オコエ選手が巨大化

オコエ瑠偉

東北楽天の一昨年のドラフト1位・オコエ瑠偉選手が巨大化した。185cm98kgとなり、将来の夢・メジャーリーガーを目指す。

ダルビッシュ投手のアドバイス

オコエ選手をみたチームメイトは「デカっ!」と叫んだ。見るからに体が大きくなっており、顔も違う人のように見える。身長が2センチ伸びて185cm、そして体重は98kgとなったオコエ選手、「みんなに110キロくらいあるだろと言われるのですが、体重は3キロしか増えていない。」と話し、「ウエートが多かったので、その成果が表れていると思います」とトレーニングの成果を強調した。

このオフはダルビッシュ有投手と有明のジムでトレーニング、食事などの話を聞き、また父親の祖国・ナイジェリアやハワイに旅行した事で「海外でできることは限られたが、その分ウェートに非常に多くの時間を使えた」と話しパワーアップする事に集中した。それでも「でもバリバリ走れますよ」と話し、実際に新人合同自主トレ中の藤平尚真投手が、「あれで走れるのかとアップを見ていたら、めちゃくちゃ速かった」という。大谷翔平選手もダルビッシュ投手と共にトレーニングをして打球の飛距離ももちろんだが足が速くなっている。

スピードを生かしたままパワーをつけ、「その次の夢としてメジャーリーガーと思っている」と話すオコエ選手、まずはパワーアップした体をバットや走塁につなげられているか、体の動きをチェックしたい。高校時のようにセンター前ヒットでセカンドに行けるような異次元のプレーをプロでも見せてほしい。

東北楽天ゴールデンイーグルス、過去のドラフト指名一覧

「体重的に言うと、今までで一番重い」と迫力ボディーを披露した。「みんなから『110キロくらいあるだろ』って言われるんです。でもバリバリ走れますよ」。その言葉通り、短距離ダッシュで育成の山田を何度もぶっちぎって見せた。

ひと回り、いやふた回りは大きくなった『MAXボディー』に、驚嘆の声が飛んだ。「デカいっ!!」。本拠地での今年初練習に訪れたオコエの体に、チームメートの目はくぎ付け。新人合同自主トレ中のD1位・藤平(横浜高)は「あれで走れるのかとアップを見ていたら、めちゃくちゃ速かった」と口をあんぐりだ。


PAGE TOP