山本祐大

昨年のドラフト会議で一番最後に指名をされたのが、BCリーグ・滋賀の山本祐大捕手、12球団で唯一のドラフト9位での指名だった。19歳の山本選手が1年目の5月に1軍デビューを飾った。

No Image
2017年のドラフト会議で指名された選手のルーキーイヤーの状況をまとめます。

田嶋大樹, オリックス

オリックスのドラフト1位ルーキー・田嶋大樹投手が、今季5勝目を挙げた。最速は153キロを記録した。

岩見雅紀, 東北楽天

東北楽天のドラフト2位ルーキー・岩見雅紀選手が、イースタンリーグの3,4月度の月間MVPに輝いた。

東克樹, 横浜DeNA

横浜DeNAのドラフト1位ルーキー・東克樹投手が、ルーキー一番乗りの完封勝利を挙げた。防御率も1.70でリーグトップに躍り出た。

清宮幸太郎, 北海道日本ハム

北海道日本ハムのドラフト1位ルーキー・清宮幸太郎選手が、5月9日のオリックス戦でプロ第1号ホームランを放った。ホームランの記録の幕開けとなる。

清宮幸太郎, 日本ハム

北海道日本ハムのドラフト1位ルーキー・清宮幸太郎選手が、1軍デビューを飾った。プロ初打席は、東北楽天エースの岸投手から2ベースヒットだった。

清宮幸太郎, 宮台康平, 日本ハム

北海道日本ハムはドラフト1位ルーキーの清宮幸太郎選手が1軍に昇格する。また2軍ではドラフト7位ルーキーの宮台康平投手が初勝利を挙げた。

清宮幸太郎, 鍬原拓也, 東克樹, 宮本秀明

No Image
北海道日本ハムのドラフト1位ルーキー・清宮幸太郎選手が、この日の東北楽天戦で4本目のホームランを放った。これで5試合で4発と、得意の量産体制に入った。巨人の鍬原拓也投手は154キロを記録した。

巨人, 湯浅大

健大高崎出身の巨人ドラフト8位ルーキー・湯浅大選手が、22日のイースタンリーグ・東北楽天戦でプロ初ヒットを放った。

スポンサーリンク
PAGE TOP