大学生4人を巡る広島ラブストーリー、地元選手に想いは届かず、野間峻祥選手、薮田和樹投手を指名

大学野球ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 広陵高校出身の早大・有原航平投手、広島工出身の法大・石田健大投手、二人の地元出身選手がドラフト1位候補となっていた1年間、広島は追い続けたものの想いは届かなかった。

地元選手を逃したくない

 広島は今年1年間、早稲田大・有原航平投手、法政大・石田健大投手の名前を挙げ続けた。有原投手は広陵高校でセンバツベスト4となり、高校時代から145km/hの速球を投げる186cmの右腕として注目しており、また石田投手も広島工で3年春の中国大会で快投を見せて優勝をしている。共にその頃から追い続けた投手だった。

 今年正月の時点では共にドラフト1位候補に挙がり、「二人を同時に取るのは難しい」という感じだったが、石田健大投手が調子を崩して評価をやや下げると、1位2位で二人を狙えるかもしれないという状況になってきた。そしてドラフト会議では有原航平投手の1位指名を公表して臨んだ。

 

さまざまな想い届かず

 地元広島の投手、そして今年のNO1投手となった有原航平投手、4球団が指名をして担当の尾形スカウトが抽選に臨んだ。昨年は大瀬良大地投手を担当した田村スカウトがくじを引き当てている。

 そして抽選、残念ながら獲得はできなかった。地元選手に対する想い、そして追い続けた尾形スカウトは届かなかった。昨年の大瀬良投手に対する田村スカウトの想いには負けていなかったと思うが、くじは想いをすりぬけていった。

 

広島ラブストーリー

 外れ1位の指名では緒方新監督が一目ぼれしたという中部学院大の外野手・野間峻祥選手を指名した。1位指名しなければ2位では残っていなかった選手かもしれない。そして石田健大投手は最終的にどのくらいの評価をしていたのか分からないが、2位で広島より先に横浜DeNAが指名をした。結局、追い続けた地元の二人を獲得する事はならなかった。

 2位では亜細亜大の薮田和樹投手を指名した。188cmの体から151km/hの速球を投げる投手として素質は非常に期待されていた。3年春にリリーフで頭角を現して151km/hを記録、九里亜蓮投手、山崎康晃投手に続いてエース誕生かと思われたが、活躍は長く続かずに今年もあまり実績は残せていない。

 それでドラフト2位指名はびっくりさせるものだった。しかし3年春に見せた投球をプロのマウンドで見せられれば、この意外な2位指名を納得させることができる。

 結局、有原航平投手、石田健大投手ではなく、野間峻祥選手、薮田和樹投手で、大学生4人をめぐる広島ラブストーリーは完結した。

 

 大学球界屈指の外野手との呼び声高い中部学院大の野間は広島から1位指名を受け「外れとはいえ、まさかの1位。女手一つで育ててくれた母に感謝したい」と安堵の表情を浮かべた。

 

 広島に1位指名の野間(中部学院大)は岐阜・関市の同大での会見場で驚きを隠さなかった。「まさか。外れ1位ですけど、1位で指名されるとは」。今秋の岐阜学生野球リーグでは首位打者を獲得し、50メートルは5秒8。外野手として守備範囲は広く、セールスポイントは「足と肩」とアピールした。

 

 昨春、昨夏の甲子園でホームランを放つなど、高校通算21本塁打のパワーが自慢。「持ち味はフルスイング。150キロの直球に負けないスイングスピードを身につけたい」。50メートル走6秒0と足も魅力だ。「打って守って走れる選手に」と、広島・緒方孝市新監督(45)のように三拍子そろった選手になるつもりだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント