慶応大, 郡司裕也

慶応大が勝利すれば優勝が決まる早慶戦1回戦で、中日からドラフト4位指名を受けた郡司裕也選手が4番として、2打席連続弾など4安打の活躍を見せ、チームの優勝に貢献した。

大阪桐蔭, 伊東光亮

巨人は、来年のドラフト候補として、大阪桐蔭の遊撃手・伊東光亮選手を評価した。

石川昂弥

中日にドラフト1位指名された東邦高の石川昂弥選手が入団交渉に臨み、契約金1億円、出来高5000万円で仮契約を交わした。目標は「三冠王と取ること」と話し、まずは来年、高橋周平選手などからレギュラーを奪うためのチャレンジをする。

森敬斗

横浜DeNAは、ドラフト1位で指名した森敬斗選手に、背番号6を与える事が有力となった。

東海大相模, 遠藤成

阪神は、ドラフト4位で指名した東海大相模の遠藤成選手に、畑山統括スカウト、永吉編成ディレクター、吉野スカウトから指名あいさつを受けた。

常総学院, 菊田拡和

巨人は、ドラフト3位で指名した常総学院・菊田拡和選手に担当の内田スカウトなどが指名あいさつをした。巨人は絶対に欲しい選手として3位で指名、「長打力は高校生離れしている」と評価している。

東海大, 海野隆司, 山崎伊織

関東地区大学野球選手権では東海大が上武大に勝利し明治神宮大会出場を決めた。福岡ソフトバンクドラフト2位の海野隆司捕手が5回にけん制でランナーを刺し、ピンチを摘み取った。

創価大, 小孫竜二, 杉山晃基, 望月大希

創価大は、東京ヤクルトにドラフト3位で指名された154キロエースの杉山晃基投手が先発したが、白鴎大打線に打ち込まれ4安打2四死球5失点で1アウトも取れずに降板した。

白鴎大, 大下誠一郎

関東地区大学野球選手権は、白鴎大が10-9という壮絶な試合で創価大を下した。オリックスが育成ドラフト6位で指名した大下誠一郎選手が、東京ヤクルト3位の杉山晃基投手、日本ハムドラフト5位の望月大希投手からヒットを打った。

三菱日立パワーシステムズ, 浜屋将太

社会人野球日本選手権では埼玉西武がドラフト2位で指名した三菱日立パワーシステムズの浜屋将太投手が、日本新薬を7回1安打7奪三振無失点に抑える好投を見せた。視察した渡辺GMも絶賛した。

スポンサーリンク
PAGE TOP