村井昇汰, 北大津

No Image
 2010年の夏の選手権大会、甲子園で2試合連続弾を放った、北大津・村井昇汰選手にプロ8球団が注目している。

中後悠平, 近大

No Image
 近大・中後悠平投手が立命大2回戦の1-2となった7回から、前日の9回完投に続いて連投のマウンドに登板し、延長11回までの5イニングをわずか2安打に抑えた。チームも8回に同点に追いつくと、11回に勝ち越し3-2で勝利を収めた。これで今季3勝 ...

藤岡貴裕, 東洋大

No Image
 東洋大・藤岡貴裕投手が中大戦に先発、1回に球が上ずり四球から1点を失ったが、自ら体重移動に問題があると判断してブルペンで修正、3回から8回まではノーヒットに抑えた。7回には3者連続三振など合計12奪三振、151kmのストレートと低めの変化 ...

立命大, 工藤悠河

No Image
 立命大の2年生・工藤悠河投手がリリーフで大活躍を続けている。近大との対戦では1-1の6回から登板、近大のエース・中後悠平投手との投げ合いとなった。

西川健太郎, 星稜高

No Image
 星稜高校の西川健太郎投手が金沢泉丘戦に登板し、2安打14奪三振で完封勝利、プロ10球団が視察に訪れたとの事。

駒月仁人, 塔南

No Image
 塔南の駒月仁人捕手が春季京都大会の2次トーナメント・同志社高校との対戦で、7回に高校通算20号となる2ランホームランを放った。

原樹理, 東洋大姫路

No Image
 東洋大姫路の147km右腕、原樹理投手が春季兵庫大会の準決勝、明石商戦で先発し、8奪三振も5安打で2失点、5回に1,2塁から痛恨の2ベースを打たれた。味方も1点しか奪う事ができず、1-2で敗れた。

伊藤隼太, 慶大

No Image
 慶大・伊藤隼太選手の凄みが増してきた。東大との2回戦で1回1アウト1,3塁のチャンスで東大バッテリーは伊藤選手を敬遠した。また6回の1アウト3塁のチャンスでも敬遠され、2敬遠となった。それでも3回はセンター前に、8回には1アウト1,2塁で ...

菅野智之, 東海大

No Image
 東海大・菅野智之投手は筑波大との2回戦で3-2の8回から連投となるリリーフ登板し、1安打を許したものの5奪三振を奪い、勝利に貢献した。この日の最速は152km、リリーフという事もあり、力を入れて三振を狙いに行ったのでしょう。

伊藤隼太, 慶大

No Image
 慶大・伊藤隼太選手が止まらない!東大戦で今季4号となる3ランホームランを放ち、通算10本塁打となった。

PAGE TOP