高校通算24発の神村学園伊賀・寺井広大選手に9球団が注目

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

夏の高校野球三重大会の組み合わせが決定した。神村学園伊賀のスラッガー・寺井広大選手には9球団のスカウトが注目している。

スポンサーリンク

今年8発

寺井広大選手は184cm95kgの体がある左のスラッガーで、昨夏も豪快な長打を放ちドラフト候補として注目されている。

入学時は体重が80kgで一時期はハードな練習のために75kgまで落ちたことがあった。しかし冬に食事トレーニングで90kgまで体重を増やすと、2年までに16本塁打を放つスラッガーになった。そして今春までにさらに5kg増やして95kgとすると、春からすでに8本塁打を放って高校通算24本としている。谷口監督は「もともと当てるのはうまい選手。体が大きくなってパワーはついたが、サイズがあるわりに器用な面もある」と話す。

9球団のスカウトが視察に訪れるなどプロ注目選手となっている。しかし寺井選手は「今のままでは1ミリもプロに行けると思っていない」と話し、「チームのために必要な時はバットを短く持つし、プレーだけじゃない。攻守交代の移動だったり、一つ一つの行動を大切にしたい」と話し、「伊賀、名張地区から甲子園に出たチームはまだないので、最初を狙っている。打って、打って、打ちたい」とチームを甲子園に導くことでプロ入りのアピールとすることを誓った。

甲子園でアーチを、寺井選手の夏の挑戦が始まる。

2024年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2024年度-高校生-三重県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
神村学園伊賀、強力打線で創部5年目の頂点目指す プロ注目・寺井広大「打って、打って、打ちたい」【高校野球三重大会】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
第106回全国高校野球選手権(8月7日から17日間、甲子園)の代表校を決める三重大会の組み合わせ抽選会が18日、津市内であった。今夏は...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント