阪神が大学生遊撃手に注目、亜細亜大の田中幹也選手・天理大の友杉篤輝選手を評価

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

阪神は大学野球選手権で、亜細亜大の田中幹也選手、天理大の友杉篤輝選手の2人に注目していたことがわかった。

スポンサーリンク

即戦力遊撃手

亜細亜大の田中幹也選手、天理大の友杉篤輝選手は共に、ショートの守備でもプロ即戦力と評価される選手で、またそれぞれ特徴を持っている。

田中選手は大学野球選手権で4試合に出場し14打数4安打で4打点、50m5.9秒の足は大学生トップクラスで、今大会でも2盗塁を決めた。東都リーグでは1試合6盗塁など11盗塁を決めている。

友杉選手は今大会では初戦で姿を消したものの、名城大の来年のドラフト1位候補の松本凌人投手からライト前にヒットを打ち、今年のドラフト候補の野口泰司捕手から盗塁を決めた。リーグ戦では10盗塁をしており、失敗は0だった。

この2人について阪神の畑山統括スカウトは「軽快な動きと脚力という彼らの持ち味をいかんなく見せてくれた」と評価する。

チームでは長年鳥谷選手の後継者がおらず、ショートに選手が固定できていなかったが、昨年ルーキーだった中野拓夢選手がショートのレギュラーとして、守備、打撃で活躍をしている。他にも植田海選手、小幡竜平選手、木浪聖也選手、熊谷敬宥選手など層が薄いわけではないが、長年ショートのポジション争いをしていた選手たちも、別のポジションを守ようになり、新たに中野選手に対抗できる遊撃手の獲得という方針もあるかもしれない。

ただし、現時点では二塁手、外野手などレギュラーが固まっていないポジションが優先度が高いと見られ、田中選手や友杉選手をショートに起用し、中野選手をセカンドに起用する可能性もあるほか、二塁手としてスラッガータイプの山田健太選手、または俊足の外野手&左腕の二刀流・矢澤宏太選手、俊足強打の蛭間拓哉選手を優先する可能性もある。

今後は侍ジャパン大学代表候補合宿、秋のリーグ戦を見て大学生を見極めていくが、ドラフト1位指名の可能性としては大阪ガスの河野佳選手か、ここに挙げられた大学生が高いものと見られる。

2022年・侍ジャパン大学代表候補選手一覧
2021年12月の代表候補合宿、2022年6月の代表選考合宿を経て、侍ジャパン大学代表が決定しました。(2022年6月20日) 12月のメンバー、6月のメンバーの表も下に掲載しています。
阪神タイガースのドラフト指名予想
阪神タイガース公式ページ 阪神タイガース関連のドラフト掲示板 阪神タイガースの過去のドラフト指名一覧 阪神タイガース/ドラフト最新記事 以前のニュースはこちら 補強ポイ...
阪神 今秋ドラフト候補 右打者に熱視線 天理大・友杉と亜大・田中幹に注目/デイリースポーツ online
 阪神は今秋ドラフト候補として、12日に閉幕した全日本大学選手権から遊撃手2人に注目した。亜大・田中幹也内野手(4年・東海大菅生)と天理大・友杉篤輝内野手(4年・立正大淞南)。共に右打者で走攻守のバランスが取れた選手だ。 全チームが出場した8日に阪神・畑山統括スカウトは「軽快な動きと脚力という彼らの持ち味をいかんなく見...

全チームが出場した8日に阪神・畑山統括スカウトは「軽快な動きと脚力という彼らの持ち味をいかんなく見せてくれた」と2人を評価していた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント