横浜DeNAドラフト3位・倉本寿彦選手も開幕レギュラーに

倉本寿彦

 横浜DeNAのショートに背番号5が戻ってくる。ドラフト3位で指名され、この日新入団発表をされた倉本寿彦選手が背番号5を披露し、開幕1軍レギュラーを誓った。

横浜高校出身、横浜ベイスターズファン

 倉本寿彦選手は神奈川県茅ケ崎市出身で、小さい頃から横浜ベイスターズファンで、ショートの石井琢郎選手の背番号5に憧れて野球を始めた。また小学校3年生の時に中畑監督のグラブが当たり握手をしてもらった事があるなど、縁を強く感じさせる入団となった。

 横浜高校から創価大へ進学し、大学屈指と呼ばれる守備力を身につけると、社会人では長打力も見せ始めるなど成長した。そしてこの日、「存在感とプレーで貢献したい。開幕1軍でレギュラーを狙います」と開幕1軍ショートを狙う事を宣言した。

 

寡黙な選手

 記者会見では一言一言を寡黙に丁寧に話し、中畑監督も「無くなった健さんの世界を感じる」と印象を語った。そして「寡黙で行けよ」とプロ野球選手としてのキャラクターについてのアドバイスも行った。

 横浜DeNAではショートで、大きな声や若手や外国人のケアなどでチームのまとめ役になりつつある山崎憲選手、2012年のドラフト1位で馬力のある守備と打撃を見せる成長中の白崎浩之選手がいる。打線や守備の面で今年はチームの弱点にも挙げられたショートだが、梶谷選手や石川選手、藤田選手がショートからコンバートされるなど、首脳陣やファンの目は厳しくレベルは低くない。

 まずは守備でみんなが納得するようなプレーを見せ、底から打撃を磨いて、進藤達哉選手のような選手になってほしい。

 寡黙な「ハマの野武士」に、中畑監督が一目ぼれした。この日に春田真オーナーと会談し、1年契約で正式にサインした指揮官は新入団会見に出席。ドラフト3位・倉本と初対面し、「亡くなった健さんの世界を感じる。顔つきが侍で、野武士のような強い男の印象がある。無口でいけよ!」と、10日に悪性リンパ腫のため死去した銀幕の大スター・高倉健さんになぞらえた。


PAGE TOP