ソフトバンク、古澤勝吾氏がスカウト就任

福岡ソフトバンクドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

福岡ソフトバンクは、2014年のドラフト3位・古澤勝吾氏がスカウトに就任することが決まった。東海地区などを担当する。

スポンサーリンク

東海地区、滋賀県、福井県

古澤勝吾氏は九州国際大付の強打の内野手として注目され、2014年にドラフト3位で福岡ソフトバンクに指名された。6年間プレーをしたものの1軍出場は無く、2020年のオフに自由契約となり、その後は球団の野球振興部でホークスジュニアアカデミーの講師などをしていた。

スカウトに就任することが決まり、担当は東海地区と滋賀県、福井県となる。昨年まで東海・北陸地区担当をしていた山本省吾スカウトは、国際スカウトに移動することも決まった。

26歳とまだ若く、これから各チームとのコネクションを作っていく。どのような選手を指名につなげていくのか注目したい。

福岡ソフトバンクホークスのドラフト指名予想
福岡ソフトバンクホークス公式ページ 福岡ソフトバンクホークス掲示板 福岡ソフトバンクホークスの過去のドラフト指名一覧 福岡ソフトバンクホークス/ドラフト最新記事 以前のニュー...
【ソフトバンク】OB古沢勝吾氏がアマチュアスカウト就任 14年3位入団、20年オフ自由契約 - プロ野球 : 日刊スポーツ
ソフトバンクOBの古沢勝吾氏(26)が、球団のアマチュアスカウトに就任することが17日、分かった。古沢氏は内野手として九州国際大付高から14年ドラフト3位で入… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント