2024年大学野球選手権大会ドラフト候補番付

2024年ドラフトニュース ドラフト番付 高校野球ドラフトニュース

2024年の大学野球選手権に出場したドラフト候補選手の番付を発表します。

スポンサーリンク

2024年大学野球選手権ドラフト番付

※まずは投手から発表します。野手は後日、掲載します。

投手 野手
  横綱   
渡辺一生仙台大3年大関   
佐藤幻瑛仙台大2年大関   
鈴木泰成青山学院大2年大関   
清水一眞中央学院大関脇   
高木快大中京大3年関脇   
沢田涼太中京大3年小結   
藤井優矢東日本国際大前頭1   
星野世那大阪商業大2年前頭2   
中西聖輝青山学院大3年前頭3   
合木凛太郎佛教大3年前頭4   
木口永翔上武大2年前頭5   
広池康志郎東海大九州前頭6   
赤木晴哉佛教大3年前頭7   
鈴木豪太大阪商業大3年前頭8   
荒木誠也九州産業大前頭9   
鹿田泰生早稲田大前頭10   
下堂翔史日本文理大前頭11   
伊藤樹早稲田大3年前頭12   
栄龍騰帝京大前頭13   
水崎康平九州産業大3年前頭14   
朝吹拓海福岡大2年前頭15   
大嶋柊九州産業大3年十両   
ヴァデルナ
フェルガス
青山学院大3年十両   
宮城誇南早稲田大2年十両   
安田虎汰郎早稲田大1年十両   
加藤響八戸学院大十両   

投手の評価

大関3人のうち、仙台大が2人となった。渡邉投手はストレートの伸びが抜群、佐藤投手は短いイニングだが球威は抜群だった。青山学院大の鈴木投手も2年生だが完成度が高く、短いイニングで高い出力とコントロールができており、さすが東都の選手という投球だった。

関脇は中央学院大の清水投手。フォームのバランスもよくストレートも140キロ中盤を記録して角度ある球が伸びる。変化球もコントロールできていた。高木投手は体を倒しながらきれいに腕を振る投手で、ストレートと変化球の回転の良い投手でしっかりと結果を残した。小結の沢田投手も中京大で、短いイニングでの登板だったが、145キロ前後のストレートを投げ左腕では素晴らしい。変化球を磨きたい。

それ以降では東日本国際大の藤井投手はシンプルながら勢いのあるフォームから140キロ後半を投げ、シュートする球とカットで打者を動かせる。大商大の星野投手はリリースが打者に近く、ストレートの伸びがある。常時140キロ中盤になってくれば高く評価されそうだ。青山学院大の中西投手、仏教大の合木投手も球の角度がある。

東海大九州の広池投手はダイナミックなフォームでやや荒れ気味でもあったが、大きく乱れるということはなく、150キロのストレートに威力があった。早稲田大の鹿田投手は大型右腕でまだ粗削りだが、力のあるストレートと決勝で先発した度胸もありそう。日本文理大の下堂投手もリリーフで登板し力があった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント