太東農大生産出番は少なかったが安定感あるエース。B→B
若杉健道都大140km前後のストレートは崩れない制球力あり。B→B前頭11トマセンダニエル東農大生産1回戦でホームランなど長打力を見せた。C→B
白村明弘慶応大球速は早いがまだまだ信頼につながらない。A→B前頭12横井貴行日大国際ピンチになると140km中盤をマークする力のある球。C→B
河津尚幸奈良産大制球が悪かった。B→C前頭13久保田高弘近大工学ノーヒットノーラン達成で注目。無→C
中根貴久愛知学院大スライダーが多く、見せ場が無い投球だった。C→C前頭14
前頭15
十両
十両
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント