社会人野球日本選手権 第4日目の対戦カードと注目選手

 社会人野球日本選手権4日目の対戦カードをまとめました。4日目はオリックスがドラフト1位指名した吉田一将投手が登場、社会人NO1右腕が、社会人野球最後の投球を見せます。

 また、JR東日本では中日からドラフト4位指名を受けた阿知羅拓馬投手、広島からドラフト4位指名を受けた田中広輔内野手もいます。また、トヨタ自動車には中日ドラフト5位の祖父江大輔投手、大阪ガスには埼玉西武ドラフト6位の岡田雅利捕手が登場します。

 

第1試合

トヨタ自動車 三菱重工神戸
祖父江大輔
投手 4年
175cm71kg
右右
150km/h記録する速球派中継ぎとして
実戦経験積んだ
B 守安玲緒
投手 4年
180cm78kg
右右
社会人エースとして君臨、ぎこちなさ見える独特のフォームC
上杉芳貴
投手 3年
179cm75kg
右右
150km/h右腕としてプロ注目B 中山勇也
投手 3年
181cm75kg
右右
144km/hをスバリとインコースに攻める強気な中継ぎC
藤田純基
投手 1年
173cm66kg
右左
東洋大で150km/h記録した右腕、
祖父江の後釜に
B 飛嶋真成
投手 2年
183cm85kg
右右
関学大出身、183cmから145km/h速球記録B
竹内大助
投手 1年
176cm78kg
左左
慶大の左エースとして1時代を作った、制球力勝負B     
多木裕史
内野手 2年
179cm75kg
右左
法大で1年から遊撃手出場でプロ注目、最終年に不調だったB     

 

第2試合

七十七銀行 四国銀行
相原和友
投手 2年
186cm73kg
左左
東北福祉大出身の長身左腕、第2代表決定戦で好投B 小林健輔
内野手 2年
182cm78kg
右右
日大出身の強打者B
千葉隆寛
投手 1年
180cm86kg
右右
光星学院で控え投手、腕の振りが良く140km/h記録C 山中大地
捕手 1年
183cm80kg
右右
慶大出身の大型捕手でアベレージ残す
打撃魅力
A

 

第3試合

大阪ガス JR東日本
緒方悠
投手 4年
173cm78kg
右右
149km/hの速球でプロ注目、低めに投げられるかB 石川修平
捕手 4年
180cm78kg
右右
強肩に好リードで多彩な投手陣リードB
平川貴大
投手 2年
180cm75kg
右右
同大のエースだった。147km/h、一皮向けるかB 吉田一将
投手 2年
191cm89kg
右左
140km/h中盤のストレートを
低めに集めるエース
A
猿渡眞之
投手 2年
174cm73kg
右右
小柄ながら146km/h投げる速球派B 白崎勇気
投手 2年
178cm70kg
右右
駒大のエースとして早くからプロ注目。
144km/hはキレの良いが今年不調
B
小畑彰宏
投手 1年
184cm75kg
右右
146km/hの本格派がいよいよ頭角を現し始めたB 岩澤寿和
外野手 1年
180cm80kg
右右
岡山大会で打率.533を記録し活躍見せたB
岡田雅利
捕手 6年
170cm72kg
右右
大阪桐蔭時に中田翔とバッテリー、捕球と強肩を評価C 佐々木孝樹
外野手 1年
181cm78kg
右左
早大時にドラフト候補も骨折で社会人入り、身体能力抜群B
飯塚孝史
投手 2年
177cm65kg
右左
履正社のエース、最速142km/hとテンポで三振奪うC 飯田哲矢
投手 1年
182cm79kg
左左
左の先発、130km/hも安定感を見せるB
中谷佳太
投手 1年
176cm74kg
左左
天理高で大きな変化球を投げる左腕として注目されたB 田中広輔
内野手 2年
172cm78kg
右左
社会人屈指のリードオフマンとしてプロ注目A
     阿知羅拓馬
投手 3年
188cm85kg
右右
高校時140km/hのストレートで注目C
     石岡諒太
外野手 3年
187cm87kg
左左
187cmだが50m5.8秒の俊足、高卒1年目で都市対抗若獅子賞B
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント