日本ハムドラフト4位・森山恵佑選手が強打アピール、キャンプ中に4kg増

北海道日本ハムルーキーニュース

北海道日本ハムのドラフト4位・森山恵佑選手が、高校時代から注目された持ち前の強打を見せ、開幕1軍入りに大きくアピールした。

ゴジラ2世

森山選手は星稜高校出身で、高校時は松井秀喜選手の打球が場外に出ないように張った、松井ネットを超すホームランを放つなど「コジラ2世」として注目され、大学でも強打の専修大の主砲として活躍した。

キャンプでもフリー打撃では場外弾を何度も放ち、その長打力に注目されていたが、この日の中日とのオープン戦では4回2アウト1,2塁の場面でレフトフェンス直撃の大きなタイムリー2ベースヒットを記録した。「神宮なら入っていた」と本人も話す手応えで、「外角の球を狙っていた。狙い通りに仕留めることが出来てよかった」と話した。

厳しいキャンプ中にも体重が4kg増え92kgとなった森山選手、さらにパワーがついている。この日のデビューを皮切りに、プロでも松井選手クラスの活躍を期待したい。

2017年ルーキーの活躍・成績一覧

星稜高の大先輩・松井秀喜氏と同じ左の長距離砲ということもあり、「ゴジラ2世」として大きな期待が注がれている。春季キャンプ中のフリー打撃では何度も場外弾をマーク。打球を遠くへ飛ばす力はチームでもトップクラスだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント