高校野球センバツ大会4日目の注目選手など

2013年ドラフトニュース

 高校野球センバツ大会、4日目は昨秋の明治神宮大会優勝の仙台育英が登場する。上林誠知選手はドラフト上位候補の外野手で注目したい。また高知高校の和田恋選手も阪神がリストアップするなど高校通算31本塁打のスラッガー。ホームランの競演が見られるか。


4日目

4日目第1試合

仙台育英(宮城)創成館(長崎)
上林誠知
3年 外野手
180cm
70kg
右左
明治神宮大会で満塁弾、130m超える飛距離にプロ注目A大野拓麻
3年 投手
177cm
69kg
右右
キレの良い144km/hの速球は大会屈指の投手B

 4日目第2試合

龍谷大平安(京都)早稲田実(東京)
有田浩之
3年 外野手
179cm
71kg
右左
昨夏の甲子園で東海大相模・神原投手から2安打B利光健作
2年 捕手
183cm
81kg
右左
強肩、強打、来年注目の大型捕手B

4日目第3試合

関西(岡山)高知(高知)
和田恋
3年投手
内野手
177cm
77kg
右右
高校通算31本塁打、神宮大会では3ベース&2ベース×2A
酒井祐弥
2年 投手
177cm
72kg
右右
既に140km/h記録の本格派投手B
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント

  1. 仙台育英は89年夏と01年春の巳年にともに準優勝
    今年も巳年
    ということは・・・