決戦!早稲田大・吉永健太朗vs亜細亜大・東浜巨、早稲田大優勝!

 全日本大学野球選手権決勝の早稲田大vs亜細亜大は早稲田・吉永健太朗(1年生)と亜細亜・東浜巨投手(4年生)の、甲子園優勝投手同士の先発となった。

 早稲田大は東浜巨投手の立ち上がりを攻め、1年生で6番を打つ茂木栄五郎の2点タイムリーヒットなどで3点を挙げた。東浜投手は2回もピンチを迎えるがそれを抑えると、144kmを記録したが大体130km中盤のストレートを低めに集め、外角のスライダーを軸に落ち着いた投球を見せた。

 一方、1年生の吉永健太朗投手は序盤こそ制球を乱し四球を出したものの、そのあとは140km前後のストレートを低めに集め決め球のシンカーで三振を奪っていく。

 早稲田大は6回に4番杉山翔大がレフトスタンドにホームランを放ち、点差を4点と広げた。

 吉永投手が7回にランナー2人を許したものの、セカンド・中村奨吾のファインプレーでゲッツーに斬って取り無失点で抑えた。8回からは横山貴明投手が登板し抑えた。吉永投手は7回を4安打8奪三振3四死球で無失点と好投した。

 一方、東浜投手も7回まで投げて降板すると、8回は同じ沖縄・八重山高校出身の1年生・花城直投手が登板、四球でピンチを広げると、山崎康晃投手が登板し145kmのストレートで抑えた。

 9回表、早稲田は有原航平が登板、152kmを記録したストレートで4番・中村のヒットを打たれたものの1三振を奪い、早稲田大が優勝した。

 早稲田大は吉永健太朗、横山貴明、有原航平の完封リレー、吉永投手は1年生で優勝に貢献し斎藤佑樹投手に並んだ。

一方亜大は東浜巨投手の出来が誤算だった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント

  1. 東浜投手ゎ優勝できなくても不動の評価ですょね。

    秋までに150キロのストレートを投げられるまで体調を回復してもらいたいものです。

    来年の新人王ゎ東浜投手で早くても決まってると思っています。

    吉永投手ゎあっぱれ♪です。