福岡ソフトバンクの永山アマスカウトチーフは智弁学園・岡本和真選手に群を抜いていると評価

高校野球ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 西日本スポーツでは福岡ソフトバンクの永山勝アマスカウトチーフが、夏の甲子園に登場した選手の評価をしている。その中で智弁学園の岡本和真選手がピカイチと評価した。

岡本和真選手などの名前挙げる

 注目選手として名前が挙がったのは、智弁学園・岡本和真選手、盛岡大付・松本裕樹投手、健大高崎・脇本直人選手、龍谷大平安・徳本健太朗選手の4人。特に岡本選手については「遠くに飛ばす力は群を抜いており、長距離打者としてこれからが楽しみ」と話した。

 また松本裕樹投手には「本来の調子でなく変化球中心の投球をしていたが、本来の投球をまた見てみたい」としている。脇本選手、徳本選手には「足は目を引いた」としている。

 

九州出身では

 地元九州の選手としては、九州国際大付の清水優心捕手、古澤勝吾選手を挙げ、「一打がさすがだった。初戦で敗退したものの最低限の打撃は見せてくれた。」と話した。大分の佐野皓大投手については「これから伸びるかは本人次第」とした。山城大智投手は「大学を希望しているようなので、大学で成長を見守る」としている。

 また、ホークスジュニアとしてプレーした事がある大阪桐蔭の香月一也選手に「期待している」と話し、2年生の海星・平湯蒼藍選手にも注目しているようだ。

 

 福岡ソフトバンクは大谷翔平選手を外野手として1位指名しようとするなど、将来の4番打者候補の獲得を目指している。投手力に課題が無くは無いものの、右の長距離砲・岡本選手を指名する可能性もある。

永山スカウト 球児を分析 -西日本スポーツ紙面- 2014/8/20

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント