第一工業大

大学野球ドラフトニュース

大学野球選手権はフレッシュな顔ぶれも、残りは5連盟

京滋大学野球リーグでは、花園大が優勝を決め大学野球選手権出場を決めた。79歳の西岡義夫監督が4月から就任し、1季で初優勝を成し遂げた。このほかにもフレッシュなチームが出場を決めている。
大学野球ドラフトニュース

埼玉西武、第一工業大・福倉健太郎投手を指名へ、150km/h右腕

 埼玉西武は第一工業大の福倉健太郎投手の指名を検討していると西日本スポーツが報じた。
大学野球ドラフトニュース

九州地区大学リーグは、日本文理大、第一工業大などが4強、149km/h右腕・浦塚翔太投手が登板

 九州地区大学リーグは、各地区のリーグ戦の代表チーム出場した優勝決定のトーナメントに入ったが、日本文理大が鹿児島大に7-0とコールド勝ち、また第一工業大が名桜大に延長の末勝利を納めて、ベスト4に勝ち上がった。