中井大介

横浜DeNAは、トライアウトに参加していた元巨人の中井大介選手を獲得する方針を固めた。

西原健太, 札幌大谷高

No Image
明治神宮大会は札幌大谷の優勝で幕を閉じた。エースの西原健太投手が星稜打線を9回1安打に抑えた。

星稜高, 奥川恭伸

No Image
明治神宮大会決勝戦で敗れた星稜高校、来年のドラフトの目玉・奥川恭伸投手は7回途中から登板し、最速148キロの速球で打者4人から3三振を奪う圧巻投球を見せた。

No Image
2018年のオフに戦力外通告を受けた選手、引退した選手の一覧です。11月4日更新。

No Image
明治神宮大会は5日目、高校の部は決勝戦が、大学の部は準決勝2試合が行われます。高校は優勝は星稜か札幌大谷か、優勝した地区には来年センバツで1校出場枠が増えます。

増田陸

巨人はドラフト2位で指名した明秀日立の増田陸選手と、契約金6000万円、年俸600万円で仮契約した。背番号は坂本勇人選手が入団時に着けていた61となった。

東日本国際大, 鷲崎淳, 近畿大, 谷川刀麻, 船迫大雅, 小寺兼功

No Image
明治神宮大会、近畿大は先発の小寺兼功投手とリリーフの鷲崎淳投手の両左腕で、東日本国際大から16個の三振を奪い完封した。

三菱重工名古屋, 勝野昌慶

社会人野球のNO.1を決める日本選手権は決勝戦が行われ、三菱重工名古屋がJFE西日本を延長13回の末に下し、初の日本一に輝いた。

星稜高, 奥川恭伸

来年のドラフト1位候補、星稜の奥川恭伸投手が、明治神宮大会準決勝の高松商戦で先発し、7回4安打12奪三振1失点の好投を見せた。視察した複数のプロ球団から絶賛の声が挙がっている。

スポンサーリンク
PAGE TOP