広島が新入団選手発表、選手の推定年俸、背番号と活躍予想

正随優弥, 羽月隆太郎, 林晃汰, 小園海斗, 島内颯太郎, 田中法彦, 中神拓都, 大盛穂

広島はドラフト会議で指名された8選手の入団発表を行った。選手の推定年俸、背番号、プロでの活躍する姿の予想などをします。

広島2018年入団選手一覧

順位 選手名 位置 出身 身長体重 投打 契約金 年俸 背番号
1 小園海斗 報徳学園 178cm83kg 右左 10000 800 51
2 島内颯太郎 九州共立大 180cm78kg 右右 7000 1000 43
3 林晃汰 智弁和歌山 182cm88kg 右左 4500 600 44
4 中神拓都 市岐阜商 175cm85kg 右右 4000 500 56
5 田中法彦 菰野 173cm81kg 右右 3000 450 57
6 正随優弥 亜細亜大 180cm93kg 右右 4000 700 49
7 羽月隆太郎 神村学園 167cm70kg 右左 2500 450 69
育1 大盛穂 静岡産業大 179cm70kg 右左 300 300 124

 新人選手の横顔

ドラフト1位・小園海斗選手 期待度1年目:☆☆☆☆☆ 3年目:☆☆☆☆☆

ドラフト会議で4球団が1位指名し、根尾選手に並んだ。U18でも根尾選手を外野に回して遊撃手を守るなど、ショートの守備では高校NO.1と評価される。独自の感覚があり、ショートで外野の芝生の位置で守ったり、U18では打球への入り方が良くなくエラーを見せたりと、ややアピールの意識が強い所もあったが、プロとしてのショートの守備のカッコよさを見つけられれば、玄人も好むショートになっていくだろう。
打撃にかんしては、高校生の中で一番良い、大学代表との試合でも西武ドラフト1位の松本航投手からホームランを放つなどパンチ力を見せた。悩む期間に入っても、意外と素早く状態を戻すこともでき、1年目からショートを任せてもいいと思える選手、打率も.280くらいを残してもおかしくない。
田中選手などレギュラー陣が厚いものの、オープン戦では首脳陣を悩ませる所まで行きたい。

ドラフト2位・島内颯太郎選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆☆

上体の力で投げる投手で、試合の序盤は球に角度が付けられると、140キロ中盤から後半の速球を低めに突き刺すが、徐々に球が上ずってくる所がある。大学でも4年時は春4勝0敗、秋5勝0敗と成績を急激に伸ばしたが、変化球の力を増し、粘りの投球もできるようになったから。それでも、九州地区大学選手権では苦労も見せ、プロでもう一皮むけてほしい所がある。大瀬良投手に似ているという評価もあるが、まだ素材型の投手だろう。

ドラフト3位・林晃汰選手 期待度1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆☆☆

大きくて力強いスイング、迫力満点の打席で外角の球を擦ってでもレフトスタンドに運ぶ力があり、インコースもツボにはまった球はライトスタンドに痛烈に突き刺す。ただし、緩急に弱く、抜かれる球への空振りが目立つ。打撃に大きな課題はないので、待ち方の問題を磨いてゆけば、確率もアップするだろう。今のような思い切りの良さを消さない形で成長できれば、松山選手のような形で長く働けるスラッガーになりそうだ。

ドラフト4位・中神拓都選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆☆

投手としても146キロの速球を投げる強肩内野手、高校通算46本塁打の実績があるが、ホームランの打角を出せる選手で、引き付けてはじき返す事ができる。パワーに頼る所もあるがそれでも打撃の確実性も高い選手で、天性の者があるかもしれない。大きく成長する可能性を秘める。

ドラフト5位・田中法彦選手 期待度1年目:☆☆☆☆ 3年目:☆☆☆☆

身長がやや低めだが最速152キロの速球を投げる。また制球力も高く、もう少し身長があったらこのような順位ではなかったであろう投手。外角に沈む球もあり、個人的には1年目から1軍で投げられる投手だと思う。1年目から5勝前後は勝てるかもしれない。打撃も良い選手で、二刀流を見てみたい選手。

ドラフト6位・正随優弥選手 期待度1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆

大阪桐蔭、亜細亜大で1年目から活躍を見せたが、高校時代は故障もあり、最後の一皮がなかなか向けられなかった。スイングスピードは今年のプロ入り選手でも屈指で、良い時にはパンチ力はもちろん、固め打ちなどどんな球でも打たれるような怖さがある。決め打ちをする所が脆もあるが、自分の特徴を生かした形で、まずは投手の失投を確実に捉えるようにしたい。

ドラフト7位・羽月隆太郎選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆

小柄な選手だが、投げては140キロ、走っても50m6.1秒といった身体能力の持ち主で、打撃のセンスも良い。60kg台と線が細く、まずは体を作ってゆき、その身体能力を爆発的に発揮できるくらいになりたい。

育成ドラフト1位・大盛穂選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆

1番センターとして足があり、くさい球をカットして粘る事もできるし、しっかりスイングする思い切りの良い打撃もある。時に粘りの部分でしっかりとアピールし、三振の少ない選手としてチャンスをつかみたい。


PAGE TOP