東京ヤクルト、ドラフトでは一本釣りを狙う!?

菅野智之, 野村祐輔, 藤岡貴裕, 高橋周平, 伊藤隼太

 東京ヤクルトがドラフト会議では一本釣りを狙う事を画策している。球団関係者も「今年は最終的に絞り込むまで時間がかかる。単独指名できる選手も含めて調査していく」と発言しているようだ。

 これはもともと「くじ運が無い」と発言していた小川監督が、昨年のドラフト会議で2度の抽選を外した事を配慮しているものと思うがそれはそれ、やはり球団としてはチーム状況を考えてじっくりと絞り込みを行っているものと思う。

 大学BIG3と呼ばれる藤岡貴裕投手、菅野智之投手、野村祐輔投手やNO1スラッガー伊藤隼太選手、それに高校生NO1野手、東海大甲府の高橋周平選手などの候補が挙がっている。チーム状況を見ると、石川、館山、由規に久古投手も活躍し、村中、増渕、赤川といったドラフト1位組みも実績を重ねてきている。かなり投手陣は豊富にも思える。しかも、昨年も結果的に山田哲人内野手を獲得したとはいえ、1位入札は斎藤佑樹投手、外れ1位で塩見貴洋投手を指名した事から、チームの長期的戦略として投手中心の方針であることは間違いないだろう。

 ただし、畠山選手がようやく活躍を見せたものの、バレンティンの活躍が現在の好調の要因になっていることは大きく、これまでもガイエルやホワイトセルなど主軸の外国人が活躍する間は好調だが、外国人の打撃が止まるとチーム成績も下がっていく状況で、真の中軸が必要という状況でもある。

 そういった意味で長期的なチーム状況を見た上で、基本線の投手1位指名で行くのか、伊藤隼太や高橋周平がその方針を覆しても必要な選手なのか、また2位以降で主軸野手候補が獲得できるのかなどを考え、1位指名を時間をかけて絞っていくのだろう。

  •  - 

  • PAGE TOP