今日から社会人野球日本選手権、ドラフト指名の13選手が戦う

中日ドラフトニュース 社会人野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 広島カープドラフトニュース オリックスドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

 今日から社会人野球の日本選手権が開幕する。今大会には今年のドラフト会議で指名された13選手が出場し、社会人野球最後の戦いに挑む。

ドラフト指名5選手

 先週のドラフト会議で指名された選手で今大会に出場するのは5人。

東京ヤクルト・ドラフト1位  ヤマハ・竹下真吾投手
横浜DeNA・ドラフト3位  日本新薬・倉本寿彦選手
中日・ドラフト3位  日本通運・友永翔太選手
巨人・ドラフト3位  三菱重工名古屋・高木勇人投手
阪神・ドラフト4位  Honda鈴鹿・守屋功輝投手
オリックス・ドラフト4位 NTT東日本・高木伴投手
オリックス・ドラフト6位  JR東日本・坂寄晴一投手
東京ヤクルト・ドラフト6位  Honda鈴鹿・土肥寛昌投手
東北楽天・ドラフト7位 JR東日本東北・加藤正志投手
オリックス・ドラフト7位  JR東日本・西野真弘選手
東北楽天・ドラフト7位 日本製紙石巻・伊東亮大選手
広島・ドラフト7位  JR東日本・飯田哲矢投手
オリックス・ドラフト8位 日本生命・小田裕也選手

 ヤマハの竹下真吾投手は、「ヤマハのユニホームを着る最後の公式戦。社会人の集大成として優勝を目指して強い気持ちを持ちたい。」と話し、日本通運・友永翔太選手も「日本一を置き土産にしたい」とチームへの感謝を語った。

 

来年のドラフト候補も

 この大会は、活躍次第で来年のドラフト会議で注目選手になることも多い。JR東日本の関谷亮太投手は既に侍ジャパン社会人代表のエースとなっており、大学時代も日本代表のエースを務めている。

 またNTT東日本・横山弘樹投手、セガサミー・横田哲投手、七十七銀行の東谷優投手といった昨年注目された大学生も社会人で既にエースとして活躍しており、今大会でも投球が注目される。

 野手では日本生命の上西主起選手とJFE東日本の小峰弘樹選手が注目。上西選手は昨年秋の明治神宮大会で中部学院大の主砲として出場し、ホームランと外野からのレーザービームを連発、今年の広島・ドラフト1位の野間峻祥選手よりも華々しい活躍を見せた。小峰選手も昨年は拓大の主軸として活躍し、社会人でもこの春に活躍を見せた。

 他にもHonda鈴鹿の大城戸匠理選手、JFE東日本の中嶋啓喜選手なども注目される。

 今年のドラフト候補だったが、自らの意思でチーム残留をしたり、指名されずに残留となった選手もおり、来年に向けて気持ち新たにプロのスカウトにアピールをする。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント