東農大生産学部1年生、玉井大翔投手、好投!

玉井大翔, 東農大生産学部

 全日本大学野球選手権1日目、東農大生産学部VS横浜商科大の試合、東農大生産学部の先発は1年生の玉井大翔投手でした。

 玉井投手は北海道学生野球リーグの開幕戦、北海道教育大函館校戦でいきなり先発を任されると、いきなりノーヒットノーランを達成した投手で、旭川実時代は鈴木駿平(現立正大)と成瀬功亮(2010年巨人育成6位)がいたことで登板機会が少なく悔しい思いをしていた投手です。

 この日の晴れ舞台では145kmをマーク、5回まで1安打無失点に抑える好投を見せました。すごい球を持っているというわけではありません。ストレートは140km前後で驚くほど三振を奪う事はありませんが、球の伸びが素晴らしく、バッターは差し込まれて内野ゴロを打たされていました。三振は4つでストレートで2つ、変化球で2つ奪っており、もう少し球に力が出てくれば、ストレートで1試合二桁三振を奪えるのではないかと思います。

 高校の同級生ライバルに追いつき追い越す、サクセスストーリーが始まりました。

  •  - 

  • PAGE TOP