東京ヤクルト、鳥原チーフスカウト、八重樫スカウトが退団

東京ヤクルトはスカウトの中心となっていた鳥原チーフスカウトと東北地区で選手を獲りまくった八重樫スカウトの退団を発表した。

スカウトも若返り

鳥原氏はチーフスカウトとして全国を回りクロスチェックなどを行っており、よくスカウトのコメントにも名前が出ていた。また八重樫スカウトは東北地区担当として2011年に川上竜平選手をドラフト1位で獲得、太田裕哉選手、中根佑二投手などを相次いで獲得したものの、戦力となることはできなかった。

阪神も先日、60歳の中尾孝義スカウト、59歳の北村照文スカウトの退団を発表しており、鳥原氏は62歳、八重樫氏は65歳であり、全体的にスカウトの若返りが進んでいる。


PAGE TOP