福岡ソフトバンク、田中正義投手が本命

佐々木千隼, 田中正義

福岡ソフトバンクは明日、スカウト会議を開くが、創価大・田中正義投手が本命としていることが分かった。

即戦力を指名

福岡ソフトバンクは昨年は高橋純平投手、一昨年は松本裕樹投手をドラフト1位で指名、2位以下でも高校生の指名が並び、3軍制など育成環境を整えて、将来性ある選手を大勢指名していた。

しかし今年は1軍の戦力に若干隙が生まれ、リーグ前半は大差をつけて首位を走ったものの後半に北海道日本ハムに追いつかれた。先発、リリーフで主軸の外国人投手が故障などで離脱すると、代わりに入ってくる投手が少なく苦労を見せていた。高橋投手などはもう少し時間がかかりそうで、今年のドラフト会議では久しぶりに即戦力の指名が増えそうだ。

その中で、創価大・田中正義投手を本命に挙げていると日刊スポーツが報じ、また桜美林大・佐々木千隼投手も高く評価しているという。他球団も狙う田中投手、佐々木投手だが、ソフトバンクは以前より競合しそうでも果敢に指名をしてくる球団で、ライバル北海道日本ハムの大谷投手を見ても、スケールの大きなエース候補の田中正義投手の指名の可能性が高いとみられる。

2016年度-特Aランクのドラフト候補リスト

福岡ソフトバンクホークスのドラフト会議メインページ | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

ソフトバンク本命も正義 日刊スポーツ紙面 2016/10/18

PAGE TOP