オリックス、明石商・来田涼斗選手を来年のドラフト候補として注目

明石商, 来田涼斗

オリックスは、センバツで1試合2本塁打を放った明石商2年の来田涼斗選手を、来年のドラフト候補としてマークしていくことが分かった。

オリックスジュニア出身

オリックスの球団関係者は「夢のある話ですね」と話し、明石商2年の来田涼斗選手がセンバツで活躍し、来年のドラフト候補となっていることを喜んだ。

来田選手は小学校6年生の時に、12球団ジュニアトーナメントでオリックスの4番としてプレーし、当時のチームの羽田耕一監督は「体の使い方がうまくてセンスがいい。これから伸びていくだろう」と評価していたという。

あれから6年ほどが経ち、昨年夏の甲子園で登場すると、今年春のセンバツ大会では準々決勝の智弁和歌山戦で先頭打者弾&サヨナラ弾の1試合2本塁打を記録、見事にチームをベスト4に導いた。このほかにも外野からの強烈なバックホームや、50m5秒台の抜群の俊足があり、今年のU18代表一次候補にも選ばれ、来年のドラフトの目玉と注目される選手になっている。

オリックスジュニアでは西武の森友哉選手、千葉ロッテのドラフト1位ルーキー・藤原恭大選手などもプレーをしていたが、オリックスに入っている選手はまだいない。今度こそ、ジュニアでプレーした逸材を獲得したいと考えている。

オリックスは吉田選手、頓宮選手の主軸は若くて強力で、今度はイチロー選手のような1番バッターの獲得を目指す。長打も期待できる来田選手は少しタイプは違うかもしれないが、強肩俊足の1番バッターが加われば強力になる。

2020年度-高校生のドラフト候補リスト

今春センバツの準々決勝の智弁和歌山戦で甲子園史上初の先頭&サヨナラ弾をマークしたスーパー2年生は、オリックスジュニア出身。これまで西武・森、ロッテ・藤原などの逸材が同ジュニアに在籍したが、プロでは一人も縁がなかった。球団関係者は「夢がある話ですね」と、今度こそ“生え抜き”のバファローズ戦士誕生を期待している。


PAGE TOP