全日本大学野球選手権、準々決勝の対戦カードと注目選手

 全日本大学野球選手権準々決勝の対戦カードと、注目選手をまとめました。

神宮球場(第1試合)

流通経済大学
橋川亮佑1年
181cm80kg 右左
 恵まれた体格でバッターボックスに立つ姿は強打者の雰囲気を感じる!B
伊丹拓巳1年
182cm75kg 左
 未完の大器C
出雲健祐2年
176cm75kg 右左
 走攻守と三拍子そろったスラッガ-で、1年から4番、広角に打てるバッタ- 千葉県(秋季)大会では惜しくもベスト8にとどまるが打率を5割以上を残す注目株 本年度の千葉選抜(米国遠征)18人枠にも選ばれB
岡田律2年
180cm72kg 左左
 力強い腕の振りから勢いがある球を投げる力があるピッチャーB
大崎健吾3年
171cm71kg 左左
 身体能力が高く走攻守三拍子揃った外野手!B
生田目翼3年
174cm74kg 右右
 高校時代は体にバネのある身体能力の高い遊撃手としてプレーし、また登板しても140km/h近いストレートを投げていた。 大学では制球力も良くなり投手として素質を見せ始めている。2年生春には創価大をB
阿部勇星3年
173cm73kg 右右
 抜群の制球力とノビがあるストレートとキレが良いスライダーを武器のピッチャーC
織屋亮祐3年
184cm72kg 右両
 シャープなスイングから鋭い打球を放つ強打者! フォロースルーが大きく打球スピードが速く打球の伸びも良い。 打撃ではスイッチヒッター、守っても遊撃手と外野をこなす器用な選手。C
森田祐功4年
172cm70kg 右右
 MAX141キロの速球と鋭いブレーキのスライダーが魅力。打撃センスも抜群。勝負強い。B
東亜大学
河室明宏1年
168cm58kg 右右
 大分高校の今宮健太という感じ 小技や守備がとてもうまい 甲子園での活躍も期待したい選手C
藤本王将1年
171cm69kg 右左
 秋の二回戦、文徳高校戦では 延長15回を一人で投げ抜いた怪腕。 再試合で惜しくも敗れたが全てを一人で投げ抜いた。C

 

神宮球場(第2試合)

大阪商業大学
上出新太郎1年
188cm72kg 右右
 角度と勢いがある球を投げる力があるピッチャーB
滝野要1年
183cm72kg 右左
 松阪ボーイズ時代には日本代表に選ばれるなど中学時代から注目されている能力が高い強打者B
榎本和輝2年
180cm78kg 右右
 広島スカウトが既にマークしている選手。1年生で180cmの体が既にあり、練習試合で既に7本、夏の大会2回戦で1試合2本塁打を放っているA
目賀大輝2年
176cm70kg 右右
 野球センス抜群で体に力がある強肩強打の捕手B
岡田明丈4年
183cm75kg 右左
 キレが良いストレートが武器の本格派投手、スカウトが大学トップクラスと評価する大学屈指の好投手。A
吉持亮汰4年
174cm64kg 右右
 広陵高校出身、大学3年秋はサードでベストナインに選ばれる活躍を見せ、チームもリーグ制覇を果たした。  4年時は大学日本代表合宿メンバーに選出された。A
大平将悟4年
185cm68kg 右右
 球のキレが良い。能力が高い投手。B
川崎真4年
180cm74kg 右右
 右スリークォーターから143㎞の力のある球を投げる。フォームは大きなスタンスを取らず体を鋭く回転させて投げる感じB
山本新4年
177cm68kg 右左
 キレがあるストレートが魅力のサイドスロー。 北嵯峨高校2年生時に急成長し注目を浴びた。B
高崎健一4年
180cm78kg 右右
 180cmの身長から142kmをマークする公立の星、変化球はスライダーのみと少ないものの、ストレートとスライダーのキレで勝負するタイプとの事です。C
神奈川大学
長谷川恭哉2年
176cm74kg 右右
 投手としても登板する強肩捕手。C
濱口遥大3年
172cm80kg 左左
 スピンが効いた威力あるストレートを武器に三振が奪えるピッチャー 大学2年春の関東学院大戦で延長10回タイブレークで最速150km/hを記録した。  佐賀県の三養基高校という野球ではそれほどA
小沼弘治3年
176cm85kg 右左
 パワーがありスイングスピードが速い。 水戸桜ノ牧高校では1年から中軸を打ち、茨城県選抜チームの4番を打った事もある強打者。B
小室湧未3年
右右
 春季神奈川県大会優勝の立役者。 練習試合では大阪桐蔭高校・藤浪晋太郎から本塁打を放った。 現在、高校通産44本らしい 春の大会 4回戦、慶應高校戦9回2死1塁からセンターオーバB
濱元航輝3年
181cm76kg 左左
 ライナー性の長打を連発する俊足強打のリードオフマン、逆方向への長打も多くベースランニングが速い 2年春は1番ライトでリーグ全試合にフル出場し神奈川大学9季ぶりの優勝に貢献、全国大学野球選手権でもB
山原泰士4年
178cm84kg 右右
 PL学園出身の内野手で、大学では3年生で大学野球選手権に出場し、8番ショートで出場すると、初戦の西日本工大戦と準決勝の愛知学院大戦でホームランを放った。B
兒玉亮太3年
174cm74kg 右右
 長崎・創成館高校⇒神奈川大学。本格派スリークウォーター右腕。C
佐々木毅3年
176cm70kg 右右
 縦の変化球が良い技巧派右腕! 花巻東高校ではドラ1候補の大谷が注目されている佐々木も能力が高いピッチャーで既にプロのスカウトから注目はされているが、大学で4年間鍛えればドラフト候補になるでしょうC
久保田佳4年
175cm68kg 左左
 足は速くないが、バッティングセンスがピカイチ。広角に上手く打つ。小柄ながら桐光学園時代は通算28本塁打は逸材。これからが楽しみな選手だ。B
住吉志允4年
169cm72kg 右右
 140km/h台中盤を投げる小柄な速球派サイドスロー、130km/h台前半の高速スライダー、スプリット 横浜創学館高校出身、当時から140km/h近いストレートを投げていた、3年夏の5回戦横浜桜B
高田脩平4年
180cm73kg 右右
 3年生で4番となりホームランを量産、通算37本塁打まで伸ばしている。 大型二塁手として高い評価を受けている。B
瀧瀬諒太4年
188cm78kg 右右
 188cmの大型右腕投手、ストレートは130km後半だが低めにコントロールされている。  早い回に打ち込まれる場面もありまだまだ実戦不足の面もあるが、将来性は十分!C

 

 

神宮球場(第3試合)

上武大学
小川章太2年
182cm72kg 右右
 力強い腕の振りから勢いがある球を投げる力があるピッチャー 145km/hを記録し北海道日本ハムスカウトが視察B
高品健吾2年
193cm80kg 右右
 長身から角度と勢いがある球を投げる力があるピッチャーB
武田悠也2年
180cm81kg 左左
 中学時代は釧路No.1ピッチャーと評されたパワフルで力があるピッチャーB
竹村翔2年
187cm86kg 右右
 長打力が魅力の中堅手! 脚力や肩の強さもあり! B
鳥巣誉議2年
174cm65kg 右左
 走攻守三拍子揃った遊撃手! 軸がしっかりしていて広角に長打を打てる打撃が魅力!B
溝呂木昻也2年
179cm80kg 右右
 成長力のある捕手で肩、送球速度良し。打撃は粘り強く長打あり楽しみな選手B
鈴木稜也3年
186cm78kg 右右
 手足が長く横の角度がある球が魅力のサイドスロー! 威力があるストレートとキレが良いスライダーが武器!B
艫居春紀3年
172cm68kg 右右
 172cmと小柄だが142kmを記録するストレートと鋭いスライダーを投げるB
長沢壮徒3年
184cm84kg 右右
 長打を打てる大型遊撃手。チャンスの場面で力強さを発揮する。B
橋本悠志3年
180cm73kg 右両
 球に勢いがあり重いストレートを投げる力がある投手です。B
山下仁3年
180cm80kg 右右
 140km/h台前半の癖のあるストレートとスライダー、カーブ、チェンジアップ、フォークを制球力高く投げ分けるB
和久田友輝3年
177cm68kg 右左
 キレが良く急速表示より速く感じるストレートが武器の安定感があるピッチャーB
中山龍樹3年
177cm78kg 右右
 京都フレンド(洛南中)・比叡山高校・上武大C
安達大貴4年
182cm85kg 右右
 181cmの長身から146kmのストレートを投げる本格派投手で2年生の時に活躍をみせたB
大川良介4年
182cm85kg 右右
 182cm85kgの大型右腕投手だが、1年、2年とも初戦敗退、制球が課題だったB
中稔真4年
183cm82kg 右左
 上武大学入学早々に4番打者を任されたこともある長距離砲 恵まれた体格から力強いスイングで長打力のある打撃を見せるB
九州産業大学
井手亮太郎2年
184cm75kg 右右
 高校時代は長身アンダースローで130km/h後半を投げる投手。プロ8球団が注目、大学ではサイドスローとなると1年春に球速14A
高良一輝3年
174cm70kg 右右
 3年春に9試合58回1/3を投げて自責点はわずかに2点で防御率は0.31、奪三振も65A
森川祐至3年
185cm80kg 右左
 140kmのストレートは低めに伸び、大きなスライダーでも空振りを奪える。質の高いストレートに注目A
温水賀一3年
177cm73kg 右右
 バネがある体から力強い腕の振りで投げるストレートの威力が素晴らしいピッチャー。 横の角度がある球筋で三振が奪えるB
池田幸樹4年
187cm80kg 右右
 身体能力が高く走攻守三拍子揃っている外野手B
長池城磨4年
168cm70kg 右左
 柔らかいスイングから広角に鋭い打球を放つ俊足強打の外野手C

 

 

神宮球場(第4試合)

専修大学
大橋将1年
182cm75kg 右右
 強肩強打で能力が高い捕手!B
秦匠太朗1年
184cm95kg 右右
 パワーがありスイングスピードが速く打球のノビが良く長打力が魅力のスラッガー 100kg以上あった体重を筋力トレーニングで絞り、速球にも力強いスイングで負けなくなった。  2年秋の東京大会でB
山田克志1年
176cm74kg 右左
 シャープなスイングから勝負強い打撃をする外野手 3年夏は5番レフトとして活躍、山梨大会ではチームトップの8打点をあげ甲子園出場を果たしたC
高橋礼2年
186cm77kg 右右
 186cm の長身から下手投げで投じる 平均135km/h前後 の浮き上がるストレートで打者を差し込ませる大型サブマリン 専大松戸高校時代に出場した3年春の関東大会では栃木1位の佐野日大高校からB
堀田竜也2年
178cm73kg 右右
 オーバースローの本格派右腕。ストレート主体で変化球でもカウントが取れる。打たせて粘り強い投球が持ち味。B
伊與田一起3年
165cm68kg 右左
 リードオフマンとして俊足を見せるほか、3番打者として外野の頭を超える強い打球も持ち味。  サードとしてプレーしていたが、セカンドでも守備に定評がある。 明徳義塾高校では2年生の夏に1番サードでB
森山恵佑3年
186cm82kg 左左
 星稜のエースで4番。体格に恵まれた素材型。 投手としては140kmを超えるストレートもあるが、やや安定感を欠く。 打撃では豪快なスイングで、金沢の釜田から本塁打も。 パワーヒッタータイプ。B
重野雄一郎4年
182cm82kg 右右
 大学4年の春に1部に昇格すると、1番バッターとして打率.351を記録して出塁し、クリーンナップにチャンスを作った。182cmの大型外野手だが、足もある。B
高崎健太4年
165cm71kg 右左
 小柄ながら鋭いスイングでパワフルな打球を飛ばす 1部復帰となった13年春 vs國學院大学2回戦に3番レフトで出場するとライトへ豪快なツーランホームランを放ち勝利に貢献した。B
谷本憲哉4年
176cm72kg 右右
 済美高校出身で3年夏は初戦を6安打8奪三振で完封すると、3回戦の帝京五との試合では奪った三振は1つで9安打を打たれたものの2失点に抑えた。準々決勝の宇和島東戦では9回までをなげて12安打4失点、4-4B
時本亮4年
175cm82kg 右左
 2010年のセンバツではライトスタンドに2ランホームランを放つなど、チャンスに強いバッティングを見せる。  またリードでも阿知羅投手や葛西投手などをリードし、明治神宮大会優勝、センバツベスト4に勝ちB
森沢翼4年
177cm76kg 右左
 1年生からライトを守り、強肩は甲子園でも見せつけた。  打撃は長打というよりはアベレージを残す巧打者。足もありリードオフマン候補だろう。B
渡辺和哉4年
176cm82kg 右右
 文星芸大附時代の3年春の大会で3本塁打を放ち注目された捕手で決勝戦で盗塁を3度刺し肩の強さも見せた。 専修大学に入学するもすぐに右肩の手術を受け、練習開始は11月からとなった。2年春には国学大戦B
大野亨輔4年
172cm71kg 右左
 星稜高校出身。140km/hの速球と110km/h台のカーブで打者のタイミングを外すピッチングを見せるほか、ストレートはキレがあり空振りを奪う事もできる。C
濵田竜之祐4年
186cm90kg 右左
 鹿児島実出身の大型スラッガー、フルスイングの強い打撃で、4番として専修大の26年ぶり優勝に貢献した。C
早稲田大学
小島和哉1年
174cm71kg 左左
 腕の振りが良く球にキレと威力があるサウスポー 球速は130km中盤でも伸び上がるようなキレのある、回転の良いストレートを投げる。A
大竹耕太郎2年
182cm73kg 左左
 球のキレが良い投手! 体にバネがありしなやかな腕の振りからキレがある球を投げるプロ注目の好投手。A
柳沢一輝2年
179cm82kg 右右
 正捕手としてマスクをかぶるも3年春の大会ではリリーフとして登板すると150km/hを記録した。  投手としての総合力はまだまだだが、素質は十分の投手。A
北浜竣介2年
177cm72kg 右右
 力強い腕の振りから威力があるストレートを投げるB
八木健太郎2年
175cm71kg 右右
 神奈川県相模原市生まれ、大沢小1年から軟式プレーし、大沢中学ではヤクルト・村中や巨人・市川を輩出した相模原南シニアで硬式でプレー。  中学3年でシニアの日本代表メンバーに選ばれて全米選手権に出場。9B
佐藤晋甫2年
174cm85kg 右右
 瀬戸内高校出身の内野手、どっしりした打席から痛烈な打球を放ち、1年秋の新人戦で5番ファーストで出場し、4打数3安打2打点の活躍を見せる。C
吉見健太郎2年
175cm74kg 右右
 千葉市シニアでは内野手としてシニア日本代表に選ばれ、早稲田実業では3年春に7番センターで出場した。大学では強肩を評価されて捕手に転向すると、1年秋の新人戦でタイブレーク試合を決めるヒットを放った。C
竹内諒3年
180cm81kg 左左
 ストレートは148kmを記録も140km前後のストレートと、カーブ、スライダー、でタイミングを外すピッチングが持ち味。春に無四球完投勝利を挙げ、下半身が安定し制球力が増した。  本人はプロ志望。A
石井一成3年
177cm70kg 右左
 2年の夏1番で甲子園出場 夏4強の原動力 新チーム後はショートに転向し主将にも 関東大会準優勝 夏にプロ入りした横浜の北方からタイムリーツーベースを放っている 走攻守そろっていて広角B
黄本創星3年
182cm88kg 右右
 中学時代から注目されていた大型右腕。 高校では怪我で伸び悩みの感はあるが素材は一級品。B
中澤彰太3年
177cm76kg 右左
 走っては50m5.9秒の俊足に投げても140kmを記録する強肩の外野手。B
木田大貴3年
178cm70kg 右右
 運動センス抜群で走攻守三拍子揃っている能力が高い内野手C
真鍋健太3年
171cm71kg 右右
 高校時代から注目されているC
吉野和也3年
187cm78kg 右右
 七色の変化球を持つ気体のアンダースロー右腕C
茂木栄五郎4年
171cm75kg 右左
 171cmと小柄だが、バットを思い切り振りぬき豪快なスイングを見せる。痛烈な打球で野手の間を抜けていくと、50m6.0秒の足で3塁まで駆け抜ける打って走れる打者。  高校、大学と1年生でレギュラA
丸子達也4年
186cm87kg 左左
 広島県出身で仁方中学校ではヤングリーグ・呉ファイターズで活躍し、投げても138kmをマークするなど注目を集めていた大型選手。  広陵高校に入学すると春からチームの4番に抜擢され、2009年の夏のB
道端俊輔4年
175cm80kg 右右
 甲子園に5度出場した甲子園の申し子。遠投110mの強肩はセカンドまでのスローイングが1.9秒台をマークする。多彩な投手陣をリードし甲子園で6勝を挙げた経験もある。  打撃では2年次は島袋洋奨、中B
吉永健太朗4年
182cm75kg 右右
 2010年11月14日  身体はバランスが良く軸がしっかりとしてぶれない強さがある。テイクバックで力むと少し引っかかるような感じも受けるが、ヒジはきっちりと上まで上がり、腕のしなりを使ってボールに回B
河原右京4年
171cm73kg 右左
 力強いスイングから鋭い打球を放ち長打も打てる強打者!C
重信慎之介4年
173cm69kg 右左
 俊足でシャープなスイングでバットコントロールが良くセンス抜群の選手! 早稲田実業高校時代は1年秋からレギュラーで2年夏に1番サードで甲子園出場し3試合で打率.750と活躍した。C
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント