阪神は外れ1位候補に履正社・安田選手をリストアップ

履正社高, 安田尚憲

阪神はドラフト1位で清宮 幸太郎選手を指名することを公表しているが、抽選で外した時には履正社・安田尚憲を指名する可能性があることが分かった。

外れ1位候補

阪神は清宮選手の抽選を外した場合、即戦力投手の指名をしていく方針が伝えられている。しかし、履正社の安田選手を高く評価しており、もし安田選手が残っていた場合には指名する可能性もある。

阪神は今年のドラフト会議補強ポイントを、「4番を打てる選手」と「先発投手」としている。先発投手では特に左腕で、JR東日本の田嶋大樹投手、明治大・斉藤大将投手、立命館大の東克樹投手などをリストアップしているが、田嶋投手は既に指名されている可能性が高く、斉藤投手、東投手も指名重複の可能性が高い。また安田選手も東北楽天などが1回目の抽選で指名をする可能性もある。

阪神は東大・宮台康平投手などもリストアップしており、1位指名はポジションに関係なく素質の高い選手の指名に切り替え、2位以降で先発投手、左腕投手を指名していく事になりそうだ。

阪神タイガースのドラフト会議
2017年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト

阪神は安田 スポーツニッポン紙面 2017/10/23

PAGE TOP