東京ガス・岩佐海斗投手が5安打完封で都市対抗出場!

社会人野球ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 都市対抗野球東京2次予選は第4代表決定戦が行われ、東京ガスが明治安田生命を4-0で下し都市対抗出場を決めた。プロ注目の岩佐海斗投手が5安打完封勝利を挙げた。

岩佐海斗投手、いよいよプロか?

 東京ガスの岩佐海斗投手は成立学園高校から東京ガスに入り6年目となる。大学卒の社会人2年目と同じ世代となり、チームではベテランとなってきたが年齢はまだ若く、バリバリのドラフト候補だ。さらに187cmの身長から140km/h中盤のストレートを投げる投手として、最近は毎年のように注目されるも、結果を残せずに指名は見送られてきた。

 この2次予選では初戦となった鷺宮製作所戦で好投したものの、期待をされてマウンドに送られた第3代表決定戦では3回まで2点をもらいながら3失点し逆転をゆるしてセガサミーに敗れた。しかしこの日は最後の枠となる第4代表決定戦で先発を任され、5安打完封で見事に都市対抗出場を決めた。

 東京ガスでは昨年、石川歩投手が1年間で急成長を見せてドラフト会議では1位指名で千葉ロッテと巨人が指名競合し、今年は千葉ロッテでエース格の投球を見せている。岩佐投手も年齢は1つ上だが後からチームに入ってきて、3年でプロに卒業していった石川投手を見て感じるものはあるだろう。

 本戦ではさらに成長を見せて、プロ入りしてほしい本格派投手だ。

 

遠藤一星選手もホームラン

 昨年末の社会人の日本代表合宿にも参加した遠藤一星外野手もプロ注目候補、180cmながら50m5秒台で走る足があり、この日は2ランホームランを放つなど長打力も見せる外野手。持っている素質が高くドラフト会議で指名されるのではないかと思う。

 都市対抗では遠藤選手にも注目したい。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント