No Image
いよいよ大会7日目、すべてのチームが出そろいます。ドラフト的見どころをまとめます。

赤塚健利, 中京学院大中京

No Image
中京学院大中京は、リリーフで登板した193cm右腕の赤塚健利投手が148キロを記録した。

東海大相模, 遠藤成

東海大相模は、遠藤成選手が先発のマウンドに登ると、145キロを記録したストレートで近江を抑えこんだ。

筑陽学園, 西舘昂汰, 進藤勇也, 大学・社会人志望表明

No Image
187cmの右腕で145キロのストレートを投げ、この夏の大会の注目投手の一人だった筑陽学園・西舘昂汰投手も甲子園を去ることとなった。卒業後は大学進学を希望する。

近江高, 有馬諒, 林優樹, 大学・社会人志望表明

No Image
近江高校は東海大相模に1-6で敗れて初戦敗退、昨夏に金足農に敗れた借りを返す事は出来なかった。プロ注目の有馬諒選手は大学で、林優樹投手は社会人で、それぞれの道に進む。

花咲徳栄, 韮澤雄也, プロ志望表明

No Image
明石商に3-4で敗れ、初戦敗退となった花咲徳栄、プロ注目遊撃手の韮澤雄也選手は試合後に「プロ志望届は出します」と話した。

No Image
夏の甲子園大会6日目、4試合とも1,2回戦のハイライトともいうべき対戦が続きます。ドラフト的見どころを紹介します。

No Image
第101回全国高校野球選手権大会、6日目の対戦カードと注目選手です。

伊藤裕季也

主軸を打った宮崎選手が故障をして今季絶望となった横浜DeNA、かつてならばこれで今季は終わりという感じだったが、今は違う。ドラフト2位ルーキー・伊藤裕季也選手が初スタメンで2本塁打を放ち、宮崎選手の穴を埋めた。

山梨学院高, 野村健太, 大学・社会人志望表明

No Image
山梨学院で高校通算53本塁打を放つ野村健太選手は、3大会連続ホームランが期待されたものの、この夏はホームランを打つことができなかった。進路については明言をさけたが・・・。

スポンサーリンク
PAGE TOP