金沢・釜田佳直投手vs聖光学院・歳内宏明は釜田に軍配!

歳内宏明, 聖光学院, 釜田佳直, 金沢高

プロ注目、ドラフト上位候補同士の投げ合いは、予想通りハイレベルな投手戦となった。

歳内投手は4回までに6者連続を含む7奪三振、フォークボールを見せ球に最後はストレートをコントロール良く決めて見逃し三振を奪うパターン、決め球に得意のスプリットを投げた初戦とは違う。一方、釜田投手も146kmなど140km中盤も何球か記録するも、140km前半のストレートにスライダーを丁寧に投げ、3回まで3奪三振、無失点に抑えた。

最初に点を許したのは釜田投手、ショートのエラーでランナーを出し、次の打者は三振を奪うもキャッチャーが止められずに振り逃げ、そして再びショートのエラーで満塁となると、レフト前にタイムリーを浴びた。しかしここで釜田投手にエンジンがかかる。スクイズを狙ってきた打者に対して148km、149kmのストレートで阻止すると、次のバッターをスライダーで討ち取り、1死満塁のピンチを1失点で脱した。

すると6回、今度は歳内投手が失点する。先頭打者をショートのエラーで出塁させると、ヒット2本を浴びて2点を失った。

釜田投手は勢いに乗り、6回裏に150kmをマーク、148、149kmのストレートで力でねじ伏せる。逆に歳内投手は7回には144kmをマークし、フォークで3者連続三振を奪うものの8回にはストレートは135km前後となり、フォークを狙われて2失点、勝負あった。

釜田投手は8安打10奪三振3四死球で2失点、自責点1、歳内投手は6安打14奪三振2四死球で4失点、自責点1。数字の上では互角といったところだろうか。試合後、歳内投手は「投球に悔いはないが、チームが負けたことに悔いが残る。調子は良くはなかったけど、抑えないといけない」と2年間守り通したエースの責任を、最後に表した。一方、釜田投手は「完封したかったが、チームの勝利が一番です。本当に良いライバルです」とこちらもチームの事を考え、そして歳内投手を讃えるコメントを残した。

素晴らしい投手戦、2回戦でこの対決はもったいないと多くの人が思っただろう。でも心配無い。この対戦はいつかプロで実現するだろう。これからの長いライバル対決を予感させる、熱い投手戦だった。

  •  - 

  • PAGE TOP