愛工大名電・濱田達郎投手に指名挨拶

愛工大名電, 濱田達郎

 中日はドラフト会議で2位指名した愛工大名電・濱田達郎投手に中田スカウト部長などが指名挨拶を行った。濱田投手は巨人・杉内投手の名前を挙げ、「投げ合う機会があれば絶対、勝ちたい」と話した。

 杉内投手を手本とし、杉内投手の映像を繰り返しみて「どんな球種でも三振が取れるのがすごい」と話した濱田投手、大谷翔平、藤浪晋太郎と共にBIG3と呼ばれたものの、今年はフォームを見失い、苦しい1年となったことでしょう。しかしそれでも春・夏と甲子園に出場し、センバツではベスト8まで勝ち上がった。

 昨年秋は愛知大会で2度のノーヒットノーラン、明治神宮大会でも140km中盤の速球で押しまくる驚異的なピッチングを見せていた。あの投球ができるようになればプロでも十分通用する。濱田投手のBIG3越えが始まる。

 

 中日からドラフト2位指名を受けた愛工大名電高・浜田達郎投手(18)が29日、名古屋市内の同校で中田スカウト部長らから指名あいさつを受けた。ナゴヤ球場近くで育ったコテコテの竜党は、目標とする巨人・杉内に投げ勝ってのG倒を誓った。

 

 高校入学後、杉内が登板する試合は映像でチェックしてきた。「どんな球種でも三振が取れるのがすごい」。同じ左腕として、ゆったりしたフォームからキレのある球を投げ込む姿に心酔している。


PAGE TOP