2016年センバツ高校野球ドラフト番付

ドラフト番付 高校野球ドラフトニュース

2016年のセンバツ大会に出場した高校生のドラフト番付です。

2016年高校生ドラフト番付

投手 野手
  横綱  
高田萌生創志学園大関藤嶋健人東邦
高山優希大阪桐蔭関脇三森大貴青森山田 
藤嶋健人東邦小結林中勇輝敦賀気比
山崎颯一郎敦賀気比小結九鬼隆平秀岳館 
早川隆久木更津総合前頭1美濃晃成高松商
村上頌樹智弁学園前頭2古賀優大明徳義塾
有村大誠秀岳館前頭3岡崎大輔花咲徳栄
高橋昂也花咲徳栄前頭4宮里豊汰常総学院2年
市岡奏馬龍谷大平安前頭5岡田悠希龍谷大平安2年
吉高壮明石商前頭6綿屋樹鹿児島実
鈴木昭汰常総学院前頭7永広知紀大阪桐蔭
園田涼輔長田前頭8安西翼高松商
堀岡隼人青森山田前頭9福元悠真智弁学園2年
赤羽陸市和歌山前頭10峯村貴希木更津総合2年
神村月光滋賀学園2年前頭11橋本和樹龍谷大平安
金田海都桐生第一前頭12吉沢一翔大阪桐蔭
吉川貴大開星前頭13太田英毅智弁学園2年
内池翔桐生第一前頭14内山昂思青森山田 
櫻井一樹八戸学院光星前頭15植田響介高松商

投手の評価

今大会で最も評価を上げたのは創志学園・高田萌生投手。しっかりとした下半身は昨年秋同様だが、今大会は疲労もない状態で最速149キロを記録、コントロールはまだまだだが鋭いスライダーも見せた。伸びしろでは山崎選手や高山選手にやや劣るが、この大会の投球でドラフト指名選手として文句なしというところに手が届いた印象。

また投手として評価を上げたのは東邦・藤嶋投手、木更津総合・早川投手、智弁学園・村上投手、秀岳館・有村投手、明石商・吉高投手、龍谷大平安・市岡投手など。藤嶋投手は安心してみていられる安定感を見せたが1年生の時のような迫力はやや薄れてきた。有村投手は大型投手でコントロールが良くなりエースとして先発して1試合を任される投手になった。早川投手はキレとコントロールが魅力でこれから球速がつけば今永昇太投手のようになるかもしれない。市岡投手も素晴らしいキレのある球を見せた。吉高投手、村上投手は小柄だが力強い速球を低めに決められる。

評価が変わらないか下げてしまったのは、敦賀気比・山崎投手、花咲徳栄・高橋投手、常総学院・鈴木投手。山崎投手は伸びしろを感じさせるのはこれまでと同じ、コントロールは良くなっているものの素質開花とまではいかなかった。高橋投手、鈴木投手は戦前の練習試合の内容などから期待が高かったが、状態が悪すぎた。

長田の園田投手も素晴らしい投手だった。また、桐生第一の金田投手は3番手で登板し素晴らしいピッチングを見せた。夏にはエースを取っているかもしれない。

野手の評価

東邦の藤嶋選手は一発が見られなくて残念だが、出場選手の中では一番迫力があり、8打数3安打で長打も見せた。青森山田・三森選手は1試合で敗退し4打数1安打2三振もフルスイングを見せた。平沢大河選手のようになるのはこの選手か。秀岳館・九鬼選手も迫力では藤嶋選手に負けていない印象、打撃が良く早川投手からのヒットで技術の高さも見せた。

高松商・美濃選手は元中日・巨人の井端選手のようになりそうな逸材、明徳義塾・古賀優大選手は肩の強さもみせ、4番として打撃の力も見せていた。ショートでは岡崎大輔選手のフットワークやスローイングが良かった。常総学院・宮里選手、龍谷大平安の岡田選手のスイングや打席でのどっしり感は素晴らしく、来年のドラフト候補として注目される。

 

例年ならば投手の数が多くなり野手はそれに比べてやや少なのだが、今年は野手の方も15枚目まで埋まり、この他にも良い選手がいた。

ただし全体的には、ドラフト1位に入ってくる選手というのはこの大会ではおらず、これでドラフト指名は確実となったという選手は、高田投手と藤嶋選手の二人か。山崎投手と高山投手は伸びしろはいつも感じさせているが、いつ開花するのかという状態が続いている。ドラフト指名候補として十分評価できるのだが、課題も見え隠れする。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント